日本は賃金を上げるために減税から羞恥心まであらゆることを試す

企業に賃上げを繰り返し呼びかけ、その成果は限定的だったが、日本政府は、雇用主を陥れるためにさらなるインセンティブで追撃している。

日本は賃金を上げるために減税から羞恥心まであらゆることを試す
大阪で道路を横断する歩行者。日本経済は12月までの3ヶ月間、予想よりも遅いペースで回復した。Photographer: Soichiro Koriyama/Bloomberg

(ブルームバーグ) -- 企業に賃上げを繰り返し呼びかけ、その成果は限定的だったが、日本政府は、雇用主を陥れるためにさらなるインセンティブで追撃している。

岸田文雄首相は2021年の就任以来、企業の利益をより公平に分配し、より多くの人々が経済的に安心し、自由に消費できるようにしたいと述べている。日銀も、需要主導の安定したインフレという目標を達成するためには賃上げが重要だと述べている。

任天堂やユニクロを経営するファーストリテイリングなどの企業が大幅な賃上げを発表しているが、こうした動きは日銀が必要とする自律的な賃金・物価サイクルを引き起こすほどには広まってはいない。OECDによれば、日本の平均年間賃金は4万ドル未満で、イタリアより低く、アメリカの半分強に過ぎない。

この40年間で最も高いインフレを引き起こした食品と燃料の価格上昇は、この探求に緊急性を与えている。今月の読売新聞の調査では、回答者の9割以上が物価の上昇は家計の負担になっていると答え、そのうち6割は「深刻」だと表現している。

岸田氏は電気料金の補助を延長し、電力会社に料金値上げを延期するよう求め、家計に苦しむ人々を支援する予定だ。しかし、多くの労働者にとっての問題は、4月に新年度が始まったときに、実質的な暮らしが良くなっているかどうかである。

以下は、日本が民間企業で大幅な賃上げを引き出すために行っている方法の一部である。

  1. 経済産業省は、コスト上昇に伴う価格交渉の意欲について、中小の下請け企業が大企業を評価することを認める名指しキャンペーンを開始した。大企業に圧迫されていると不満を持つ下請け企業が提供する商品やサービスの価格をより公正にすることで、自社の従業員の賃金を引き上げることができるというのがその理由である。
  2. 賃上げを促す法人税減税の効果が薄いと判断されたため、政府は昨年4月に優遇措置を拡大した。2024年3月31日まで有効で、大企業が給与総額を4%以上引き上げ、さらに教育訓練費を追加した場合、その30%を税額控除できるようにした。中小企業は、給与総額を2.5%以上増やし、教育訓練費を増やせば、従来の25%から40%の税額控除が受けられる。日本人の多くは中小企業に勤めており、賃金は数十年にわたり低迷している。
  3. 日本の企業のほぼ3分の2は、赤字企業として法人税を払っていないため、上記の控除を受けることができない。しかし、赤字でも給料を上げる中小企業には、特別の補助金が出るようになった。
  4. 政府は、「リスキリング」と呼ばれる、従業員に新しいスキルを身につけさせ、より高収入の仕事に転職できるようにするために1兆円(73億ドル)の予算を確保した。会社員にとって、日本では長い間、一つの雇用主に一生勤め上げることが伝統となっており、その結果、スキルが時代遅れになる可能性がある。
  5. 岸田氏は、経団連のような大企業のロビイング・グループを通じて、企業への圧力をかけ続けている。岸田氏は今週、国会で、より多くの企業に賃上げを促すため、企業や労働団体との三者面談を復活させる予定であると述べた。日銀もまた、大企業に賃上げを促すよう求めてきた。労働組合の連合は、1月のインフレ率4.2%より高い5%の賃上げを目標としている。エコノミストは、1月に発表された日本経済研究センターESPフォーキャスト調査で、大企業の平均賃上げ率を2.85%と予測している。
  6. 4月に日銀総裁に指名された学者、植田和男氏は、中央銀行は当分の間、緩和政策を維持すべきであると述べている。彼は最近、日銀が特に賃上げを目標とすることは適切でないと議員に語ったが、彼は「企業が賃上げできる環境」を提供すべきであると述べている。

Japan Tries Everything From Tax Breaks to Shaming to Raise Pay.

By Isabel Reynolds.

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Read more

米国のEV革命は失速?[英エコノミスト]

米国のEV革命は失速?[英エコノミスト]

米国人は自動車が大好きだ。バッテリーで走らない限りは。ピュー・リサーチ・センターが7月に発表した世論調査によると、電気自動車(EV)の購入を検討する米国人は5分の2以下だった。充電網が絶えず拡大し、選べるEVの車種がますます増えているにもかかわらず、このシェアは前年をわずかに下回っている。 この言葉は、相対的な無策に裏打ちされている。2023年第3四半期には、バッテリー電気自動車(BEV)は全自動車販売台数の8%を占めていた。今年これまでに米国で販売されたEV(ハイブリッド車を除く)は100万台に満たず、自動車大国でない欧州の半分強である(図表参照)。中国のドライバーはその4倍近くを購入している。

By エコノミスト(英国)
労働者の黄金時代:雇用はどう変化しているか[英エコノミスト]

労働者の黄金時代:雇用はどう変化しているか[英エコノミスト]

2010年代半ばは労働者にとって最悪の時代だったという点では、ほぼ誰もが同意している。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの人類学者であるデイヴィッド・グレーバーは、「ブルシット・ジョブ(どうでもいい仕事)」という言葉を作り、無目的な仕事が蔓延していると主張した。2007年から2009年にかけての世界金融危機からの回復には時間がかかり、豊かな国々で構成されるOECDクラブでは、労働人口の約7%が完全に仕事を失っていた。賃金の伸びは弱く、所得格差はとどまるところを知らない。 状況はどう変わったか。富裕国の世界では今、労働者は黄金時代を迎えている。社会が高齢化するにつれて、労働はより希少になり、より良い報酬が得られるようになっている。政府は大きな支出を行い、経済を活性化させ、賃上げ要求を後押ししている。一方、人工知能(AI)は労働者、特に熟練度の低い労働者の生産性を向上させており、これも賃金上昇につながる可能性がある。例えば、労働力が不足しているところでは、先端技術の利用は賃金を上昇させる可能性が高い。その結果、労働市場の仕組みが一変する。 その理由を理解するために、暗

By エコノミスト(英国)
中国は地球を救うのか、それとも破壊するのか?[英エコノミスト]

中国は地球を救うのか、それとも破壊するのか?[英エコノミスト]

脳腫瘍で余命いくばくもないトゥー・チャンワンは、最後の言葉を残した。その中国の気象学者は、気候が温暖化していることに気づいていた。1961年、彼は共産党の機関紙『人民日報』で、人類の生命を維持するための条件が変化する可能性があると警告した。 しかし彼は、温暖化は太陽活動のサイクルの一部であり、いつかは逆転するだろうと考えていた。トゥーは、化石燃料の燃焼が大気中に炭素を排出し、気候変動を引き起こしているとは考えなかった。彼の論文の数ページ前の『人民日報』のその号には、ニヤリと笑う炭鉱労働者の写真が掲載されていた。中国は欧米に経済的に追いつくため、工業化を急いでいた。 今日、中国は工業大国であり、世界の製造業の4分の1以上を擁する。しかし、その進歩の代償として排出量が増加している。過去30年間、中国はどの国よりも多くの二酸化炭素を大気中に排出してきた(図表1参照)。調査会社のロディウム・グループによれば、中国は毎年世界の温室効果ガスの4分の1以上を排出している。これは、2位の米国の約2倍である(ただし、一人当たりで見ると米国の方がまだひどい)。

By エコノミスト(英国)