ウクライナ戦争の終着点は今後数ヶ月間に懸かっている
2022年5月23日(月)、スイスのダボスで開催された世界経済フォーラム(WEF)の初日、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領がビデオリンクを通じて特別講演を行った後、ステージ上で講演するクラウス・シュワブ氏。

ウクライナ戦争の終着点は今後数ヶ月間に懸かっている

エコノミスト(英国)

ウクライナの首脳陣が、前例のない一連のブリーフィングで、今後数カ月に及ぶ重要な時期について英エコノミスト誌に語った。

ロシアは新たな攻勢に向けて人員と武器を増強している。早ければ1月、より可能性が高いのは春で、東部のドンバスから、南部から、あるいは北部の傀儡国家ベラルーシから大規模な攻撃を開始する可能性がある。ロシア軍はウクライナ軍を追い返し、首都キエフを奪還するための再挑戦を行う可能性もある。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン