「もはや確実な賭けではない」 連日テック界から溢れる悪いニュース
2021年12月14日(火)、米カリフォルニア州サンフランシスコで行われたBloomberg Technologyテレビのインタビューで話す、Uber Technologies Inc.のCEO、Dara Khosrowshahi(ダラ・コスロシャヒ)。

「もはや確実な賭けではない」 連日テック界から溢れる悪いニュース

テスラ、ネットフリックス、メタは、センチメントの変化によりコスト削減を目指している。インフレ、戦争、パンデミックなど数々の要因業界を圧迫している。

ブルームバーグ

シアトルからシリコンバレー、オースティンに至るまで、ハイテク業界では厳しい現実が目の前に迫っている。

数十年にわたる急速な売上拡大、雇用の増加、株価の上昇といった輝かしい時代が終わりを告げ、代わりに現れたのが、人員削減や雇用の減速、成長予測の縮小、拡張計画の棚上げといった期待薄の時代である。この不況は、従業員の士気を低下させ、業界の人材獲得能力に影響を与え、米国の経済成長とイノベーションに広範な影響を及ぼしている。

長引く景気後退、欧州での深刻な戦争、金利とインフレの上昇、3年目に突入した世界的な大流行などを背景に、新しいビジネス環境の厳しさが日々浮き彫りになっている。この2週間で、大企業が続々と参入してきた。ソーシャルメディアアプリのSnap Inc.は5月23日、売上と利益の見通しを下方修正し、雇用を減速させると発表した。その翌日、Lyft Inc.は、従業員の数を減らし、他のコスト削減を検討すると発表した。その数日後、マイクロソフトはいくつかの主要部門で雇用にブレーキをかけ、インスタカートは新規株式公開を前にコストを削減するために雇用計画を縮小すると発表した。

昨日は、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、電気自動車メーカーが給与所得者を10%削減し、世界中で採用を一時停止する必要があると従業員に伝えた。暗号通貨取引所のコインベース・グローバルも、市場環境を理由に採用凍結を延長し、受け入れた求人票の多くを取り消すと発表した。

2020年3月9日(月)、米国ワシントンD.C.で開催されたSatellite 2020 Conferenceで、SpaceXの創業者でTesla IncのCEOであるイーロン・マスク氏がディスカッション中に発言している。
2020年3月9日(月)、米国ワシントンD.C.で開催されたSatellite 2020 Conferenceで、SpaceXの創業者でTesla IncのCEOであるイーロン・マスク氏がディスカッション中に発言している。

同じような暗い予言は、すでに数週間前から垂れ流されていた。Amazon.com Inc.は従業員が多すぎるし、倉庫のスペースも広すぎるし、インフレコストの急上昇で経営が苦しい。Facebookの親会社であるMeta Platforms Inc.は採用を緩和して経費を削減し、Twitter Inc.はマスクによる買収を前に採用を凍結して一部の求人を取りやめた。Appleは4月に、中国でのCovid-19のロックダウンに関連した規制により、今四半期の売上が80億ドルも削られると警告した。

謙虚な企業の野望は、かつては労働者と投資家を経済全体の不安定さから保護し、不死身に見えた業界の雰囲気が変わったことを意味する。

D.A.デビッドソンのテクノロジー業界アナリストであるトム・フォルテは、テクノロジー業界の巨大企業について、「彼らはもはや確実な賭けではない」と語った。

ナスダック総合指数は、史上最高値を記録した11月19日以来、その4分の1を失っている。これは、過去2週間の5.8%の反発を考慮に入れてもだ。

シリコンバレーでは、雇用削減の危機が叫ばれている。従業員が雇用主について匿名で話すことができるアプリ「Blind」では、4月19日から5月19日にかけて、雇用凍結に関する議論が1年前と比べて13倍も増えた。レイオフに関する議論は5倍になり、不況に関する話は50倍になった。Metaが一斉解雇の準備を進めているという根拠のない憶測が5月にソーシャルメディアを駆け巡り、LinkedInでトレンドになり始めたハッシュタグ#metalayoffが誕生したのである。このハッシュタグを利用して、数十社のリクルーターや雇用主が代替の求人情報を提供し始めた。Metaの広報担当者によると、同社は現在、人員削減の計画はない。

それでも、かつては米国経済の成長エンジンであったものが、このところ勢いを失っている。Layoffs.fyiによると、パンデミック開始以来、12万6,000人以上の技術者が職を失っているという。Netflixは先月、予想外の加入者数減少を報告した後、約150人を解雇すると発表した。このストリーミング大手企業の株価は、11月中旬以降71%急落している。Metaでは、経営陣が全社的に多くの中堅・上級職の採用を減速しており、4月には経験の浅いエンジニアの増員を控えた。

一方、Twitterの従業員は、新オーナーであるマスクの到着を待つ間、レイオフの可能性に備えている。マスクは銀行家への売り込みにコスト削減を盛り込んだ。CEOのパラグ・アグラワルは5月初旬、Twitterの7,500人以上の従業員に、ソーシャルネットワークはまず出張費、マーケティング費、イベント費を削減すると説明するメモを送り、リーダーには「予算内で最も重要なことを優先してしっかり管理する」ようにと伝えた。

同様にUberのダラ・コスロシャヒは、社員へのメモで「雇用を特権として扱い、いつ、どこで人員を増やすかについて慎重になる」と述べた。この感情は社内の士気を下げていると、特定を控えたUberの社員は語った。

Meta、Twitter、Uberのような企業は、前回2008年の金融危機の際、まだ比較的初期段階にあったため、ショックは最も大きいだろう。今世紀に入り、ドットコムバブルが崩壊したときは、さらに状況が悪化した。今回の違いは、パンデミックによって、これらのハイテク製品の多くがいかに重要で必要なものかが強化され、Covid-19の閉鎖による最初の経済的打撃からある程度解放されたことだ。

シリコンバレーとその経済を研究する非営利団体Joint Venture Silicon ValleyのCEOであるラッセル・ハンコックは、「誰もが、ハイテクは素晴らしいだけでなく、なくてはならないものであることを発見した」と語った。しかし、ストリーミング・サービスやソーシャル・ネットワーキングのような製品がより実用的になるにつれて、ハイテク産業の輝きや革新性の一部が失われつつあることも懸念していると、ハンコックは付け加えている。

しかし、ストリーミング・サービスやソーシャル・ネットワーキングのような製品がより実用的になるにつれて、ハイテク産業の輝きや革新性が失われていくことも懸念している。「(ハイテクを)家庭に入るガス管や電気のように考えるようになる可能性がある。「これは、シリコンバレーにとっては新しいことだ。デトロイトのような存在で、自動車がその地域の背景や家具になったようなものだ」

事業が不透明な長い季節に備える企業は、雇用やマーケティング以外の投資について厳しい選択を迫られている。2020年、パンデミックによる配送需要の急増に対応するために必要な人材と倉庫スペースに多額の投資を行ったアマゾンは、現在、倉庫と労働者の数が多すぎることに気づいている。

シアトルに本社を置く同社が、必要以上のスペースを持っていると発表したことで、不動産部門の数百人の従業員が怯えたと、事情に詳しい関係者は述べている。これまで複数の建設プロジェクトを掛け持ちしていた社員は突然やることがなくなり、上司から余分な時間を「学習と開発」に集中するようアドバイスされたが、それは心強いものではなかったと、その人物は言う。

メタのCEOであるマーク・ザッカーバーグは2月に、TikTokの競合であるリールやプライベートメッセージング、メタバースなど一部の製品への取り組みを優先していると述べている。ザッカーバーグは4月、「社内のエネルギーの大部分を、そうした優先順位の高い分野にシフトしている」と述べた。同社は2022年に向けて30億ドルの経費削減を発表しているが、これは投資をより慎重に行うようになったことを示す最初のシグナルである。

無敵のオーラは消えつつあるかもしれないが、シリコンバレーはまだ死んでいない。ジョイントベンチャー社によれば、シリコンバレーの失業率は2%で、1999年以来最も低い水準にある。また、カリフォルニア経済継続研究センターのデータによると、ベイエリアの過去1年間の雇用成長率は5.8%で、国や州の平均を上回る勢いである。

CCSCEのディレクター兼シニアエコノミストのスティーブン・レヴィは、雇用の減速は、ハイテク企業の急成長という文脈でとらえる必要があると言う。「ハイテクが生産する商品やサービスを世界はもっと欲しているのか、そしてそれは長期的に成長する分野なのか?」とレヴィは言う。「その答えはイエスだ」。

--Lucas Shaw、Jackie Davalos、Brody Ford、Matt Day、Spencer Soper、Maxwell Adlerの協力を得ています。

Kurt Wagner. ‘No Longer Sure Bets’: Tech Giants Are Dropping Bad News Daily

© 2022 Bloomberg L.P.