世界一強欲な中国の遠洋漁業船団
Licensed under the Unsplash+ License

世界一強欲な中国の遠洋漁業船団

エコノミスト(英国)
“The

セネガルの首都ダカールにあるウアカムビーチで、100隻以上の鮮やかな塗装の丸木舟が大西洋の波の上に吊り下げられているのを、ママドゥ・サールは彼の小屋から指差す。平時なら漁に出ているはずだ。しかし、この日出漁した12隻の船は、ほとんど魚を持って帰ってこなかった。地元の漁業組合を率いるサールさんは、鯛やハタが入ったはずの箱を開けると、ハエばかりが目につく。海辺の市場では、いつもなら魚の内臓を取るテーブルの上で寝ている女性がいる。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン