イーロン・マスクのスーパーアプリ構想の死角
2021年8月13日、ブランデンブルク、グリューンハイデ。プレスイベントでテスラ・ギガファクトリーの鋳造工場に立つテスラCEOのイーロン・マスク。Patrick Pleul/dpa-Zentralbild/ZB (Photo by Patrick Pleul/picture alliance via Getty Images)

イーロン・マスクのスーパーアプリ構想の死角

エコノミスト(英国)

イーロン・マスクは、もう街の広場に飽きたのだろうか? Twitterの買収を完了してから1カ月、彼の象徴的な視線は街全体に注がれているように見える。マスクは、スーパーアプリを作りたいと考えている。「Twitter 2.0」「The everything app」「X」と呼ばれるかどうかはともかく、彼の計画はまだ超漠然としている。11月26日にツイートされた、ほとんど情報を含まない一連のスライドは、彼の計画にほとんど光を当てなかった。今年初め、マスクはこの中国のスーパーアプリを「Twitter、PayPal、その他もろもろ、すべてがひとつにまとまっていて、実際素晴らしいインターフェースを持っている」と表現していたのだ。マスクがその道で障害に直面することは明らかだ。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン