湾岸諸国の石油メジャーがクリーンエネルギーに賭ける理由
2022年10月26日(水)、サウジアラビアのリヤドで開催されたFuture Investment Initiative(FII)会議2日目、サウジアラムコのブース内で稼働するアラムコの炭素・メタン強度推定装置「アーチー・システム」のデモ。Tasneem Alsultan/Bloomberg

湾岸諸国の石油メジャーがクリーンエネルギーに賭ける理由

エコノミスト(英国)
“The

アラブ首長国連邦は豊かな化石の恵みの上にある。国営石油会社であるADNOCは、世界有数の炭化水素生産国である。2ヶ月前、アラブ首長国連邦(UAE)は約14万人の代表者を迎え、世界最大の石油とガスの祭典を開催した。過去数十年で最悪のエネルギー危機を背景に、ペルシャ湾の二酸化炭素排出量がいかに大きな衝撃を回避するのに役立ったかについて、同国がほくそ笑むことを多くの人々が期待したことだろう。そのため、UAEのスルターン・アル・ジャーベル産業・先端技術大臣兼ADNOC CEOの基調講演は、より注目されるものとなった。アル・ジャベール氏は、最も褐色の産業であるこの産業の緑化の重要性を繰り返し強調した。「ADNOCは、今日のエネルギーをよりクリーンなものにすると同時に、明日のクリーンエネルギーに投資しているのです」とは強調した。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン