カタールW杯の炭素中立の主張はミスリードと非難される
3月29日、カタール・ドーハのカリファ国際競技場。Photographer: デビッド・ラモス/ゲッティイメージズ

カタールW杯の炭素中立の主張はミスリードと非難される

新しい分析によると、主催者はイベントの温室効果ガス排出量を過小評価しており、カーボンニュートラルの地位を得るために疑わしいオフセットに依存しているとのことです。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) --2022年FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会が「カーボンニュートラル」であるという主張は突飛で、選手やスポンサー、ファンを、大会が地球の気候に与える正味の影響はごくわずかであると誤解させるだろう、と新しい報告書は述べている。

非営利団体「カーボンマーケットウォッチ」が火曜日に発表した調査結果によると、主催者はイベントの二酸化炭素排出量を過小評価しており、また、他の場所での排出量削減を保証できないオフセットに依存しているという。

オフセットと呼ばれるクレジットの購入に基づいてカーボンニュートラルを主張するスポーツイベントは、北京冬季オリンピックを含め、ワールドカップが最新となる。このトークンは、他の場所での排出を回避することで、イベントの公害を相殺すると称している。専門家によると、これがうまく機能するには、地球温暖化を引き起こす温室効果ガスをできるだけ多く実際に除去する必要があり、オフセットは、競技中に環境に優しい手段を採用しても削減できない炭素を補うためにのみ使用されるべきとのことだ。

11月と12月の4週間にわたりカタールで開催されるFIFAトーナメントには、合計32の代表チームが出場し、150万人ものファンが訪れると予想されています。カーボン・マーケット・ウォッチによると、この大会では360万トンの二酸化炭素(CO2)相当が発生すると推定されるという。これには、宿泊、インフラ建設、旅行などによる直接排出だけでなく、間接排出も含まれる。

主催者によると、大会後に完全に解体できる仮設スタジアムの建設に伴い、438,000トンのCO₂が排出されたとのことだ。しかし、ワールドカップ後に使用される他の6つの新しいスタジアムに関しては、大会による排出量のほんの一部、推定20万6千トンのCO₂しか帰属していない。カーボンマーケット・ウォッチによると、これは「シェアユース」ベースで割り当てられたもので、つまり大会の日数をスタジアムの推定耐用年数で割って、総排出量のシェアが算出された。

カーボンマーケットウォッチ社のポリシーオフィサーで、この報告書の主執筆者であるジル・デュフラーヌ氏は、「建設に伴う全排出量を計上する代わりに、スタジアムの全寿命期間ではなく、使用される日数に着目している」と述べている。「そうすれば、排出量の大部分を除外できるので、フットプリントは非常に小さくなる」

ワールドカップ主催者は、大会後に「無用の長物」が存在しないようにするための作業を熱心に強調しているが、カーボンマーケットウォッチによると、スタジアムの建設に関連するすべての排出を含めると、大会の予想フットプリントが140万トンのCO₂に増加するとのことだ。これは、米国の約18万世帯の1年間のエネルギー使用による排出量に相当する。

カタール・ワールドカップの主催者は、Supreme Committee for Delivery & Legacy(SC)と呼ばれ、Global Carbon Councilが監督する新しい基準でオフセット・クレジットを購入している。この世界的な自主的オフセットプログラム(当初はSCが支援していたが、現在は独立した組織として運営されている)は、同委員会が声明で述べたものだ。

SCは当初、GCCから180万トンのオフセットを購入することに合意していたが、カーボン・マーケット・ウォッチは、この目標が達成されるかどうか疑念を呈している。GCCが公表しているオフセットプロジェクトは、トルコにある風力発電所と水力発電所の2つだけである。カーボン・マーケット・ウォッチによれば、公開された登録簿によると、このうちクレジットを発行したのは1つだけであり、このことは、現在のGCCクレジットの総供給量が15万を少し下回ることを意味する。

SCは声明の中で、ワールドカップはまだ始まっていないため、「すべての炭素クレジットはまだ調達されていないのが妥当」と述べている。SCの広報担当者は、事前に目標が達成されない場合は大会後もクレジットの購入を継続し、GCCからの第1陣180万トンの後、他の国際的に認められたプログラムからオフセットを購入する可能性があると付け加えた。

しかし、カーボン・マーケット・ウォッチの報告書は、再生可能エネルギープロジェクトによるオフセットが、気候変動に対して何らかの「追加的」な利益をもたらすかどうかについて、疑問を投げかけている。クリーンエネルギーはコスト競争力があるため、この種のプロジェクトはすでに経済的に成立しており、炭素クレジットを販売できるかどうかにかかわらず、実現可能であると報告書は述べている。つまり、多くの場合、温室効果ガスの追加排出はなく、炭素クレジットは、いずれ建設されるであろうプロジェクトに融資しているに過ぎない。

カーボンマーケット・ウォッチと共同で発表し、報告書に引用した調査非営利団体ソースマテリアルの別の分析では、トルコの風力発電プロジェクトが追加的である可能性は「極めて低い」ことが判明した。同プロジェクトはカーボンクレジットの発行を開始する2年前の2018年から稼働しており、トルコの風力発電設置量は欧州で4位であることから、オフセットクレジットがなくても商業的に成り立つと同非営利団体は結論づけた。

GCCは、すべてのプロジェクトの追加性は、国連のプログラムであるクリーン開発メカニズムによって「十分に確立された」プロトコルによってチェックされ、重み付けされていると述べている。

SCは、大会の影響を相殺する計画の一環として、国内に67万9,000本の低木と1万6,000本の木を植えるなど、他の種類の炭素削減プロジェクトも支援していると指摘した。植物は再生水で灌漑され、多くの種はこの地域の固有種で干ばつに強いと声明は述べている。

2022年大会は、他の近代的なワールドカップとは異なり、コンパクトなエリア内で開催される。どのスタジアムもドーハの中心から31マイル(50キロメートル)以上離れてはいない。主催者は、選手やファンが試合のために飛行機で長距離を移動する必要がないため、二酸化炭素排出量を最小限に抑えられると主張しています。また、エネルギー効率の良いスタジアムや新しい公共交通システムもアピールしている。

しかし、カーボンマーケットウォッチの試算は、カタールの他の5都市から、カタールに宿泊することなく試合を観戦できる1日168便のシャトルサービスの発表前に行われたものでもある。

デュフラーヌ氏は、「スタジアムが近いことを根拠にイベントをグリーンと宣伝し、その都市から遠く離れた場所で宿泊施設を探し、飛行機で通うようファンに呼びかけるのはあまり意味がない」と述べている。「ワールドカップの主催者が、いかに言葉と行動を一致させていないかということの、もうひとつの例だろう」。

--シモーヌ・フォックスマンの協力を得た。

Laura Millan Lombrana, Natasha White. FIFA World Cup’s Green Claims Are Misleading, Report Says.

© 2022 Bloomberg L.P.