テンセント、都市封鎖と取り締まりで成長が一掃され期待外れ
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg. 

テンセント、都市封鎖と取り締まりで成長が一掃され期待外れ

テンセント・ホールディングス(騰訊控股)は、政府の徹底した取り締まりと中国経済の停滞がインターネット巨艦の成長を消し去り、過去最低の増収を記録した。投資家は、取り締まりが一巡したか、少なくともより持続可能なペースに切り替わっているかを議論している。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) テンセント・ホールディングス(騰訊控股)は、政府の徹底した取り締まりと中国経済の停滞がインターネット巨艦の成長を消し去り、過去最低の増収を記録した。

オンライン広告収入が18%減少し、3月期の売上高は1355億元(201億ドル)にとどまり、平均予想に届かなかった。全体の成長率は7四半期連続で減速し、2004年に同社が上場して以来、最も遅いペースとなった。

テンセントからアリババグループホールディングまで、中国最大のハイテク企業は、Eコマースからゲーム、フィンテックまであらゆるインターネット分野を最終的に巻き込んだ北京のキャンペーン開始から1年以上が経過し、慎重に事業を拡大する新時代に身を委ねている。

シンガポールのSea Ltd(シー)の株式売却で大きな利益を得たものの、純利益は51%減の234億元となり、予想に反して伸び悩んだ。テンセントの筆頭株主であるプロサスの株式は、欧州で3%以上下落した。

投資家は、取り締まりが一巡したか、少なくともより持続可能なペースに切り替わっているかを議論しており、この数週間、業界に対するセンチメントは大きく揺らいでいる。

ブルームバーグ・インテリジェンスの見解

2022年、テンセントは2年連続でEPSの伸びが1桁台前半となり、中国のグロース株としての地位が問われることになりそうだ。しかし、消費者需要が安定し、規制強化が緩和され、ゲームの認可が再開されれば、22年下期と2023年はテンセントの輝かしい成長の火種から炎をおこせるかもしれない。

-- アナリスト Marvin Chen、Sufianti Sufianti


新安値|テンセントは広告売上の縮小で最も遅いトップラインの伸びを記録

テンセントはこれまで、北京からの直接の監視をほとんど逃れてきたが、より広範な締め付けや経済的な停滞による影響は受けていない。同社は、かつて自由奔放だったインターネット部門の行き過ぎを抑制しようとする北京の取り組みを積極的に支持しながらも、2021年のピーク時から約5000億ドルの時価総額を減らしているのだ。

火曜日、中国経済担当の劉鶴副首相は、バイドゥやネットイースなどの企業が参加したシンポジウムの後、デジタルプラットフォーム企業やその上場を支援すると宣言した。

創業者のポニー・マーは、今週発表されたテンセントの社会価値報告書の中で、「難しいが正しいこと」であると述べている。

オンライン広告の収益は、12月期に初めて縮小した後、予想より悪い18%減となった。この事業は、中国経済の低迷とTikTokを所有するバイトダンスとの競争によって打撃を受けており、オンライン学習塾や保険会社などの過去数年間の大型マーケティングを行う企業は、別々の取り締まりの犠牲になって予算を縮小している。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

テンセントの主力事業である世界最大のゲーム部門も、かろうじて収益を伸ばしている。先月、規制当局が7月以来の国内リリースを承認した後も、新たな収益化ライセンスはまだ待機中だ。

新たな現実を踏まえ、経営陣は3月、海外のゲーム、クラウドソフトウェア、WeChatの動画アカウントなどが主要な戦略的焦点になると述べた。しかし、海外のゲーム収益は、為替変動の影響を除いたベースでわずか8%増と、前期の2桁増を下回る結果となった。

「中国以外で事業を展開する他の企業と同様、コロナ再開後のゲームに対する減衰は現実的だ」と、Union Bancaire Privéeのシニアアナリスト、Vey-Sern Lingは述べた。「少なくとも22年第2四半期までは成長が弱く、後半には前年同期比のコンプが改善する可能性がある」と述べている。

新たなパラダイム|中国の大企業は監視の強化に取り組んでいる

テンセントのフィンテック・クラウド部門は、同社のNo.1収益ドライバーとなった。しかし、上海や深圳などの都市でコロナのロックダウンが発生し、クラウドプロジェクトが遅れ、取引が冷え込んだため、10%の成長も予想を下回るものだった。

今のところ、WeChatメッセージングアプリは依然としてテンセントの広大なオンライン帝国の決済とスマートフォンのバックボーンであり、ストリーミングや国内ゲームなどの苦戦事業を相殺しようと、金儲けのために大きな役割を担おうとしているに過ぎない。4月、テンセントはゲームストリーミングプラットフォームを閉鎖し、Netflixスタイルのサービスの料金を約1年ぶり2回目の値上げを行った。短編動画のライバルがユーザーとマーケティング担当者を同社からどんどん引き離すことが背景にありそうだ。

マーク・ザッカーバーグのメタプラットフォームのように、テンセントは長期的にメタバースの仮想領域へ飛躍しようとしている。中国企業は、カスタマイズ可能な3DアバターとUnreal Engineのグラフィックスで老朽化したソーシャルアプリQQを刷新し、オープンワールドのタイトルを作るために開発者を雇用している。しかし、このような試みは、海外のゲームスタジオへの着実な投資ペースとともに、実現する前に利益率を圧迫する可能性がある。

ライトストリーム・リサーチのアナリスト、シファラ・サムスディーンは、決算前にスマートカルマに寄稿し、「オンラインゲームとオンライン広告事業の減速により、テンセントの収益低迷は2022年前半まで続くと予想している」と述べている。「現時点では、テンセントの株価を強力に上昇させる触媒はあまり見当たらない」

--取材協力:Coco Liu、Jane Zhang、Peter Elstrom。

Zheping Huang. Tencent Disappoints After Lockdowns, Crackdown Wipe Out Growth.

© 2022 Bloomberg L.P.