政府端末でのTikTok使用禁止法案が米上院可決
2020年8月3日(月)、英国・ロンドンでの手配写真で、スマートフォンに表示されるTikTokのロゴ。

政府端末でのTikTok使用禁止法案が米上院可決

中国のバイトダンス(字節跳動)が運営する動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の利用拡大に伴う米国の国家安全保障上の懸念に対応するため、民主・共和両党の上院議員は15日、バイデン政権に一段の行動を求めた。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ):中国のバイトダンス(字節跳動)が運営する動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の利用拡大に伴う米国の国家安全保障上の懸念に対応するため、民主・共和両党の上院議員は15日、バイデン政権に一段の行動を求めた。

上院は14日、政府が支給する携帯電話などの端末でティックトック使用を禁止する法案を全会一致で可決した。

上院情報特別委員長を務めるウォーナー議員は、バイデン政権がティックトックから米国民を保護する解決策を迅速に提示しなければ、議会と州が近くティックトックの制限に向けさらなる措置を早々に講じる可能性があると述べた。

今回の法案を提出したホーリー上院議員(共和、ミズーリ州)は、ティックトックを「中国共産党のトロイの木馬」と呼んだ。これまで5州が政府端末でのティックトック使用を禁止し、他の州も追随する見通しであるほか、複数の連邦政府機関も禁止を検討している。

原題:TikTok Crackdown Gathers Steam in Congress on Security Risks (1)(抜粋)

--取材協力:Jennifer Jacobs、Todd Shields、David Westin、Billy House.

© 2022 Bloomberg L.P.