ベンチャーキャピタルが調達した3,000億ドルを投資しない理由
Photographer: Scott Eells/Bloomberg

ベンチャーキャピタルが調達した3,000億ドルを投資しない理由

エコノミスト(英国)

次のパズルを考えてみよう。2021年、ベンチャーキャピタル(VC)は1,500億ドルの新規資金を調達し、これは記録的な額であった。市場の減速にもかかわらず、彼らは2022年に再び記録を更新し、1,600億ドル以上を調達した。このうち一部はすでに使われたものの、3,000億ドル近い「ドライパウダー(まだ投資に回していない待機資金)」が使われるのを待っている。実際、2022年を通して支出は減少している。駆け出しの企業は割安に見える。では、なぜは資金を眠らせているのだろうか。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン