ロシアはウクライナに対抗する武器を求めて世界中を駆け巡っている
ウクライナのハリコフ前線に設置された米国製ジャベリンミサイル。Photographer: John Moore/Getty Images Europe

ロシアはウクライナに対抗する武器を求めて世界中を駆け巡っている

米国の制裁下にある商船が先月末、シリアからロシアに向かう途中、トルコのボスポラス海峡を通過した。スパルタII号を追跡した欧州情報当局者によると、プーチン大統領のウクライナ戦争を支援するための軍用車両を積んでいたという。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 米国の制裁下にある商船が先月末、シリアからロシアに向かう途中、トルコのボスポラス海峡を通過した。スパルタII号を追跡した欧州情報当局者によると、プーチン大統領のウクライナ戦争を支援するための軍用車両を積んでいたという。

黒海のノヴォロシースク港への船の旅は、第二次世界大戦以来ヨーロッパ最大の軍事作戦の圧力で供給ラインが緊張する中、現在6カ月目に入った侵略のための資源を利用しようとするクレムリンの努力を強調するものである。

ウクライナは自国を守るために、アメリカとヨーロッパから何十億ドルもの武器を受け取っているが、ロシアは前線部隊を支援するために自国の資源に頼らざるを得ず、大きな損失が報告されている。米国の推計によると、数万人のロシア軍が死傷し、数千台の装甲車が破壊されたという。

この問題に詳しいある当局者は、ロシアが商船を使って黒海に軍事貨物を運んでいると米国政府が考えていると述べ、欧州の情報機関の報告書と同じであるとした。この関係者は、機密事項であるため匿名を要求した。

ブルームバーグが確認した情報当局と7月17~25日の衛星画像によると、スパルタII号はロシアが使用するシリアのタルタス港からほぼ間違いなく軍用車両を運んできたという。車両の正確な性質は不明だという。この船は、シリアで車両を積んだ状態で目撃され、ボスポラス海峡を横断した後、ノヴォロシースク港で少なくとも11台の車両を積んだ状態で確認されており、荷下ろしをしていたと思われる。

米国が5月に制裁したロシア国防省傘下の企業が所有する船は、NATO加盟国のトルコに妨害されることなく、この日付に航行したことが海上追跡データから判明した。

トルコは、2月24日のプーチンの侵攻後すぐにモントルー条約を発動して軍艦に対して海峡を閉鎖したが、商業船舶は通過することができる。ロシアは今年、同じ航路で、「Oboronlogistika OOO」という会社の貨物船を使ったことがあるという。同社は過去に何度もロシアからシリアに軍事貨物を輸送している。

米国務省の報道官は、この件に関する問い合わせをトルコ政府に照会した。この問題に詳しいトルコ政府関係者は、商船を調べるのは密告や不正の疑いがある場合に限られると述べた。ホワイトハウスの報道官は、米国がこの状況についてトルコ政府高官と話をしたかどうかについてのコメントを避けた。クレムリンとオボロンロジスティカはコメントを求めたが、すぐに返答はなかった。

確かに、ロシアはプーチンが監督する10年にわたる近代化プログラムの間に大量の軍備を構築し、クレムリン当局者は補給の問題を否定している。しかし、米国や欧州の当局者は、大量の戦車や装甲兵員輸送車を失ったことで、モスクワは数十年前のT-62戦車など古い装備の在庫に頼らざるを得なくなったと述べている。

ロシアと同様、ウクライナも軍事的損失の規模を明らかにしていないが、特に戦争の初期には、はるかに大きな敵に対するロジスティクスの課題に直面していた。ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は7月22日、ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで、戦場での犠牲者は5〜6月の1日100〜200人から1日約30人に減少したと語ったが、この数字は独自に検証されたものではない。

プーチンは、的に包囲されたアサド大統領を支えるために2015年の作戦を命じて以来、シリアに軍隊を駐留させている。ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相は2017年、軍はそこで戦闘機、レーザー誘導ミサイル、戦車、電子戦法、防空システムなど160種類以上の最新兵器をテストしたと述べた。

クレムリンが追加のリソースを他の場所にも求めたという指摘もある。

ここ数週間、ナゴルノ・カラバフ紛争地域をめぐってアルメニアとアゼルバイジャンの間に緊張が高まっており、ロシアがウクライナに派遣する最大2000人の平和維持軍を間引いたというモスクワの報道を否定している。米国は3月、ロシアが2008年の戦争以来、数千人の兵士を駐留させているグルジアの南オセチア自治州からウクライナに一部の部隊を転用したと発表した。

ウィリアム・バーンCIA長官は先月、米国の安全保障フォーラムで、ロシアが武装無人機を購入するためにイランに目を向けていると述べ、「今日のロシアの防衛産業の欠陥と、大きな損失の後に抱えている困難さを示している」と語った。

ロシアの防衛政策に詳しいある人物によると、北朝鮮はまともな品質のシステムを持っているものの、先月クレムリンが支配するウクライナ東部のドネツクとルハンスク人民共和国を独立国として承認したので兵器の新しい供給源になる可能性は低いかもしれないという。

ノヴォロシースク港は、プーチンが2014年に併合した隣国クリミアの基地への補給に使われ、そこからウクライナ南部のケルソンやザポリージアを占領しているため、シリアからのロシアの輸送は、その全体の物流に組み込まれていると思われると、ヨーロッパの情報当局者の1人は述べている。ウクライナがケルソン地方での反攻を脅かす中、ロシアは最近、この地域に部隊と装備を再配備している。

ロシアはウクライナ南部への展開に備えて相当数の兵力をクリミアに移動させ、800〜1000人の兵士からなる少なくとも8つの大隊戦術群を東部ドンバス地域から移動させ、その物流供給ルートへの圧力を強めていると、同関係者は述べている。

スコットランドのセント・アンドリュース大学のフィリップス・オブライエン教授(戦略学)は8月7日、ツイッターで、ウクライナは大規模な攻撃よりもむしろ、ロシア軍を攻撃されやすいケルソン地域に誘い込もうとしているのではないか、と述べた。「さらに、橋が切断される可能性のある河川と、わずかな重鉄道路線によって、ロシア側の供給問題ははるかに厄介だ」

米国防省(ペンタゴン)によると、長距離砲弾、対戦車兵器、医療車両の供給を強化するために月曜日に発表された10億ドルを含め、2月以来ウクライナに91億ドルの防衛援助を供給している。キエフ政府は、英国や他の北大西洋条約機構の同盟国からも、さらに数十億ドルの兵器を受け取っている。

ウクライナ軍は最近、米国が提供する長距離砲HIMARSを使って、前線後方のロシアの補給線と弾薬庫、さらに重要なインフラを標的として、その効果を高めている。

モスクワの世界武器取引分析センター代表のイゴール・コロチェンコは、「欧米の武器輸送によってウクライナは橋を攻撃できるようになり、物流と供給が複雑になっている」と指摘する。「それでも、大砲と攻撃機が現在の攻撃における重要な武器であり、どちらも不足していない」と述べた。

米国のコリン・カール国防次官(政策担当)は月曜日、国防総省の定例ブリーフィングで、この戦争で8万人ものロシア軍が死傷していると述べた。米国の評価では、ロシアは空と海から発射されるミサイルを含む精密誘導弾のかなりの割合を使い切り、4千台もの戦車やその他の装甲車両を失ったという。

「その多くは、ジャベリンやAT4のような対戦車砲弾のせいだが、ウクライナ人がそれらのシステムを使用する方法に創造性と工夫があったことも率直に言って原因だ」と述べた。

プーチンは大規模な動員を命じて軍を強化しようとはしていない。おそらく、そうすればロシア国民に、これまで距離を置いてきた戦争の代償を突きつけられる危険があるからだろう。しかし、地方の役人は、短期契約で志願する人々を奨励するために現金を提供し、5月に下院は軍務の年齢上限を廃止した。

ロシア政府は先月、「武器や軍備の修理の必要性が短期的に高まる」ことを理由に、防衛企業の労働規制を緩和する権限を求めて、武器生産を後押しする動きも見せている。

ロンドンの王立連合サービス研究所の新しい報告書によると、ロシアの軍事システムは、米国、ヨーロッパ、東アジアで設計・生産されたマイクロエレクトロニクス部品に依存している。

情報当局によれば、戦場で自軍を強化しようとしているときでさえ、ウクライナ東部におけるロシアの利益は、ここ数日、極めて限定的で緩慢な状態が続いているという。

モスクワ高等経済学校のロシア軍事専門家、ワシリー・カシンは、各国はロシアの資源を過小評価すべきではないと指摘する。しかし、彼は北朝鮮が「ロシアが持っているものより強力な」長距離多連装ロケットシステムを持っていることを指摘し、武器を輸入することはまだ価値があるかもしれないと述べた。

「もちろん、ロシアは戦場でいくつかの問題を抱えていますが、ウクライナとの戦争のために武器を輸入している証拠は見当たりません」と彼は言う。「ただし、やる価値はあるかもしれない」

-- 取材協力:Courtney McBride, Anthony Capaccio, Roxana Tiron.

Alberto Nardelli, Alex Wickham, Jennifer Jacobs. Russia Is Scouring the Globe for Weapons to Use Against Ukraine.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ