ロシアは砲弾が不足しているのだろうか?
Charly Triballeau/AFP/Bloomberg

ロシアは砲弾が不足しているのだろうか?

エコノミスト(英国)
“The

英国の国防参謀総長であるトニー・ラダキンは12月14日、「今夜、プーチンに、彼の将軍や大臣が恐ろしくて言えないであろうことを言おう」と宣言した。「ロシアは大砲の砲弾が決定的に不足している」。その10日前にはアメリカの情報機関トップであるアブリル・ヘインズも同様の判断を下している。ロシアは砲弾不足なのか?

西側諸国は数カ月前からロシアの砲弾不足を指摘してきた。9月には、ロシアが北朝鮮に砲弾の補給を依頼したと発表した。11月にはアメリカのロイド・オースティン国防長官が「大幅な不足」を口にした。12月12日のブリーフィングで、米国の国防高官は、現在の使用率ではロシアは2023年初めまでしか「完全に使用可能な」管状砲とロケット砲の砲弾を維持することができないと述べている。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン