ジャック・ドーシーがツイッターを辞めてビットコインの精神的リーダーになるまでの道のり
マイアミで開催されたBitcoin 2021のカンファレンスに登壇したドーシー。カメラマン:ジョー・レードル/ゲッティイメージズ

ジャック・ドーシーがツイッターを辞めてビットコインの精神的リーダーになるまでの道のり

Twitterの創設者であり、BlockのCEO、そしてイーロン・マスクの仲間であるジャック・ドーシーは、紆余曲折を経てビットコイン派となった。彼は初代の暗号通貨が現代金融に大きなインパクトを与えると確信している。

ブルームバーグ

マイアミで開催されたBitcoin 2021会議の壇上に立ったジャック・ドーシーは、厳密にはまだ2つの上場企業の最高経営責任者だが、ビーチサイドのバーテンダーのような風貌だった。サンバーストのタイダイシャツを着て、頭は剃り、長く伸びた白髪の髭は整えていない。彼の会社の1つであるTwitterでは、社員は出張してはいけないというのが公式の方針であったにもかかわらず、また、アクティビスト投資家グループが、集中力がないとして彼を追放しようと過去18ヶ月の大半を費やしていたにもかかわらず、彼は南フロリダまで飛行機でやってきたのである。

それでもいい。ドーシーは、できるだけジャック・ドーシーらしく楽しもうと決心した。20代のモデル、フローラ・カーターとビーチに行き、不愉快なスポーツメディアの起業家で株式取引マニアのデイブ・ポートノイと食事をし、不愉快なボクサーから急造プロモーターになったフロイド・メイウェザーと一緒に遊んだ(メイウェザーは、新しい暗号通貨であるイーサリアムマックスの代理として、またブロガーであるローガン・ポールとのエキシビションファイトのためにこの街にいたのだ)。壇上でドーシーは、2018年にソーシャルメディアサービスのアカウントが禁止された後、Twitterのニューヨークオフィスのドアに手錠をかけたことで有名な極右陰謀論者、ローラ・ルーマーから罵声を浴びせかけられた。ドーシーは彼女の抗議を「勇敢」と呼んでいたが、今回、ルーマーがドーシーを「検閲の王様」と揶揄すると、彼は真摯に答えたのである。彼は、Twitterから「企業らしさ」を取り除き、ビットコインのようにオープンで分散化されたものにしたいと語った。

ドーシーはビットコインについて多くを語った。実際、Twitterや決済会社Squareについて語るよりも多くのことを語った。彼は、ビットコインが銀行に取って代わり、発展途上国の起業家に経済的機会をもたらし、再生可能エネルギーへの投資を促進すると予測した。「ビットコインは絶対にすべてを変える」とドーシーはあっけらかんと言い切った。「私が生きている間に、これほど重要な取り組みはないと思う」

その5カ月後、ドーシーはTwitterを辞め、スクエアの名称を変更すると発表した。今後、地元のコーヒーショップやその他の小規模事業者の支払い処理を支援する同社は、暗号通貨の基礎となる主要技術であるブロックチェーンを想起させるBlockと名乗ることになる。公式には、Blockはドーシーのフルタイムの仕事だが、彼の周囲にいるほとんどの人は、彼がかなり真剣な副業を持っていることを知っている。彼がTwitterとSquareの両方を運営していたとき、従業員はしばしばTwitterが彼の「お気に入りの子供」であると冗談を言った。今、彼の下で働いたことのある30人以上の現従業員と元従業員との会話から、お気に入りの子供はブロックというより、ビットコインであるようだ。

この2年間、ドーシーは、自身のTwitterで常に暗号通貨を宣伝し、ライバルの暗号プロジェクトに資金提供しているハイテク業界のベンチャーキャピタルを非難するなど、この通貨の非公式な精神的リーダー、公的擁護者としての役割を果たしてきた。昨年、イーロン・マスクと一緒に別の暗号イベントで、ドーシーはビットコインが「世界平和」をもたらすと信じていると語った(世界一の富豪であるマスクは、3月にTwitterの筆頭株主となり、数年に渡って発展してきたドーシーとの同盟関係を深めた)。ポートノイとのディナーの際、ドーシーはデジタル通貨にのみ注力したいと話したという。「彼はこれまで聞いた誰よりもビットコインに強気だ」とポートノイは自身のポッドキャストで述べている。

ドーシーの熱意は、一般人が携帯電話から簡単にビットコインを購入できる機能のおかげで成長し、2億2,000万ドルをかけてビットコインを購入しバランスシートを維持しているBlock、そして暗号通貨自体の将来にも影響を与える。ドーシーは経営者としてはあやしいが、未来学的な風見鶏としてはめったに間違えない。この記事で引用された他の人と同様に、元上司を怒らせないために匿名を要求した元Twitter社員が言うように、「ジャックは、自分が導きたいと思わない教団に出会ったことがない」のである。

ドーシーがその時々に何を考えているのかを理解するには、彼のツイートを追うのが一番だ。ツイッターは、彼が聴いている音楽や気になる社会問題など、あらゆることを投稿する場所だ。CEOを辞任する前日には、何の脈絡もなく「I love twitter」と投稿するなど、不可解なこともあるが、彼の心の内を垣間見ることができるのが普通である。

このことから判断すると、ドーシーのビットコインへの関心は、2019年11月にアフリカを1カ月間旅行した後、ノンストップで通貨についてツイートし始めたことで一気に高まった。この旅では、エチオピア、ガーナ、ナイジェリア、南アフリカに立ち寄った。彼は現地の起業家と会い、その多くがビットコインに焦点を当てた企業を作っていた。その事実に彼は「驚き」「刺激」を受け、ビットコインが大陸の金融システムを変えられると確信して歩き出した。ドーシーの社員たち(彼はTwitterの幹部数人と一緒に参加していた)は、当時はこの旅をあまりよく思っていなかったが、彼が帰国の途についた後、飛行機に乗る直前にアディスアベバの空港からツイートしたところ、事態はより深刻になっているようだった。「大陸を去るのは悲しい......ひとまずは。アフリカは未来(特にビットコインの方)を定義するだろう」とドーシーはツイートしている。「まだどこかはわからないが、2020年半ばに3~6ヶ月間住む予定だ」

このメッセージは、従業員を驚かせた。ドーシーはすでにリモートワークのアイデアを社内で推進していたが、1年の半分を地球の反対側で過ごすと約束したことで、誤ってビジネスの敵であるポール・シンガーに贈り物を渡してしまったのだ。エリオット・マネジメントの創業者であるシンガーは、上場企業に資本参加し、抜本的な経営改革を推し進めることで知られている。同社は長年、Twitterを格好のターゲットと見ていた。その理由の一つは、同社のビジネスが不調だったこと、そしてTwitterがGoogleやFacebookと異なり、創業者が会社をコントロールできるようにする、いわゆるスーパー議決権株を与えていなかったことである。このため、アクティビスト投資家が足場を固める機会が生まれ、ドーシーにはそれを阻止することはできなかった。ドーシーの出張と前後して、エリオットはTwitterに大きな投資を行い、2020年初頭には10億ドル以上の自社株を保有していたと、この買収に詳しい人物は述べている。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

その3カ月後の2020年2月、投資会社の持ち株は公開された。エリオットはツイッターの取締役会に送った書簡で、ツイッターの事業とコーポレートガバナンスに関する一連の問題を説明し、4人の新取締役を指名する予定であることを警告した。活動家投資家からの最も注目すべき不満は、次のようなものだった。TwitterのCEOが他の会社と時間を分け合っていることだ。ドーシーのツイートだけが動機ではなかったが、アクティビスト投資家に彼を攻撃するための十分な材料を与えた。彼は2つの仕事を持っているだけでなく、そのどちらにも特に興味がないように見えた。

Twitterの取締役会と執行部は、株主投票が行われた場合にドーシーを支持してくれる投資家を探すために奔走した。取締役会は、ドーシーの友人でAppleの共同創業者スティーブ・ジョブズの未亡人であるローレン・パウエル・ジョブズを取締役に加えることを一時的に検討した。しかし、1か月も経たないうちに、Twitterはエリオットと和解し、委任状争奪戦を回避することができた。同社は、エリオットのマネージングパートナーであるジェシー・コーンを含む3人の新しい取締役を加え、コーポレートガバナンスを変更した。ドーシーは解雇されなかったが、安泰ではなかった。取引の一環として、ユーザー基盤の拡大と収益増加のための積極的な目標を採用することに同意したのだ。

パンデミックにより、ドーシーのアフリカ移転は凍結されたが、彼のふざけた態度は、CEOとしての立場を厄介なものにし続けた。ハワイを中心に、コスタリカ、フランス領ポリネシアなどでリモートワークを行い、物理的な居場所を従業員に秘密にしていた。ドーシーに近い人たちは、これはセキュリティ上の理由からだと言うが、それでも社員たちはビデオ通話の背景にある手がかりを探して、彼がどこにいるのかを推測しようとした。時には、カメラの外でニワトリの鳴き声が聞こえることもあった。エリオットの買収が発表された直後、ゴールドマン・サックス・グループの会議で行われたインタビューでは、ドーシーが話すそばで小鳥がさえずっていた。

他にも不協和音の瞬間があった。世界が2020年4月に身を縮めているとき、ドーシーはGoogle Meetにログインし、ドクター・スースの『Happy Birthday to You』を音読した。「今日、あなたはあなたである、それは真実よりも真実である。あなたよりあなたらしい人は、この世にいない」。 ドーシーは、本をカメラにかざし、ページを前後に動かしてポップアップのバースデーケーキを映し出した。この日はドーシーの出番で、Twitterの上級幹部が毎週交代でスタッフやその子供たちに絵本を読み聞かせるビデオ通話「ストーリータイム」が行われていたのだ。

SquareがIPOを終え、取引開始された際のニューヨーク証券取引所の外、2015年。フォトグラファー:ヤナ・パスコヴァ/ブルームバーグ

電話会議に参加していた人たちにとって、この瞬間はドーシーのことを完璧に要約していた。欠点はあっても、従業員に感謝の気持ちを抱かせることができる。2015年にTwitterに復帰した際、彼は全社会議の際に使用するステージを低くし、自分が社員の上に立たないようにした。会社がレイオフを行った後には、2億ドルの自社株を従業員のエクイティプールに提供した。パンデミック発生時には、TwitterとBlockで「休息日」を設け、従業員が仕事から精神的に解放されるようボーナス休暇を取得させた。また、全社的なイベントには、自分の両親も参加させる。ある日、Blockの元社員は、夜遅くまで仕事をした後、オフィスで昼寝をしているところをCEOに見つかったという。叱られるかと思いきや、CEOは「寝なさい」と言っただけだったという。

しかし、アフリカに関するツイートと同様、ドクター・スースの朗読は、ドーシーがその重大性を理解していないのではないかと心配する従業員もいた。その2カ月足らず前に、エリオットの人々は取締役を辞しており、今は執行猶予のような状態にある。ほとんどのCEOは、ビジネスライフを賭けて戦っているはずだ。しかし、ドーシーは、そんなことはお構いなしだった。彼がドクター・スースを読んだ5日後、Twitterは期待はずれの決算を発表した。株価は8%下落した。

ドーシーは大きな権力を持つ割には、それを振りかざすことを妙に嫌ってきた。TwitterやBlockで彼の下で働いてきた人たちは、彼が意思決定をすることを好まず、もししなければならないのなら、それはリーダーシップの失敗だと考えていると言う。また、具体的な指示ではなく、示唆に富む質問や抽象的な表現で従業員を納得させることを好む。

権威に対する彼の思いは、彼自身のTwitterに対する見解にも影響を与え始めている。ドーシーは最近、企業がオンラインコンテンツやユーザーのアイデンティティを管理することは間違いだと書いている。「自分の責任の一端を自覚し、後悔している」とツイートしている。これは、Twitterの言論統制に悩まされ、新しいサービスを構築すると同時に、同社の株を数十億ドル買い占めることを提案したとされるマスクと同じ見解である。(ドーシーの企業支配に対する嫌悪感も、規制がなく、どの企業にも支配されていないビットコインに対する彼の愛を説明する一因となっている)。

しかし、最高責任者であることにアンビバレントで、実行に狂いがない最高責任者を持つことは、重大なトレードオフを伴う。ドーシーの下で働く人々は、しばしば決断する権限を与えられていると感じるが、彼の優柔不断さはフラストレーションの源にもなり、時には社内の麻痺状態を引き起こすこともある。「指示が好きなら」、あるBlockの元社員は「ジャックとは苦労することになる」と言う。

ドーシーの決断を嫌う性格が、例えばTwitterが、ツイートの最大文字数を280文字に増やすなど、微々たる製品の調整に何年も費やした理由だ。また、Squareは、他のアプリ内で銀行口座へのアクセスや送金を可能にするソフトウェア企業、Plaidを買収するチャンスなど、チャンスを逃す原因にもなっていた。Squareは2018年に10億ドル弱でプレイドを買収する交渉を行っており、議論に詳しい2人の関係者によると、ドーシーの上級経営陣の大多数はこの買収を支持していたという。しかし、ドーシーは最終的な決断を下すことを拒んだ。その代わりに彼は、チームがいずれかの方法でコンセンサスを得るべきだと言った。しかし、ドーシーは最終的な決断を下すことを拒み、どちらかの方法で合意を得ようとした。プレイドは現在、130億ドル以上の価値がある。

しかし、彼は、未来を理解し、予測することに長けている。ドーシーは、特定のトレンドや製品に、他の人が気づくより何年も前に執着することがあると社員は言う。それは、彼がより差し迫った問題を無視したり、関心を持たなかったりすることを意味するかもしれないが、彼はしばしば正しいのだ。結局は。「彼はプロダクトマネージャーではない」とTwitterの元社員は言う。「彼はプロダクトマネージャーではなく、プロダクトの発明家なのだ」

ドーシーはTwitterとSquareの両方のアイデアを思いつき、VenmoやPayPalに似たSquareの消費者向け決済サービス、Cash Appもつくった。このアプリの初期は、大赤字だった。これは、Squareが2015年の新規株式公開に向かっていたときも同様で、従来の常識では、同社は収益性の高い決済処理製品に集中すべきであると考えられていた。しかし、ドーシーはキャッシュアプリを存続させるために積極的にプッシュした。今では月間ユーザー数は4,400万人で、2021年の同社の利益の約半分を占めている。また、ビットコインを売買する方法としても、ますます人気が高まっている。顧客は昨年だけで、Cash Appを通じて100億ドル相当のビットコイン取引を行った。

ドーシーはインスタグラムの初期投資家の1人で、ほとんどの人が写真フィルターというものを知る前からこのアプリの可能性を認識していた。また、彼は2012年、まだ始まったばかりのショートビデオアプリVineを買収するようTwitterに積極的に働きかけた。Vineは最終的に失敗したが、類似のアプリであるTikTokは、最終的に世界で最も人気のあるアプリの1つに成長した。

リモートワークもドーシーの初期の関心事だった。パンデミックによって世界中のオフィスワーカーがリビングルームからの在宅勤務を余儀なくされた頃、ドーシーはすでにTwitterとSquareをこのコンセプトに移行させていた。そうしなければ、自社が優秀な人材を逃してしまうと主張したからだ。コロナ以前から、ドーシーは週に数日、自宅で仕事をしていた。実際、彼が2020年の半分をアフリカで過ごすことにした理由のひとつは、長期のリモートワークが可能であることを証明するためだった。

ドーシーの崇拝者たちは、彼のビットコインへの執着を同じような観点から見ている。Squareの銀行・融資事業を率い、現在は自身のフィンテックスタートアップに取り組んでいるジャッキー・レゼスは、「ジャックが未来を予見するものには常に注意を払っている」と話す。「彼は間違っていることよりも、正しいことの方が多い」。実はドーシーは10代の頃から暗号通貨に興味があり、幼少期を過ごしたセントルイスの自宅近くにあるワシントン大学でインターネット接続を使い、alt.cypherpunksというチャットグループなどのUsenet(コンピュータ上で利用可能な世界規模の分散型ディスカッションシステム)にログオンしていたのだ。ビットコインのホワイトペーパーは、2008年にサトシ・ナカモトというペンネームで発表された直後から読んでいた。「全体が詩のようだった」と、数年後に振り返った。ビットコインの周りに生まれたコミュニティは、彼が子供の頃に過ごしたインターネットのチャットルームを思い起こさせるものだった。ドーシーは、ビットコインを単なる通貨や価値の保存方法としてではなく、銀行やその他の仲介業者に取って代わる可能性のある、金融システムの完全な見直しとしてとらえていた。2021年7月に開催されたB Wordカンファレンスで彼が言ったように「基盤全体を置き換えるチャンスがあると見ている」。

4月7日に開催された「ビットコイン2022」カンファレンスでの「マイアミ・ブル」。フォトグラファー:マルコ・ベロ/ゲッティイメージズ

2020年初頭にエリオットがドーシーを最初に攻撃した後、Twitterはかなり良い年だった。米国の選挙とパンデミックは、ニュースに対する膨大な欲求を生み出し、同社のユーザーベースがここ数年で最も速く成長したことを意味する。2020年11月の米国選挙の前日、Twitterは、取締役会が同社の経営体制を見直し、「経営への信頼を表明した」とする報告書を発表した。これは、「ジャックは仕事を続けられる」という暗号だった。

株価は2021年2月下旬に史上最高値を記録したが、その2カ月後、Twitterは四半期決算が不調となり、浮き沈みの激しい1年の始まりとなった。11月下旬に辞任したドーシーは、従業員への手紙の中で、「創業者主導」であることは企業にとって「深刻な制限と失敗の特異点」になりかねないと主張し、自らの退任を説明しようとした。さらに、Twitterが「創業者や創業者たちから脱却する」ことを望んでいたことも、退任の主な理由だと付け加えた。ドーシーがまだフルタイムでスクエアを運営していたことを考えると、納得のいかない説明だった。

ドーシーを知る人によれば、彼はエリオットからの絶え間ないプレッシャーで消耗していただけで、四半期が悪ければまた職を追われることになると自覚していたそうだ。Twitterはブロックチェーン技術に少し手を出し、ソーシャルメディアの非中央集権版を構築する取り組みに資金を提供し、ユーザー同士がビットコインでチップを交換できるようにしていた。しかし、ドーシーの暗号通貨への執着は、最終的にはSquareの方がずっとしっくりきた。彼の辞任は、エリオットがTwitterのために望んでいた常勤のCEOを得たことを意味する。パラグ・アグワルは、最高技術責任者から昇格した。ドーシーは暗号通貨に取り組むことになった。

新しく改名したBlockは、ビットコインをほぼすべての事業部門に組み込んでいる。社内のある部門は、ドルをビットコインに変える技術を構築している。また、Spiralという別の取り組みもあり、ビットコインの「改良と普及」を目的としたプロジェクトの構築と資金提供を行っている。Blockは、ビットコインの採掘チップに取り組んでおり、人々がビットコインをオフラインで安全に保管できるよう、独自のハードウェアウォレットを作成している。そして同社は、マスクの会社であるテスラ社が提供するソーラーパネルを使って、テキサス州にビットコイン鉱山を建設するベンチャー企業にも関わっている。

2021年初頭、ドーシーはジェイ・Zが所有する音楽ストリーミングサービス「Tidal」に3億ドルを支払うことで合意し、同年末にはオーストラリアで買い切り・後払い方式のビジネスを展開するAfterpayに290億ドルを投じている。Squareは2020年には、顧客に直接中小企業向け融資を提供するための銀行免許まで承認された。

元従業員によると、ブロックの漠然とした関連サービスの青写真は、ドーシーが2013年から2018年まで取締役を務めていたウォルト・ディズニーから得られているという。2015年のIPO前の投資家との話し合いで、Blockの幹部は、劇場映画、マーチャンダイジング、テーマパークなど、ディズニーが提供するサービスを示した図に言及した。ディズニーの各事業がディズニーの他の部門に貢献するように、ブロックの製品やサービスも互いに補強し合うという考えだ。現在、消費者はCash Appで送金を行い、企業はBlockの銀行業務から融資を受けながら、オリジナルのSquareサービスを使ってその支払いを受けられる。

ドーシーの味方は、この戦略がTidal買収の背景にあったと言う。TidalはSquareが買収したとき苦戦していたため、ドーシーは有名ラッパーと付き合うためにプレミアムを支払っただけだという批評家がいる。2人は2020年8月にヨットでハンプトン (バージニア州) をクルージングしているところを目撃されており、ジェイ・Zは取引の一環としてブロックの取締役会の席を得た。しかしドーシーは、Squareがその初期にコーヒーショップやファーマーズマーケットのベンダーに対して行ったように、Blockがミュージシャンにとってより良い報酬を得る方法を生み出すというビジネス上の根拠を主張している。

そして、もちろん、ビットコインもある。ドーシーが明言しているように、暗号通貨はいずれオンラインで広く使われるようになると考えているのだから、Blockが暗号通貨の世界でニッチを切り開こうとするのは当然だろう。重要なのは、ドーシーが競合するデジタルコインや、ブロックチェーンを使って分散型ウェブサービスを運営するいわゆるWeb3技術に多くの投資をしていないことだ。ベンチャーキャピタル企業Andreessen Horowitzのパートナーを含むドーシーの同業者の中には、Web3の大ファンもおり、黎明期の市場に何百億ドルも注ぎ込んでいる(Bloomberg Businessweekを所有するBloomberg LPは、Andreessen Horowitzに投資している)。一方、ドーシーは、Web3嫌いだ。暗号通貨用語で言えば、彼は「ビットコインマキシマリスト」である。彼は、ビットコインこそが必要とされる唯一の真の暗号通貨であり、Web3は企業投資家やベンチャーキャピタルが主導権を握り、すべてを台無しにしようとするものだと主張している。Andreessen Horowitzのパートナーであるクリス・ディクソンが、ガンジーの言葉とされる「はじめに彼等は無視し、次に笑い、そして挑みかかるだろう。そうしてわれわれは勝つのだ」という言葉を用いて、彼の会社のWeb3投資について言及すると、ドーシーは辛辣な反応を示した。「お前はファンドだ」とツイートした。「ガンジーじゃない」

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

ドーシーがシリコンバレーの大手投資家について苦言を呈したことは、彼の真の信者としての地位と相まって、ビットコイン信奉者の間でさらに好感を持たれるようになった。もし彼が 「『クリプト、クリプト、クリプト、Web3』といった感じだったら、彼はまったくユニークではない」と、親ビットコイン人権財団の最高戦略責任者で、マイアミのステージでドーシーにインタビューをしたアレックス・グラッドスタインは言う。「彼がビットコインに強く注目しているという事実がシグナルだ」

グラッドスタインは、ドーシーの信念に感銘を受ける多くのビットコイン愛好家の一人だ。「私は彼がそこで自分のことをしていることに間違いなく感謝している」と彼は言う。「私は、彼が最終的に、Twitterのためよりも、おそらくビットコインのために記憶されると思う」

Kurt Wagner. How Jack Dorsey Quit Twitter to Become Bitcoin’s Spiritual Leader. © 2022 Bloomberg L.P.