中国の景気回復に陰りが見えてきた?[英エコノミスト]

中国の景気回復に陰りが見えてきた?[英エコノミスト]
Unsplash+ライセンス

中国の若者は、生産年齢人口のほんの一部であり、労働力人口に占める割合はさらに低い。16歳から24歳の若者の多くは、まだ学校や大学に通っており、就職活動をしていない。しかし、ここ数年、彼らの就職状況は注目され、警戒されている。5月16日に発表された数字によると、先月、中国全体の失業率は5.3%から5.2%に低下している。この改善の影には、若者の失業率が20.4%に上昇し、データが2018年に入ってから最高を記録したことがある。

若年層の失業率などの問題に多大な注目が集まっているのは、中国に出現した「自信の罠」の症状だと、銀行であるシティグループのXiangrong Yuらは主張している。今年1-3月期、中国の景気回復が予想を大きく上回ったにもかかわらず、投資家は「弱いつながり」に注目しているようだ。輸入の不振、軟調なインフレ、製造業がサービス業の強さに及ばないこと、失業した若者などである。地政学的な緊張が高まるにつれ、外国人投資家は中国を敬遠するようになり、5月17日には人民元が1ドル=7円を割り込みた。しかし、「悲観論は国内でも顕著に広がり、根強く残っている」とシティグループのエコノミストは指摘する。

それは中国の株価にも表れており、株価は再開当初の上昇の多くを放棄している。国債の利回りは、コロナの大流行時よりも少し高い程度である。消費者信頼感は昨年より健全に見えるが、2019年のレベルをはるかに下回っている。

中国の不安定な回復は、今のところムードを盛り上げるには至っていない。今の危険は、ムードが中国の回復を沈めることである。例えば4月、信用は驚くほどゆっくり伸びた。小売売上高は、上海などの大都市が封鎖状態に入った昨年4月に比べれば好調だが、専門家の予測に比べれば低調だった(図表参照)。鉱工業生産もアナリストの予想を下回った。

調査会社オックスフォード・エコノミクスによると、国有企業の投資はそれなりに好調だったが、民間企業の支出は4月に前年同月比0.4%増にとどまったという。このような期待はずれの成長の原因のひとつは、中国の不動産市場にあると思われる。政府の要請により、デベロッパーは新規投資よりも未完成の建築プロジェクトの完成を優先している。住宅着工件数は20%以上減少し、完成した床面積は19%近く増加した。

不動産市場の低迷を受け、一部のエコノミストは今年の成長率予測を引き下げた。例えば、銀行である野村證券のティン・ルーは、5.9%から5.5%に数字を引き下げた。「北京が消費者や企業投資家の信頼を高めることができなかったこともあり、回復が停滞している」と彼は説明する。「失望感が募り、下降スパイラルに陥る危険性が高まっていると見ている」

中国は、より強力な金融緩和を行うことで、回復と信頼を回復させようとする可能性がある。4月のインフレ率はわずか0.1%まで低下し、刺激策の余地は十分に残されている。しかし、中国の今年の公式な成長目標は5%に過ぎないため、政府は救援に駆けつけることはできないかもしれない。外国人投資家と中国の消費者は、今年の中国の回復に大きな信頼を寄せていない。3月に設定された政府の野心的な成長目標は、政府も大きな信頼を寄せていないことを示唆している。■

From "Is China’s recovery about to stall?", published under licence. The original content, in English, can be found on https://www.economist.com/finance-and-economics/2023/05/18/is-chinas-recovery-about-to-stall

©2023 The Economist Newspaper Limited. All rights reserved.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史