米中の争いが新たな危険な局面を迎えている理由

米中の争いが新たな危険な局面を迎えている理由
2012年2月14日(火)、米国ワシントンDCのホワイトハウスのルーズベルトルームで、中国の習近平副主席(左)が米国のジョー・バイデン副大統領と会談した。バイデンは中国側に対し、米国は中国との関係を強化することを決意しており、両国は相違点について「率直に」話し合うことができると述べた。Photographer: Chip Somodevilla/Pool via Bloomberg 
“The

中国が開国し、政治家、外交官、ビジネスマンの間で直接の接触が再開されれば、中米間の緊張は、夕食会、首脳会談、世間話などで緩和されるだろうと期待したかもしれない。しかし、北京の雰囲気は、世界で最も重要な関係が、かつてないほど険悪で敵対的なものとなっていることを物語っている。

中国政府のホールでは、共産党の幹部が米国のいじめを非難している。共産党の幹部は、米国のいじめを非難し、米国は中国を死に至らしめるつもりだと言う。欧米の外交官たちは、威嚇とパラノイアに満ちた雰囲気を語る。釣魚台国賓館では、中国発展フォーラムに参加した多国籍企業の幹部たちが、「デカップリングが深まれば、自分たちのビジネスにどんな影響を与えるか」と心配した。ただ、双方が一致しているのは、最善のケースは何十年も疎遠になることであり、最悪のケースである戦争の可能性はますます高まっているということである。

両陣営は、それぞれ独自の不可解な論理に従っている。米国は封じ込め政策をとっているが、その言葉を使うことは避けている。一党独裁から一人支配に移行した権威主義的な中国を目の当たりにしている。習近平国家主席は何年も政権を維持する可能性が高く、彼が衰退していると考える欧米に敵対的である。国内では、リベラルな価値観に反した抑圧的な政策を追求している。香港からヒマラヤまで、外に向かって権力を行使する際には、自制を示すという約束を破っている。今月行われたプーチンとの会談では、彼の目標が独裁者に優しい代替的な世界秩序を構築することにあることが確認された。

このような状況に直面した米国は、当然のことながら、アジアにおける中国の軍事的封じ込めを加速させ、古い同盟を復活させ、オーストラリアやイギリスとのオーカス条約のような新しい同盟を結んでいる。商業・技術面では、米国は半導体やその他の商品に対する禁輸措置を厳しく、かつ拡大している。その目的は、欧米が技術的優位性を維持するために、中国の技術革新を遅らせることである。なぜ米国は、敵対する政権をより危険にさらすために、自国の発明を利用させなければならないのか?

中国の指導者たちにとって、これは中国を無力化するための策略に他ならない。彼らの目には、米国は自分たちが特別な存在だと映っている。共産主義であろうと民主主義であろうと、自国と同等の力を持つ国が存在することは決して認めない。米国は、中国が従順で、「虎ではなく、太った猫」である場合にのみ、中国を容認する。米国のアジアにおける軍事同盟は、中国が自国の自然な影響力の範囲内で包囲されていると感じていることを意味する。1970年代に両国が関係を再構築した際に合意したレッドライン(台湾問題など)は、無知で無謀な米国の政治家によって踏みにじられている。中国の支配者たちは、軍事費を増やすことだけが賢明だと考えている。

商業的には、米国の封じ込めは不公平だと考えている。「1人当たりのGDPが米国より83%も低い国が、なぜ重要な技術を奪われなければならないのか」。今月、米国議会の公聴会で、中国企業の子会社であるTikTokが炙り出された光景には、関係者もビジネスパーソンも愕然とした。中国のリベラル派の中には移住を夢見る人もいるが、世俗的な西洋教育を受けた技術者たちも、今では富の誇示を非難し、自立を促し、グローバル化が習氏の政治的優先事項にならなければならない理由を忠実に説明している。

このように凝り固まった矛盾した2つの世界観がある以上、外交の強化だけで平和が保証されると考えるのは甘すぎる。11月にバリ島で行われたバイデン大統領と習近平氏の会談は緊張を和らげたが、対立の論理はすぐに再燃した。スパイバルーン事件(中国当局が「いたずらな風船」と呼ばれる風船を飛ばした米国をあざ笑った)は、両首脳がいかに国内で強気に出なければならないかを示した。米国は中国にホットラインや核兵器に関するプロトコルなど、対立をコントロールするためのガードレールを採用することを望んでいるが、中国は自らを弱者だと考えている。「いじめっ子が決めたルールで自分を縛る必要はない」ということだ。敵対関係が緩和されるとは誰も思っていない。2024年の米国の選挙は、中国叩きが超党派のスポーツであることを示すだろう。習近平氏は経済の減速に直面しており、自らの正当性を、筋肉質で「若返った」国家というビジョンに結びつけている。

このような相手に直面した場合、米国や他の開放的な社会は3つの原則を守る必要がある。 第一は、経済的なデカップリングを抑えることである。IMFは、世界のGDPの0.2%という扱いやすいものから7%という驚くべきものまで、あらゆるコストがかかると見ている。機密性のない分野の貿易は、何千もの企業間の日常的な接触を維持し、それによって地政学的な溝を狭めることにもつながる。禁輸措置は、機密性の高い分野や、中国が独占的な供給者であるために中国に支配されている分野のために取っておくべきである。これらの分野は、米中貿易の少数派である。可能であれば、中国による誤情報を流したとして非難されているTikTokのような冷戦の両側面にまたがる企業は、閉鎖に追い込まれることなく、財務的に分離、売却、スピンオフされるべきだ。

第二の原則は、戦争の可能性を低くすることである。双方は「安全保障のジレンマ」に陥っており、自分の立場を強化することは、相手側に脅威を感じさせても合理的である。欧米が中国の脅威の増大に対応するために軍事的抑止力を求めるのは正しいことである。しかし、台湾をはじめとする紛争地での軍事的優位を求めることは、事故や衝突を引き起こし、制御不能に陥る可能性がある。米国は、中国による台湾への攻撃を誘発することなく、それを抑止することを目指すべきである。そのためには、1950年代の米ソ両国の指導者とは対照的に、世界大戦の恐怖を個人的に体験していないワシントンと北京の政治家の世代が、知恵と自制心を持つことが必要であろう。

最後の原則は、米国とその同盟国は、独裁的な相手と似たような戦術に頼る誘惑に抵抗しなければならないということである。このライバル関係では、自由主義社会と自由経済が大きな優位性を持っている。イノベーションと富を生み出しやすく、国内外での正当性を獲得しやすい。米国が開放性、万人の平等な扱い、法の支配という価値観を貫くならば、同盟国の忠誠を維持することは容易であろう。米国は、その争点が中国国民ではなく、中国政府であり、中国がもたらす平和と人権への脅威であることを明確にしなければならない。21世紀の決定的な争いは、武器やチップの問題だけでなく、価値観をめぐる争いでもあるのだ。■

From "Why the China-US contest is entering a new and more dangerous phase", published under licence. The original content, in English, can be found on https://www.economist.com/leaders/2023/03/30/why-the-china-us-contest-is-entering-a-new-and-more-dangerous-phase

©2023 The Economist Newspaper Limited. All rights reserved.

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)