マーク・ベニオフ、セールスフォース幹部12人離脱で完全な孤独へ
マーク・ベニオフ。Photo illustration: 731; Photos: Bloomberg; Getty Images

マーク・ベニオフ、セールスフォース幹部12人離脱で完全な孤独へ

ベニオフのCEO在任期間は20年を超え、トップクラスの人材が流出し、同社はこれまでで最も遅い成長を予測している。10月以来、少なくとも12人の幹部がサンフランシスコを拠点とする同社を去ることを発表している。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・ビジネスウィーク) --ブレット・テイラーは、セールスフォース社の未来を担う存在であるはずだった。共同最高経営責任者(CEO)に急浮上した彼は、大規模な買収と製品展開を主導し、セールスフォースの最も重要な顧客との関係を管理した。その一方で、Twitterの取締役会長としてイーロン・マスクと論争を繰り広げた。

Cクラスのほとんどは、すでにテイラー(42)に報告している。創業者で共同CEOのマーク・ベニオフが退任することがあれば、テイラーはその後任に選ばれるのは明らかだった。しかし、テイラーが「起業家としての原点に戻る」ために1月末に辞任すると発表すると、状況は一変した。

このような言葉は、通常、業績不振や権力闘争が原因で幹部が更迭されたことを意味する。しかし、ベニオフは11月30日の決算説明会で、テイラーの退任を嘆き、まだ残ってもらうよう説得中であると述べた。2020年に前共同CEOのキース・ブロックの辞任を発表したときは、それほど感情的ではなかったが、その日のうちにセールスフォースのウェブサイトから経歴が消えてしまった。

ブレット・テイラー。ネイサン・レイン/ブルームバーグ

もう1人の後継者と目されていたスラックのスチュワート・バターフィールドCEOは、テイラーの退任に悲しみと驚きを示した後、セールスフォースの中でのスラックの明るい未来をアピールした。その5日後、バターフィールドは他の2人の部門長とともに辞任した。彼はテイラーの退任とは無関係だとし、このタイミングを「奇妙だ」と言った。

ベニオフのCEO在任期間は20年を超え、トップクラスの人材が流出し、同社はこれまでで最も遅い成長を予測している。10月以来、少なくとも12人の幹部がサンフランシスコを拠点とする同社を去ることを発表している。

ベニオフは11月30日、CNBCのインタビューで、数十年にわたる過去の部下を挙げながら、「失うたびに、前の部下を思い出す」と述べた。「最も難しいのは、彼らが辞めたいと言ったときだ」

コーン・フェリーで取締役会および役員継承アドバイザリー業務を担当するジェーン・エジソン・スティーブンソンは、どの企業にとってもCEOクラスの幹部を確保するのは難しいことだと言う。「会社を経営したがっていて、それが本当に得意で、全権を握りたくないという人を見つけるのは非常に難しいのです」。

CEOとしての通算年数

ベニオフ(58歳)は、経営上の職務は譲るが、最終的な決定権は持たないと考えているようだ。Weinberg Center for Corporate Governanceの創設者であるチャールズ・エルソンは、「カリスマ的な支配力を持つCEOがいる場合、典型的なのはその人が創業者であることです」と言う。

支配権を譲り渡した創業者は、一般的にそのエネルギーを別の目標に向ける。マイクロソフトのビル・ゲイツは慈善事業を展開し、ジェフ・ベゾスは、昨年アマゾンのCEOの座を譲って以来、宇宙開発、新しい人間関係、NFLチームに注力している。スラックのバターフィールド(49)は、ガーデニングを空想しているという。

ベニオフが、気候変動に関する慈善活動やサンフランシスコの政治、ハワイでの滞在などに没頭するにつれ、セールスフォースから身を引き、この道をたどるのではないかと長い間疑われてきた。しかし、彼はその考えを否定してきた。2021年末にテイラーが共同CEOに就任した後、ベニオフはCNBCとのインタビューで、「私は決してセールスフォースを去りません。これは私の人生の追求です」と述べた。

手放せない長年のリーダーはたくさんいる。ボブ・アイガーはウォルト・ディズニーを15年間率いた後、2020年に退任したが、取締役会が後任のボブ・チャペックへの信頼を失ったため、今年になって復帰した。アイガーは現在、世界最大のエンターテインメント企業である同社が後任を見つける手助けをする使命を負っているが、社内には明確な候補者がいないことに直面している。「ディズニーは、問題ある後継者計画の見本のようなものだ」とエルソンは言う。

もう一人はオラクルのラリー・エリソン(78)で、彼は2014年にCEOの座を譲ったが、現在も最高技術責任者と取締役会会長を務め、同社株の約40%を保有している。CEOのサフラ・カッツは、エリソン抜きで同社を率いることに興味はないと述べている。

マーク・ベニオフ。 Marlena Sloss/Bloomberg

ベニオフは元オラクルの幹部で、エリソンの下を去ってセールスフォースを設立した。現在、彼の会社に対する支配力は、かつての恩師が享受した体制と似ているようだ。2月には、ベニオフがセールスフォースの単独CEO、取締役会会長、個人筆頭株主となる予定だ。

投資家は常に、野放しにされたベニオフを警戒してきた。6月に行われたベニオフの取締役会会長解任を求める活動家の投票では、37%の票を獲得したが、これは通常、企業の注目を集めるレベルである。代理人アドバイザー会社であるInstitutional Shareholder Servicesは、創業者で長年CEOを務めた人物が議長を務める取締役会のバランスを取るのは難しいとして、独立した議長を任命することを支持した。

テイラーは、アナリストの間では、衝動的な合併など、ベニオフの荒っぽい傾向を和らげる存在と見られていた(同社は2004年以降、80件近くの買収を行ったという)。セールスフォースは、テイラーが買収で大きな役割を果たした大企業の統合にまだ取り組んでいるが、タブローとスラックのリーダーシップチームの多くは、ここ数カ月で解体された。テイラーとベニオフの両はこの記事の取材を拒否し、同社もコメントを拒否している。

セールスフォースは長年、高額な合併によって急成長を続けてきたが、現在はアクティビスト・ヘッジファンドのスターボード・バリューをはじめとする投資家から利益率の改善を求めているため、ほとんどテーブルから外れている。しかも、不確実な経済情勢がソフトウェアの販売をより困難にしている。みずほ証券USAのアナリスト、ジョーダン・クラインは、「この交代劇は、われわれが考えているほど順調ではないことを暗示しているのかもしれない」と語った。「これは、より多くの権限と意思決定をベニオフに集約するものだ」

Brody Ford. Marc Benioff Is Alone Atop Salesforce After Bret Taylor’s Exit.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ