ソフトバンクや復星のようなプライベートエクイティ大手が抱えるキャッシュフロー問題
出典:Bloomberg

ソフトバンクや復星のようなプライベートエクイティ大手が抱えるキャッシュフロー問題

プライベート・エクイティ企業はビジネス界の達人であり、最もホットなトレンドを見抜き、不況時に投資先企業に生き残りのヒントを与える存在だと思われている。しかし、彼らは自らのキャッシュフローを管理する方法を知っているのだろうか?

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・ビジネスウィーク) --プライベート・エクイティ企業はビジネス界の達人であり、最もホットなトレンドを見抜き、不況時に投資先企業に生き残りのヒントを与える存在だと思われている。しかし、彼らは自らのキャッシュフローを管理する方法を知っているのだろうか? 投資家たちは、この業界の大物たちに厳しい目を向けている。

例えば、ソフトバンク・グループ(SBG)は、最近、主要企業の売却を急いだ。8月、テックユニコーンの投資家は、220億ドル相当のアリババ・グループ・ホールディング・リミテッドの株式を売却したと発表し、同社の最も価値ある資産へのエクスポージャーをほぼ半分に減らした。

売却が早まった理由のひとつは、SBGが2年連続で損失を計上してはならないという金融機関との契約に違反する恐れがあるためかもしれない。SBGは2022年3月期に155億ドルの損失を出したが、その4半期後には230億ドルの打撃を受けた。そのため、会計上、220億ドルの株式売却は運用益として表示され、運用する2つのビジョンファンドの大損失を相殺することができる。

SBGが投資家の怒りを買っているとすれば、上海に本社を置く大手企業、復星国際は、イングランドのサッカークラブ、ポルトガル最大の銀行、フランスのリゾートグループ、クラブメッドを傘下に持ち、奮闘中である。9月には、1月29日が期限の4億5,000万ドルの社債が1ドル80セントまで下落し、揺れ動いた。ムーディーズ・インベスターズ・サービスが借り換えリスクを理由に格付けを下げたことが、債券の暴落を招いたのだ。

しかし、それと同じくらい重要なのは、ブルームバーグ・インテリジェンスによると、復星が最近、中核となる医薬品部門の持ち株を削減することを決定したことで、この部門は370億ドルの総資産額の18%を占めている。SBGと同様、投資家は宝の山を切り崩すことに驚きを隠せなかった。

問題の核心は、どちらのプライベート・エクイティ企業も、従業員の報酬などの営業費用はもちろん、毎月の利息の返済さえ賄えるほどのキャッシュを生み出すことができないということだ。SBGの場合、最大の経常利益は国内通信部門からの配当金である。しかし、この配当金で支払えるのは、利払いの6割程度に過ぎない。ムーディーズによれば、手元資金は短期借入金をカバーするのに十分ではなく、借入金の約45%が1年以内に満期を迎えるという不確定要素もあり、状況は復星も同様だ。

SBGは常に十分なキャッシュポジションを維持できているとし、一方、復星は製薬部門の支配株主であることに変わりはないとしている。

プライベート・エクイティでは、通常、外部の投資家は流動性の主な指標としてLTV(総資産有利子負債比率)に注目するはずだ。SBGは14.8%、復星は41.5%で、いずれも問題なさそうだ。しかし、今は普通の時代ではない。不況になる前の今、宝飾品のような資産を売却するのは、自暴自棄の臭いがする。両社とも、流動性管理をきちんと行っていない。

Shuli Ren. Private Equity Giants Are Having Cash Flow Problems.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ