イーロン・マスクの人工衛星はウクライナを救い、戦争をどう変えたか
出典:スターリンク

イーロン・マスクの人工衛星はウクライナを救い、戦争をどう変えたか

エコノミスト(英国)
“The

スターリンクは、世界の不思議の一つであり、正確には世界の外側にある。現在3,335機の衛星が稼働中で、稼働中の衛星の約半数がスターリンクである。この半年間で、平均して週に20機以上のペースで新しい衛星が追加されている。スターリンクを開発したスペースXは、45カ国の消費者にオフグリッドの広帯域インターネットアクセスを提供する方法として、スターリンクを提供している。100万人ほどが加入者になっている。

そして現在、このシステムを流れるトラフィックの大部分はウクライナからもたらされている。スターリンクは、ロシアの侵攻に対する同国の軍事的・民事的対応に不可欠な存在となっている。スペースXの創業者であるイーロン・マスクが愛する火星探査の費用を捻出するための天空の副業として構想されたこのシステムは、ウクライナの反撃を可能にするだけでなく、反撃の方法を形成し、ユビキタス通信の軍事的可能性を明らかにするものだ。アメリカの国防次官補(宇宙政策担当)であるジョン・プラムは、「これは本当に新しく、興味深い変化です」と述べている。

このような変化は、ウクライナのミハイロ・ フェドロフ副首相兼デジタル化担当相が、ロシアの侵攻の2日後に発信したツイートから始まった。「イーロン・マスク、あなたが火星に植民しようとしている間に、ロシアはウクライナを占領しようとしています! あなたのロケットが宇宙からの着陸に成功している間に、ロシアのロケットがウクライナの市民を攻撃しているのです。ウクライナにスターリンクのアンテナを提供し、まともなロシア人に決起するよう演説することをお願いします」。

マスクは数時間以内に、スターリンクのサービスがウクライナ上空でオンになり、ハードウェアも後に続くと返信した。数日のうちに、衛星にアクセスするためのピザサイズの平皿を満載した貨物自動車がウクライナに到着し始めた。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン