自由の女神よりも高い風力発電機の倒壊が相次ぐ
ドイツ・ハルテルンにある高さ784フィートの風力発電機は、2021年に倒壊した。TF-Images/Getty Images

自由の女神よりも高い風力発電機の倒壊が相次ぐ

より多くの風力エネルギーを取り込むためにサッカー場ほどの長さのブレードを設計することで、開発者は同じ量の電力を発生させるために、より少ないタービンを設置することができる。しかし、そこには落とし穴があった。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・ビジネスウィーク) -- 昨年6月の穏やかな晴天の日、Mike Willeyが牛に餌をやっていると、地元の保安官から電話がかかってきた。近くの風力発電所の巨大なタービンの一つが劇的に倒壊したと、自動車運転手から通報があったのだ。オクラホマシティの北西90マイルにあるエイムズ市のボランティア消防署の署長であるウィリーさんは、現場調査に出発した。

高さ数百フィートの鉄塔は真っ二つに折れ曲がり、自由の女神よりも高い位置にあるタービンの羽根は、眼下の麦畑に散らばっていた。ゼネラル・エレクトリック(GE)製のこのタービンは、稼働してまだ1年も経っていない。このタービンは稼働して1年足らずで、「ほとんど真上に落ちてきた」とウィリーさんは言う。

数日後、コロラド州でも同型のGE製タービンが倒れた。この風力発電所のオーナー経営者であるNextEra Energy Inc.は後に、ブレードの欠陥が原因であるとし、同社とGEは将来の事故を防ぐための措置を講じたと発表した。GEの広報担当者は、ブルームバーグの取材に対し、両事件の原因について言及を避けた。

これらの事例は、米国とヨーロッパで最近多発している風力タービンの故障の一部で、主要部品の故障から完全な崩壊まで様々である。業界のベテランによれば、設置されている風力発電機のごく一部で起きているにせよ、こうした問題が頻発しているとのことだ。この問題により、欧米のタービンメーカー大手3社、GE、ヴェスタス・ウィンド・システムズ、シーメンス・エナジーのシーメンス・ガメサは数億ドルのコスト増を強いられ、保険契約もより高額になり、化石燃料を捨てて気候変動と戦うという動きが後退する可能性がある。

業界関係者は、より大きなタービンの生産ラインを増やそうとする競争が主な原因であると指摘している。ロンドンに本社を置くGCube Underwriting Ltd.のCEO、Fraser McLachlanは、「新しいタービンの故障が短期間で発生しており、これは非常に懸念すべきことです」と語る。このまま故障率が上昇し続ければ、保険料が上がったり、新たな補償制限が課されたりする可能性がある、と彼は言う。

ヴェスタス、GE、シーメンス・ガメサは、ブルームバーグの取材やアナリストとの電話会談で、より強力なタービンの開発を急ぐあまりに問題が生じたことを認めている。各社は製造業務の改善に注力しており、設計の導入にブレーキをかける時期が来ていることを認めているという。GEのラリー・カルプCEOは10月の決算説明会で、「急速な技術革新は製造と広範なサプライチェーンに負担をかける」と述べた。「これらの新製品の生産と品質を安定させるためには時間がかかる」と述べた。

タービンの故障に関する業界全体のデータは公開されておらず、時間の経過による性能の変化を完全に描き出すのは難しい。しかし、ヴェスタスやGEは、発電できないタービンが設置されている割合はまだ少ないとはいえ、その割合は高まっていると述べている。シーメンス・エナジーは今月、シーメンス・ガメサの設置済みタービンの欠陥が原因でコストが予想より高くなったとして、2023年の業績見通しを下方修正した。

風力発電所は敷地内に数十基のタービンを設置して発電することが多いため、1基または複数基が故障しても発電を継続することができ、その影響は限定的である。しかし、風力発電機が故障した例は、世間の注目を集めている。2021年9月、ドイツで高さ784フィートの巨大なタービンが倒壊した。2022年3月には、リトアニアで新しい大型タービンが倒れました。昨年7月にはスウェーデンのタービンでブレードが部分的に剥離した。

世界最大の洋上風力発電所開発企業であるオーステッドは、デンマーク沖のタービンからブレードが落下したことを受け、4月にいくつかの建設地付近での海上交通を停止するよう当局に要請した。このニュースを受けて、製造元のシーメンス・ガメサの株価は急落した。

BloombergNEFのデータによると、風力発電の設備容量は2007年の100ギガワット未満から、2021年には840ギガワットを超えるとされている。より多くの風力エネルギーを取り込むためにサッカー場ほどの長さのブレードを設計することで、開発者は同じ量の電力を発生させるために、より少ないタービンを設置することができる。そのため、プロジェクトのコストを抑えることができ、過去10年間で風力発電の価格が劇的に低下した大きな理由となっている。

しかし、材料費の高騰とサプライチェーンの苦境が最近、大手メーカーのバランスシートを圧迫し、投資を減速させ、米国の洋上風力産業の発展が本格化する前に足かせになる可能性が出てきている。タービンメーカーが抱える課題は、品質の問題にも及んでいる。

シーメンス・ガメサは、同社最大の陸上風力発電機「5.X」の生産増強中に設計変更と遅れにつながる問題に直面した。シーメンス・ガメサは声明の中で、「顧客への価値提案を改善する」ために製品の品質と信頼性に取り組むと述べている。

ヴェスタスは、年間保証引当金が2019年の約6億ユーロから2020年と2021年には約12億ユーロに跳ね上がった。デンマークの同社は、メーカーによる製品導入のペースにサプライチェーンが対応できていなかったことが、プロジェクトの遅延、コスト増、品質上の課題の一因となったと述べている。同社は声明で、「ネット・ゼロの未来を作るためには、収益性と拡張性のある風力産業が必要であり、そのためには自然エネルギーのバリューチェーン全体を成熟させ続ける必要があります」と述べている。

1月24日に第4四半期決算を発表するGEは、第3四半期にタービンの保証費用と修理費用として5億ドルを計上した。同社は2017年から40ギガワットの風力発電が可能なタービンを設置し、その過程でより強力な機械を複数導入してきた。

最近のメーカーは、より優れた信頼性を持つマシンを大規模に生産することに注力している。ヴェスタスのCEOであるHenrik Andersenは今月のインタビューで、タービンは今のところ十分に大きく、生産量を増やすことが今後10年の重要な課題になると述べている。シーメンス・ガメサのヨッヘン・アイクホルトCEOは投資家に対し、同社は製品間の標準化を進め、広範になりすぎたポートフォリオを整理していると述べている。GEのカルプは10月の決算説明会で、同様に「主力製品」にシフトすることで、当社とサプライヤーがより再現性の高い製造プロセスを導入できるようにすると述べている。

BloombergNEFの風力調査部長オリバー・メトカーフによると、グリーンプロジェクトへの投資圧力は非常に強く、故障への不安から風力発電所への資金流入がまだ減速していないという。しかし、故障の問題は銀行やその他の債権者の懸念材料となっており、金利の引き上げを要求する可能性があるという。「保険会社や金融機関は、まだテストされていないこのような大きなモデルに対して躊躇しているのです」とメトカーフは言う。「テクノロジーへの警鐘が鳴り響いているのです」。

Ryan Beene、Josh Saul. Wind Turbines Taller Than the Statue of Liberty Are Falling Over.

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ