中銀カプセルタワービルを壊すことはいいことだ - ギアロイド・レイディ
2022年4月5日(火)、東京の「中銀カプセルタワービル」(中央)。半世紀前、日本が経済大国としてめまぐるしい発展を遂げた時代に建てられた140戸の複合施設は、1,400万人の都市を見下ろす高く洗練された超高層ビルの影に隠れて、時代の流れに取り残されたままになっている。

中銀カプセルタワービルを壊すことはいいことだ - ギアロイド・レイディ

歴史のある中銀カプセルタワービルの取り壊しが始まった。このような短いサイクルで古い建物を間引いていく政策のおかげで、日本の首都は常に再生され、不動産はより安全で、より手頃な価格になっている。

ブルームバーグ

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン