タイガー・グローバル、年初からの運用成績がマイナス34%  栄光の日々から突如躓く
2016年1月21日(木)、米ニューヨークのマンダリンオリエンタルで開催されたニューヨーク長老病院のための資金調達イベント「Plates for Pediatrics」で写真撮影に立つタイガー・グローバル・マネジメント創業者のチェイス・コールマン。

タイガー・グローバル、年初からの運用成績がマイナス34% 栄光の日々から突如躓く

タイガー・グローバルの運用成績は、数年間の2桁のリターンが継続した後、環境の急激な悪化に襲われ、34%のマイナスを叩いている。「謙虚な気持ちでいっぱい」と投資チームが顧客宛の手紙に綴っている。

ブルームバーグ

20代のころはヘッジファンドの奇才だった。40代になると、ヘッジファンドの伝説となる。しかし、チェイス・コールマンは突然、激しくつまずいた。

厳しい2021年の後、彼のタイガー・グローバル・マネジメントは今年、業界を騒然とさせる損失を積み上げ、3月までに同社のヘッジファンドは34%という驚異的な落ち込みを記録した。コールマンは、有名なジュリアン・ロバートソンが指導したエリート・マネー・マネージャーの中で、同世代の最も優秀な人物の一人として知られているだけに、この逆転劇の速さには誰もがショックを受けている。

この悪い流れは、打撃を受けた株式への大規模な賭け、ロシアのウクライナ侵攻に伴う市場の動揺、そして長い間タイガー・グローバルの利益を牽引してきた米国と中国の急成長するハイテク企業の深刻な荒波によって促進されてきた。この20年間、ほぼ無傷の成功を収めてきた1,000億ドルの巨人が、これまでほとんど表明する必要のなかった謙虚な姿勢を、1日には示した。

「私たちは謙虚になったが、私たちの信念は揺るぎなく、今後のチャンスに自信を持っている」と、同社の投資チームは投資家に送った手紙の中で書いている。「我々は、利用可能なすべてのインプットを使用して、我々のモデルを再評価し、より洗練されたものへと向上させている」

タイガー・グローバルの広報担当者は、コメントを拒否した。

コールマンとパートナーのスコット・シュライファーが築いたタイガー・グローバルは、2桁のリターンが当たり前で、やり手のマネージャーが勝ち組企業を確実に支援し、負け組企業を空売りした、業界の栄光の時代に逆戻りしたと長い間見なされてきた。46歳のコールマンは、手数料が「2:20」(運用手数料2%、リターンの20%を成功報酬として受け取るモデル)であっても、支払う価値のある価格であることを証明した。

タイガー・グローバルの最近の業績悪化は、コールマンのプロとしてのプライド以上に大きな痛手となっている。上場企業に特化した同社の350億ドルのファンド全体では、今年の損失は、財団、基金、年金基金、タイガー・グローバルのインサイダーなどの投資家に100億ドル以上に達している。また、Bloomberg Billionaires Indexの計算によると、コールマンの個人資産は13億ドル減少している。

傷ついた虎|タイガー・グローバルのヘッジファンドは最悪の年になる可能性がある。
傷ついた虎|タイガー・グローバルのヘッジファンドは最悪の年になる可能性がある。

コールマンは、ロバートソンのタイガー・ヘッジファンドでテクノロジー・アナリストとして4年弱働いた後、2001年に正式にタイガー・カブ(ロバートソンの子弟が自分の会社を立ち上げた場合の呼称)となった。

当初、会社はタイガー・テクノロジーだったが、決済や教育などの分野に進出し、社名をタイガー・グローバルに変更した。2000年代初頭、コールマンとシュライファーは、同業他社に先駆けて、公開市場以外でより高いリターンを得られる可能性があることに気づき、個人投資家向けの投資を開始した。

2008年の金融危機で26%の損失を出したが、翌年は1%の上昇にとどまった。コールマンは、自分の原点であるハイテクに戻り、政治やマクロの事象に邪魔されるような業界は避けようと決意し、体制を立て直した。

この方法は見事に成功した。2020年まで、タイガー・グローバルのヘッジファンドの年率リターンは20%を超え、損失は2年だけだった。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

失敗した投資

しかし、今、その最大の賭けがファンドの足を引っ張っている。今年に入り、高インフレと利上げ期待で市場はすでにジリ貧だったが、ロシアの対ウクライナ戦争がリスク回避の引き金となった。

ハイテク株のナスダック100と小型株のラッセル2000はそれぞれ、3月末に損失が縮小したものの、第1四半期に20%の弱気相場入りを果たした。

タイガー・グローバルが特に失敗したのは、大きな成功をもたらした中国を中心とするハイテク企業に固執したことだ。

その一例がJD.comで、2009年に2億ドルの賭けから始まり、最終的に50億ドルの純益を生み出した。12月31日現在、同ファンドの最大の保有銘柄である。

市場、中国での規制強化、北京とワシントンの緊張の高まりに打ちのめされ、JD.comは昨年のニューヨーク取引で20%下落し、2022年には16%下落している。

「今にして思えば、2021年にポートフォリオ全体で、我々が行ったよりも多くの株式を売却すべきだった」と、タイガー・グローバルの投資チームは1日の書簡で述べている。

苦戦を強いられているのは、このファンドだけではない。同じタイガー・カブのフィリップ・ラフォンのコーチュー・マネジメントは、ハイテク関連の投資で素晴らしい業績を上げているが、第1四半期に10%も下落した。年末の最大保有株であるRivianとModernaは、それぞれ52%と32%下落した。

ブルームバーグがまとめたデータによると、2021年までの10年間で562%上昇した「MSCIワールドインフォメーションテクノロジーインデックス」は、今年最初の3カ月で10%下落した。

プライベートな疑問

タイガー・グローバルのヘッジファンドのダメージは、非公開の保有株にも及んでいる。

マネージャーは、同ファンドの非公開投資について、公開市場の同業他社への圧力を考慮し、「評価を下げた」と顧客宛ての書簡で述べている。同ファンドは、バイトダンス、ストライプ、チェックアウト、データブリックスなどの未公開企業の株式を保有している。

昨年末で650億ドルの資産を持つタイガー・グローバルのベンチャーキャピタル事業にとって、こうしたマークダウンが何を意味するかは不明だ。

8月時点のタイガー・グローバルの個人投資家の賭け金のほぼ4分の1は中国にあり、規制強化の中で投資家にとって地雷原と化している。

習近平国家主席は、資本主義の行き過ぎを抑制するために、国内のハイテク部門に対する支配力を強め、新たな規制を課し、一部の経営者を投獄した。与党共産党からの最近のシグナルは、取り締まりが緩和される可能性を示唆しているが、この政策は、最も成功した最大手の企業に対する信頼さえも揺るがすものである。

また、中国とアメリカの間の監査問題も株価に重くのしかかり、中国企業はアメリカの取引所から追い出される恐れがある。2日には、中国がアメリカの規制当局に企業の監査報告書への完全なアクセスを認める意向を示したため、そのような結果は避けられるという新しい楽観論が生まれた。

タイガー・グローバルは書簡の中で、中国が最近、安定した資本市場を支援していることや、政府がハイテク企業の競争力を重視していることを表明したことに「勇気づけられた」と述べている。それでも同社は、リスクが残っていることを認識しており、「状況の進展に応じてデータを求めていく」と述べている。

シュライファーが率いるタイガーのプライベート・インベストメント・パートナーズ・ファンドは、新興企業の非支配的な株式を取得し、毎年平均27%の利益を上げてきた。この問題に詳しい人物によると、昨年、これらのファンドは54%の利益を上げ、投資家に40億ドルを還元したという。1日の書簡の中で、同社は今年、公開企業向けファンドの規模が毎月純増加し、最近、新興企業向けのファンド「PIP 15ベンチャーファンド」が127億ドルでクローズしたと述べている。

--Tom Maloney、Katherine Burton、Pierre Paulden、David Gillenの協力による。

Hema Parmar. Tiger Global’s 34% Tumble Brings Coleman’s Firm Back to Earth. © 2022 Bloomberg L.P.