中国の景気回復は依然脆弱、工場や不動産が低迷
2022年7月21日木曜日、中国・上海のVoith Turbo Power Transmission Co.自動車部品工場の生産フロアで作業する従業員。Qilai Shen/Bloomberg

中国の景気回復は依然脆弱、工場や不動産が低迷

中国の7月の工場活動は予想外に縮小し、不動産販売も縮小が続いた。散発的なコロナ発生の中で経済回復のもろさが浮き彫りになり、成長を促すためにさらなる政策刺激を求める声が強まっている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 中国の7月の工場活動は予想外に縮小し、不動産販売も縮小が続いた。散発的なコロナ発生の中で経済回復のもろさが浮き彫りになり、成長を促すためにさらなる政策刺激を求める声が強まっている。

国家統計局が日曜日に発表した製造業購買担当者指数は、6月の50.2から49に低下し、活動の縮小を示す50のマークを下回る結果となった。月曜の民間調査でも、工場生産が弱くなっていることが示され、また別に、中国のトップ100の不動産開発業者からのデータでは、住宅市場は先月も低迷を続けていることが示された。

製造業とサービス業は7月に回復した後、減速

政府はウイルスが発生した場合、規制を強化するという厳格なゼロ・コロナ方式に固執しているため、経済の回復は脆弱なままである。南部の製造業の中心地である深圳で最近発生した感染症は、同地の工場操業に影響を与え、グローバルなサプライチェーンに混乱をきたす懸念が高まっている。

ナットウエストグループのチーフエコノミストであるLiu Peiqianは、「減速は生産と新規受注に起因し、供給の途絶と不安定な内需回復を示唆している」と述べている。「コロナ関連政策が引き続き回復の勢いを弱めており、今後数カ月は内需を安定させるためにさらなる緩和政策が必要である」

主に中小企業や個人経営の企業を対象にした調査に基づく財新の製造業PMI(購買担当者景気指数)も、センチメントの弱化を示した。財新とS&P Globalが月曜日に発表した声明によれば、PMIは6月の51.7から50.4に低下し、中央値予想の51.5を下回ったものの、50の境界線を上回ったままであったとのことである。

中国の10年物国債の利回りは、午前10時37分現在、2ベーシスポイント下がって2.73%となり、5月下旬以来の低水準となった。同じ期間の債券の先物は0.2%も上昇し、2月8日以来の高値になった。

第2四半期のGDP成長率は武漢の大洪水以来最も遅く、エコノミストは今年通年の成長率は4%以下にとどまるだろうと予想している。不動産市場が引き続き成長見通しの重石となっており、エコノミストはさらなる政策的刺激策の必要性が依然として強いと述べている。

先週、共産党の最高意思決定者は、政府の成長目標を5.5%程度に緩和することを示唆したが、回復を後押しする新たな刺激政策は発表されなかった。

シティグループのYu Xiangrongらエコノミストは、不動産市場と財政政策が今後数ヶ月間の景気刺激策のトップ2であるとメモに書いている。

政府はまた、下半期の成長に拍車をかけるため、インフラ支出を加速させている。中国の国家経済計画家は、主要なインフラプロジェクトの建設を加速することは、経済を安定させるための重要な支援になると述べている。第3四半期は、経済の安定と回復のための重要な窓であるという。

PMIのデータでは、製造業の低迷は広範囲に及び、大・中・小のすべての規模での活動が縮小していることが示されている。建設業とサービス業の活動を示す非製造業PMIは、弱いペースではあるが拡大を続けている。

NBSは、製造業の落ち込みについて、季節的要因や高エネルギー消費産業の落ち込みなど、さまざまな理由を挙げている。製造業、非製造業ともに、7月の新規受注および新規輸出受注はいずれも減少した。

同局は声明で、「市場需要の不足は現在、製造業企業が直面している主な困難であり、製造業の回復のための基盤を固める必要がある」と述べた。


ブルームバーグ・エコノミクスの見解...

中国の景気回復は、上海の再開を契機に短期間で急回復した後、急ブレーキがかかっている。7月の製造業PMIは、6月の上昇から一転して縮小に転じ、突然の勢い喪失を浮き彫りにしている。Covid-19の散発的な発生と不動産セクターの新たな緊張が、明らかに経済に打撃を与えている。

Chang Shu, David Qu


Caixin Insight GroupのシニアエコノミストであるWang Zheは、このデータは「回復の減速」を示しており、電力不足とコロナの発生は「7月の市場の需要と信頼感を削ぐ要因の一つ」であると述べている。

住宅市場は引き続き中国の見通しを圧迫している。中国不動産情報公司が発表したデータによると、中国の上位100社のデベロッパーの売上高は前年同期比39.7%減で、前月の43%減からわずかに縮小したに過ぎない。

ナットウエストのLiuは、「今年の年間成長率目標が達成できないことは、ほぼ確実だ。したがって、今年の後半に中国が長期的な潜在成長力に近い形で成長を安定させることができるかどうか、どのようにできるかが焦点となるはずだ」。

-- 取材協力:Karoline Kan, Tom Hancock, Fran Wang, Wenjin Lv.

Bloomberg News. China’s Rebound Remains Fragile as Factories, Property Slump

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ