ビッグテックの秘密:アップルやアマゾンの財務の内側
Photo by Keming Tan

ビッグテックの秘密:アップルやアマゾンの財務の内側

エコノミスト(英国)

アメリカのハイテク大企業は、とんでもない額の金を稼いでいる。2021年、アルファベット、アマゾン、アップル、メタ、マイクロソフトの合計収益は1兆4,000億ドルに達した。この富は、電話や医薬品からビデオストリーミングやバーチャルアシスタントまで、幅広く、絶えず拡大しているソースから生まれている。アナリストは、2022年1~3月のハイテク五人組の合計売上高が3,400億ドルを超え、前年同期を約7%上回ると予想している。

4月26日にキックオフされた四半期ごとの儀式で、ビッグ5が最新の業績を報告し始め、驚異的なヘッドラインの数字が再び話題を呼んだ。アルファベットは、前年同期比23%増の680億ドルの売上高を発表したが、広告の伸びが鈍化したため、純利益は164億ドルに落ち込んだ。マイクロソフトは同日、売上高494億ドル(前年同期比18%増)、純利益167億ドルを発表した。その翌日、メタは売上高279億ドル、純利益75億ドルを発表した。アマゾンとアップルはエコノミスト誌4月30日号が発行された後に報告した(編注:本記事は4月30日号に掲載された)。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン