バイデン政権がクリーンテックに用意した3,940億ドルの融資権限の行方
2016年9月14日(水)、米国ロードアイランド州ブロックアイランド沖の海上に立つGE-Alstom Block Island風力発電所。Eric Thayer/Bloomberg

バイデン政権がクリーンテックに用意した3,940億ドルの融資権限の行方

米エネルギー省の無名の部門が、気候変動との戦いを加速させるために3,940億ドルもの資金を活用しようと、時間との戦いに挑んでいる。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 米エネルギー省の無名の部門が、気候変動との戦いを加速させるために3,940億ドルもの資金を活用しようと、時間との戦いに挑んでいる。

トランプ政権からほとんど見放されていた同省の融資プログラム事務所(Loan Programs Office)は、ジョー・バイデン大統領の下で復活し、昨年の同国の画期的な気候変動法の成立を受けてより多くの資金を手にしている。しかし、バイデン大統領の任期は残り2年であり、将来の大統領がこれを優先する保証はないため、同局が革新的な低炭素技術を支援する機会は短くなる可能性がある。

融資プログラム事務所は、2021年と2022年に4件の条件付き融資または融資保証を発表したのみである。金曜日には、5件目としてネバダ州のリチウム採掘プロジェクトに7億ドルの条件付き融資を行うと発表しており、電気自動車(EV)のサポートが期待されている。しかし、同局には現在100件以上の申請があり、今後さらに多くの案件(おそらくもっと)が出てくるかもしれないと、先週ワシントンのブルームバーグ支局でのインタビューで同局の責任者ジガー・シャーは語っている。

エネルギー省のジェニファー・グランホルム長官は、「会議のたびに、就任して何日目か、あと何日残っているか、と切り出す」とシャーは言う。「つまり、やることがたくさんあるということです」。

この融資プログラム事務所は、ワシントンやエネルギー業界以外ではあまり知られていないかもしれないが、過去10数年にわたり、電力や輸送分野の軌道修正に大きな役割を担ってきた。その主な仕事は、新しい技術を生み出すことではなく、実現可能なクリーン技術を拡大することである。

2010年には、当時苦境にあったテスラ(当時は1万9,000ドルのスポーツカーの専門メーカー)に4億6,500万ドルの主要融資を行い、10年以上前には米国初の大規模太陽光発電所に資金を提供した。しかし、このオフィスは、数少ない失敗例として、オバマ政権時代にソリンドラという太陽光発電メーカーに5億3,500万ドルの融資保証を行い、すぐに破綻したことで今でもよく知られているのかもしれない。

今日でも、2030年までに排出量を少なくとも半減させるという米国の目標達成に必要な、先進原子力発電や炭素回収などのクリーン技術の商業化について、米国が最も期待している企業の一つであることは変わりない。気候変動の危機が深刻化していることもあり、早急に対応するよう圧力がかかっている。しかし、このオフィスは今、共和党が率いる下院に直面しており、下院はすでにオフィスを厳しく監視することを約束している。

バラク・オバマ前大統領の1期目でこのプログラムの最も活発な時期を監督したジョナサン・シルバーは、「オフィスは、パイプラインの構築という点では本当に良い仕事をした」と述べた。「この金額か、この金額か、それはわかりません。しかし、それは強力なプロジェクトを成し遂げることよりも重要なことなのです」。

マネー・アウト・ザ・ドア|米国融資プログラム室はクリーンテック資金調達のために数十億円を投入した。

太陽光発電のパイオニアであり、不遜な元ポッドキャスターで、一時はクリーンテック投資家でもあったシャーは、2021年にこのオフィスを引き継いだ。当時は、トランプ政権が打ち切ろうとしたため、事実上の休眠状態だった。

初期の課題は、企業に「門戸が開かれていること、私たちと一緒に仕事をするべきだということを認識してもらうこと」だったとシャーは言う。そこで、TwitterやLinkedInを活用し、ポッドキャストやカンファレンスに参加し、関心を高めていった。そして、雇用を拡大する必要もあった。昨年は、その資金力に関心が集まっただけでなく、企業が融資や融資保証を受けるために努力を惜しまないことがわかったとシャーは言う。

125件の申請のうち、3分の1は効率的に取引を完了する能力がある、と彼は言った。残りの3分の1は「集中的な指導」を必要としており、残りは融資や保証を受けるには「少し早い」状態だという。

広報担当者によると、融資プログラムオフィスは、気候変動法が成立する前は約440億ドル、現在は3,940億ドルの融資権限を有しているという。新法に関連する融資については、求める融資の種類によって、2026年9月または2028年9月に期限がある。

「米国の起業家などは行けるところまで行き、あとは我々の援助が必要だと考えているから、彼らは我々にその資金をくれたのだ」とシャーは語った。「2023年は実行の年だ」

(最終段落に引用して更新)

--Jennifer A DlouhyとSophie Caronelloの協力を得ています。

Zahra Hirji, Ari Natter. Biden’s Green Energy Bank Races to Leverage $394 Billion to Scale Cleantech

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ