孫正義氏、ビジョン・ファンドへの個人的投資で40億ドル失う
2020年11月4日(水)、横浜で開催された国際青年会議所(JCI)世界大会で基調講演を行うSBGグループ株式会社の孫正義会長兼最高経営責任者(CEO)。

孫正義氏、ビジョン・ファンドへの個人的投資で40億ドル失う

孫正義氏は、自身の報酬を増やすためにソフトバンク・グループ(SBG)で立ち上げた一連のサイド・ディールで40億ドル(約5,330億円)以上の損失を出し、テクノロジー市場の幅広い低迷が引き金となった痛手を受けている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 孫正義氏は、自身の報酬を増やすためにソフトバンク・グループ(SBG)で立ち上げた一連のサイド・ディールで40億ドル(約5,330億円)以上の損失を出し、テクノロジー市場の幅広い低迷が引き金となった痛手を受けている。

日本の億万長者は近年、SBGの一連のベンチャーキャピタルに個人的な出資をするという異例の措置を取ったが、これは会社と役員の利害が混在しているため、投資家の怒りを買うことになった。孫氏は、SBGのビジョン・ファンド2の下で設立された非上場会社の株式の17.25%、および新興企業に投資するラテンアメリカ・ファンドのユニットの17.25%を保有している。また、同社が設立した株式やデリバティブの売買を行うヘッジファンド部門「SBノーススター」の株式33%を保有していた。

6月期の開示資料によると、孫氏はビジョン・ファンド2の持分で21億ドル、南米ファンドで2億500万ドルの赤字を積み上げた。SBノーススターでの累積損失は2,746億円である。孫氏が保有するビジョン・ファンド2と南米ファンドの持分によってSBGに支払うべき金額は、前四半期に約19億ドル増加した。

ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、マービン・ロー氏は、「ビジネスリーダーが個人の経済的利益と企業の責任を混同することは、論議を呼ぶ」と指摘する。「しかし、孫氏は以前、共同投資を使って、ベンチャーキャピタルのパートナーが20%から30%の業績報酬を得るのと同様に、運用会社に経済的利益を提供したいと説明したが、マイナス面もある」

SBGの担当者は、ビジョン・ファンド2や南米ファンドに連動する孫氏の数値は、損失というより、同社への「純支払い義務(net payable)」と呼ぶ方が正確だと述べた。返済期限はなく、将来的に彼のポジションの価値が向上する可能性もある。SBノーススターについては、孫氏はすでに現金などを預けているため、残る赤字は2,228億円。創業者は「未支払いの返済義務」のうち自分の分をファンドの寿命が尽きた時に支払うことになるが、その期間は12年で、2年の延長が可能だ。

孫氏は、ビジョン・ファンド2の担保としてSBG株890万株、南米ファンドの担保としてさらにSBG株220万株を預けていると、同社は開示資料の中で述べている。この株式は、債権が決済された後に放出される。

ブルームバーグ・ビリオネア・インデックスの計算によると、孫氏の純資産は、ビジョン・ファンド2および南米ファンドへの出資による赤字を調整した後、木曜日の終値で121億ドルとなった。

SBGは先週月曜日、6月期に234億ドルの損失を計上したと発表したが、これはクーパン、センスタイム・グループ、ドアダッシュなどのポートフォリオ企業の価値低下に起因する驚異的な金額である。孫氏は、財政を立て直すために、投資をより慎重なペースで行うとともに、徹底的なコスト削減を実施することを約束した。

また、現金の調達とバランスシートの強化のため、資産の売却を進めている。SBGは、孫氏の最も価値ある資産であるアリババグループホールディングの株式の一部を売却することで、340億ドル以上の利益を計上する見込みである。また、SBGは2017年に33億ドルで買収した資産運用会社、フォートレス・インベストメント・グループの売却に向けた協議を開始したと述べた。

SBGでは報酬が長い間、問題視されてきた。日本企業は世界で最も低い役員報酬を支払っているが、これはリーダーが内部からゆっくりと出世する傾向があるためでもある。孫自身は報酬を1億円に抑えているが、CEOが1億ドル以上稼ぐのが普通である米国では、これは四捨五入される金額である。

しかし、SBGの給与は、孫氏が通信会社を世界最大の技術投資家に変身させる際に問題になった。孫氏は、新興企業の投資家が通常受けるような取引ごとの「キャリー」(利益分配)を設定していなかったため、離反者が後を絶たなかったのである。

直近では、さらに2人のマネージング・パートナーがビジョン・ファンドを去り、2020年3月以降、トップレベルの離職者は少なくとも10人となった。長年ビジョン・ファンドを率いてきたラジーブ・ミスラ氏は、自身の投資ファンドを立ち上げるため、ほとんどの肩書きと責任を手放すことになった。

報酬を上げるために、SBGは幹部が会社の活動と並行して個人的に利益を得るようなサイドディールを行うことを認めるようになった。例えばミスラ氏は、2020年にSBGのスプリントを買収した通信会社T-モバイルUSに投資するため、SBGから4億6,350万ドルを借りた。会社の提出書類によると、現在は退任した最高執行責任者のマルセロ・クラウレ氏も5億1,500万ドルを借りている。

孫氏は、自らのために取引を実行する慣行を主導した。2020年には、アマゾン・ドット・コムなどの株式を購入し、レバレッジの高いデリバティブ取引を行うために設立されたSBノーススターの3分の1の株式を取得することを明らかにした。

アナリストやファンドマネジャーは当時、この仕組みはコーポレートガバナンスの懸念につながると孫氏に苦言を呈した。孫氏は利益相反を否定し、投資の専門知識に対する報酬であると説明した。他のファンドマネージャーは手数料を徴収していると、この問題に詳しい人物は当時語っていた。孫氏は、SBGの取締役会は、自分が退席した投票において、この構造をクリアしたと付け加えたと、その人物は語った。

孫氏の専門知識は、それ以来うまく働いていない。彼は、世界の新興企業を支援するというアイデアで、1,000億ドルのオリジナル・ビジョン・ファンドを発表し、その後、より小規模のビジョン・ファンド2を発表した。しかし、駆け出し企業への前例のない賭けは、ウィーワークのような失策で裏目に出てしまい、その後、バリュエーションが急激に悪化した。

ビジョン・ファンド2は第2四半期に1兆3,200億円の未実現評価損を計上したが、これはウィーワークとオートストアの下落が主因である。南米ファンドは3,250億円の損失となった。

ビジョン・ファンド2と南米ファンドにおける孫氏の持分は、17.25%の出資に対して現金を前払いしない仕組みになっている。孫氏は返済まで「未払い株式取得額」の3%を支払う義務があり、その利息が負債に包まれている。

「投資会社の損失は痛いが(誰も10億ドルを失いたくない)、彼のSBG株の評価損ほどではない」とSmartKarmaで出版しているRedex Researchのカーク・ブードリー氏は言う。「これは220億ドルの下落だ」

今週の決算後の記者会見で、孫氏は沈痛な面持ちで、会社の過ちの責任は自分にあると語った。

「我々は本当にできると信じていたし、頭を働かせていた」と孫氏は言った。「もちろん、市場は悪かったし、戦争もあったし、コロナウイルスもあった。もちろん、市場も悪かったし、戦争もあったし、コロナウイルスもあった。いろいろな理由を挙げることはできるが、それはすべて言い訳に過ぎない。もっと選別して、ちゃんと投資していれば、こんなことにはならなかったと反省している」

-- 取材協力:Mayumi Negishi

Min Jeong Lee, Pei Yi Mak. Masayoshi Son Is Now Down $4 Billion on His SoftBank Side Deals.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ