致命的な大洪水が世界同時多発
8月9日、韓国・金浦の交差点で浸水した道路を渡る歩行者。SeongJoon Cho/Bloomberg

致命的な大洪水が世界同時多発

パキスタン、アメリカ、中国を豪雨が襲い、地球は深刻な干ばつに襲われている。この数週間、世界は致命的な洪水に見舞われ、家屋は破壊され、農地は浸水し、採掘作業は中断され、経済に壊滅的な打撃を与えている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- パキスタンで豪雨により1,000人以上の命が奪われ、約50万人が救援キャンプに避難している。ミシシッピ州では先週、大規模な洪水が発生し、首都ジャクソンの約15万人の住民が清潔な飲料水を確保できない状態に陥っている。ソウルの地下鉄駅には滝のような雨が流れ込み、道路は川と化した。この100年以上の間で最悪の暴風雨の一つである。

この数週間、世界は致命的な洪水に見舞われ、家屋は破壊され、農地は浸水し、採掘作業は中断され、経済に壊滅的な打撃を与えている。

パキスタンだけでも、被害額は100億ドル以上と推定されている。この被害額は、同国がデフォルトを回避するために国際通貨基金から11億ドルの融資を受けることを余儀なくされた一因となった。豪雨は、インド、アメリカ南部、イギリスなど様々な地域を襲った。

逆説的だが、この豪雨は、地球が深刻な干ばつと河川の減少に悩まされているときに発生した。理屈に合わないように見えるが、大気の仕組みによって、記録的な洪水が広範な熱波や干ばつと同時に発生することが可能になっているのである。それは未知のカオスではなく、加速する気候変動の影響なのだ。

マサチューセッツ州ファルマスにあるウッドウェル気候研究センターの上級科学者、ジェニファー・フランシス氏は、「温室効果ガスの厚い毛布の下で大気と海が暖まると、水蒸気が空気中に蒸発し、雷雨、ハリケーン、ノーイースター、モンスーンの燃料となる水分がさらに多くなります」と述べている

「より激しい豪雨とより頻繁な洪水は、気候危機の明らかな痕跡である」と彼女は言った。

干ばつと洪水はどう関係しているのか?

干ばつと洪水は関連している。空気中の水分がある地域から流されると、他の地域に降り注ぐからだ。

また、長引くラニーニャ現象も世界的な洪水や干ばつを引き起こす一因となっている。ラニーニャ現象は、太平洋赤道域の気温が下がるときに起こり、世界中の気象パターンを混乱させる。インドネシアでは雨が多くなり、ヤシ農園が水浸しになることもあれば、アメリカ南部やカリフォルニアでは乾燥して綿花やワイン用のブドウが傷むこともある。

最大の要因は気候変動である。カリフォルニア大学ロサンゼルス校の気候科学者ダニエル・スウェイン氏は、地球の気温が上昇しているため、より多くの水蒸気を保持することができるようになったという。気温が1度上昇するごとに、その容量は約7%増加する。米国国立環境情報センターによると、2022年1月から7月までの期間は、143年前からの記録で、地球にとって6番目に暖かい暦年の始まりとなった。

スウェイン氏は、大気が高温になることで、水の蒸発量が増えることも付け加えた。

「同じ過程で、大気は巨大なスポンジのように作用し、地形からさらに水を抽出する性質も高まる」とスウェイン氏。「これは、異常降水量の増加に対する影響ほど認識されていませんが、それでも非常に重要です。気候変動による土壌乾燥の増加や、干ばつや山火事の深刻さに対する地球温暖化の影響を大きく説明します」

8月23日、テキサス州ダラスで発生した大雨による洪水後のトリニティ川。Shelby Tauber/Bloomberg

中国の四川省を例にとってみよう。ほんの数週間前まで、この地域は歴史的な干ばつに見舞われ、大規模な電力不足が発生し、トヨタを含む企業のビジネスに支障をきたしていた。そして今、この国で最も人口の多い南西部の省が洪水に襲われている。11万9,000人以上が避難し、当局は安全対策として60の石炭事業を含む300以上の鉱山に労働者の撤退を求めている。

コロラド州では最近、首都デンバーで連日記録的な降雨があったが、米国西部を襲っている長引く干ばつによる深い影響は、降雨では解消されない。しかし、鉄砲水を引き起こし、飛行機を欠航させ、家屋、財産、生命を危険にさらすには十分な雨量である。ニューメキシコ州では、最近、国立公園で約200人が豪雨のために数時間閉じ込められた。

オーストラリアの一部を含む他の地域では、豪雨のパターンがより広く変化している。2022年の初めには、大陸の南東部で絶え間なく続く暴風雨が大規模な洪水を引き起こした。オーストラリア気象局は、3ヶ月の見通しの中で、さらなる洪水が待ち構えていると予測している。

「湿った土壌、高い河川、満杯のダム、そして春には平均以上の降雨が予想されることから、オーストラリア東部には洪水のリスクが残っている」と同局は声明で述べている。

パキスタンでは、大気中の余分な水分が、毎年のモンスーンに力を与えた。ウッドウェル気候研究センターのフランシス氏は、「このことは、地域の氷河の急速な融解と相まって、悪い洪水をさらに悪化させた」と述べた。

「さらに、インフラや住宅が氾濫原に侵入し、洪水災害を引き起こすことになったのです」

もちろん、洪水は文明が始まって以来、影響を及ぼしてきた。全米環境情報センターによると、1980年以降、米国では36の大洪水が発生し、全米で1737億ドルの被害が出たという。しかし現在では、極端な現象がより頻繁に発生し、その威力も増している。

「化石燃料の燃焼と森林の伐採によって厚くなった温室効果ガスという根本的な病気を治療しない限り、このような現象はより頻繁に起こるでしょう」とフランシス氏は述べた。洪水は「より激しく、より長く続き、普段は洪水と無縁の地域にも影響を与えるだろう」

Brian K Sullivan. Deadly Floods Are Wreaking Global Havoc.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ