北京のコロナ感染者数は週末に倍増
北京での抗議活動で、ロウソクと白紙の看板を掲げるデモ参加者。Source: Bloomberg

北京のコロナ感染者数は週末に倍増

中国首都のコロナ感染者は週末にほぼ倍増した後、依然として高止まりしており、政府の強硬な封鎖体制への反発が街頭で爆発している。北京市民が移動するのを防ぐため、当局が様々な制限を設ける中、この感染拡大が続いている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 中国首都のコロナ感染者は週末にほぼ倍増した後、依然として高止まりしており、政府の強硬な封鎖体制への反発が街頭で爆発している。

北京では、日曜日の新規感染者数が3,860人となり、前日の4,245人を下回った。ブルームバーグ・ニュースの集計によると、患者数は2週間前の400人余りから、金曜日には2,576人に膨れ上がっている。

北京市民が移動するのを防ぐため、当局が様々な制限を設ける中、この感染拡大が続いている。中国の政治の中心地である北京では、特に現在の不穏な動きを考えると、完全な封鎖が行われるかもしれないという懸念があり、不安が広がっている。

北京の住民は、金曜日に、中国のすべての感染者のための規則である強制隔離に入ることを要求する当局に反抗しているところを撮影された。このウイルス対策に対する抗議は、土曜日と日曜日にかけて全国的に雪だるま式に広がり、上海の街頭や南京の大学キャンパスから、北西部の新疆ウイグル自治区までデモ隊が集結した。昨夜は北京でも抗議デモが行われた。

11月25日、北京で閉鎖された会社の前を歩く防疫担当者。

新疆ウイグル自治区は、木曜日に首都ウルムチで発生した火災で、ウイルス規制が救助活動を妨げたと非難され、不満の引き金となった。

中国全土で記録的な感染者数となっているため、当局は、2週間前に北京から渡された20項目のプレイブックに記載された、より的を絞った規制を展開することは不可能に近い状態となっている。その代わりに、当局は静かに、より密かに封鎖を行い、症例を追跡するために人々の集団検査を続けている。現在、中国で最も急速に感染が拡大しているのは、北京市、重慶市、吉林省である。

中国全土で、南部のテクノロジー中心地である深センから北部の北京まで、地方当局は感染者を抑制するためにさまざまな制限を設けて対応している。共産党の機関紙である人民日報は、月曜日の一面解説で、ウイルスの蔓延を迅速に抑制するために、最新のコロナ政策をより効果的に実施するよう呼びかけている。

中国の公式発表では、有症状者と無症状者のコロナ患者を別々に報告しているため、症状が出た後に再分類されると、数字が膨らんでしまう可能性がある。ブルームバーグの集計では、症状に関係なく現地のすべての患者をカウントしているため、二重カウントの問題が解消されている。

深センの保健当局は日曜日、感染者が増え続けているため、公共の場での制限を強化した。レストランでは収容人数の50%以下に制限するよう命じられ、映画館、図書館、アートギャラリーなども制限の対象となった。

日曜日に新たに144人の地元でのコロナ感染が報告された上海では、11月29日からレストラン、バー、モール、スーパーマーケット、美容院などに入る前に、過去48時間以内のPCR検査で陰性であることが必要とされている。

Appleの最大のiPhone製造拠点がある鄭州では、金曜日に5日間の閉鎖が始まった。「iPhone City」として知られる工場で働く数百人の労働者が警備員と衝突し、厳しい規制の下で約1カ月が経過し緊張が高まったため、この命令が下された。

Emma O'Brien. Beijing Covid Cases Remain Elevated After Doubling Over Weekend

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ