中国、日本を「利己的」と非難 台湾付近の広大な海域を主張
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

中国、日本を「利己的」と非難 台湾付近の広大な海域を主張

中国は、日本がフランスより広い太平洋の領域を「利己的」に主張していると非難し、アジアの2大経済大国の間の長年の領土争いを再燃させた。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 中国は、日本がフランスより広い太平洋の領域を「利己的」に主張していると非難し、アジアの2大経済大国の間の長年の領土争いを再燃させた。

日本は長い間、台湾とグアムのほぼ中間にある沖ノ鳥島を最南端の島と主張してきた。中国は、沖ノ鳥は単なる岩礁であり、半径200海里の排他的経済水域や大陸棚など、国際法上、島に適用される利益を日本に与えるものではないとしている。

中国外務省の趙立堅報道官は火曜日、「日本は利己的な利益を追求するために、小さな岩礁に基づく約70万平方キロメートルの管轄水域を違法に主張している」と述べ、これは「国際社会の全体利益を損なうものである」と付け加えた。

沖ノ鳥島|中国は日本が太平洋の小さな無人の露頭を主張しているとして非難した。
沖ノ鳥島|中国は日本が太平洋の小さな無人の露頭を主張しているとして非難した。

無人島は低地の岩で構成され、日本によってコンクリートで補強されている。これは、中国が南シナ海で行っている同様の、しかしより野心的なプロジェクトの先駆けである。

沖ノ鳥を管理する東京都は、関連する排他的経済水域は42万平方キロメートル(16万2千平方マイル)に及び、日本の国土よりも広いと発表している。

日本の主張が認められれば、この海域での中国の海軍活動を制約する可能性がある。産経新聞によれば、北京は周辺海域の調査を強化し、その学者は最近、日本の分析に異議を唱える多くの報告書を発表したとのことである。

国際戦略研究所の上級研究員であるユアン・グラハム氏は、沖ノ鳥島周辺海域における日本の主張を「笑止千万」だと言った。

「明らかに、日本は困らせたい国を困らせるものを選んでいる。南シナ海でやっていることは、明らかにダブルスタンダードだ」と、彼は付け加えた。

国連海洋法条約(UNCLOS)によると、人間の居住や経済活動を維持できない岩は、排他的経済水域や大陸棚を持つ資格がない。人工島はUNCLOS上、それ自体の領海を持たない。

国際法廷は2016年、人工島に由来する領有権主張を通じて、南シナ海の支配権を主張する中国自身の努力は、国連海洋法に基づく法的権利を超えているとの判決を下した。中国は手続き上の理由でこの判決を受け入れなかった。

松野博一官房長官は5月30日、沖ノ鳥島に関する中国の科学的報告についての質問に対し、大陸棚の限界に関する国連委員会への日本の2008年の申請は十分な科学的証拠に基づくものであったと述べた。韓国と台湾も日本の主張に異議を唱えている。

Isabel Reynolds. China Blasts ‘Selfish’ Japan for Claiming Vast Area of Pacific Near Taiwan.

© 2022 Bloomberg L.P.