シンガポールに流入した中国人富裕層、地元経済に恩恵をもたらさず

2019年に中国の超富裕層が一斉にシンガポールに移住し始めたとき、投資会社は数十億の新しい資金を運用するチャンスに唾を飲んだものである。今のところ、それは全く起こっていない。

シンガポールに流入した中国人富裕層、地元経済に恩恵をもたらさず
"Ten Square”:シンガポールの名所である高級車の自動販売機。Photographer: Edwin Koo/Bloomberg

(ブルームバーグ) -- 2019年に中国の超富裕層が一斉にシンガポールに移住し始めたとき、投資会社は数十億の新しい資金を運用するチャンスに唾を飲んだものである。今のところ、それは全く起こっていない。

ヘッジファンド、銀行、プライベート・エクイティ・ファームによると、シンガポールの中国人大物との最近の会合で、基本的なカストディアン取引以上のビジネスがもたらされたことはほとんどなく、新参者が豪邸、高級車、ゴルフクラブの会員権に贅沢をしているにもかかわらず、である。

シンガポール最大のヘッジファンドのある幹部は、「大きなゼロ」と表現した。また、10人以上の取材に応じた別のマネーマネージャーは、数少ない問い合わせのうち、新たな運用資金を得るに至ったものはないと述べた。この2人は、プライベートなことなので、名前を明かさないことにしている。

パートナーズ・キャピタル・インベストメント・グループのアジア太平洋地域担当共同責任者であるエマニュエル・ピッツィリス氏は、「投資家はスーツケースに大量の現金を詰めてやってくるわけではない」と述べ、「新規参入者はすでにグローバルな投資を行っているため、国内に流入した現金が自動的に現地の資本市場に展開されることはない」とも述べた。

中国の超富裕層からの新規ビジネスが相対的にわずかであることは、国会議員が政府に回答を求める中で、話題となり、社会の不和の前兆となる可能性がある。ファミリーオフィス誘致のために免税制度が変更された際、新たな資金が投資を促進し、雇用の波を起こすというのが売り文句の一つだった。その代わり、シンガポールではマンションから自動車に至るまで、あらゆるものの価格が上昇している。

確かに、多くの資金が流入し、市内の銀行にあるファミリーオフィスの資産は増加傾向にある。しかし、資金運用担当者によると、こうしたファンドやプライベート・エクイティに投資されるマネーから、大量の雇用を創出するのに必要な高額な手数料を得られることはほとんどないそうだ。

ナティクシスによれば、中国からの資金流出が少なくとも年間1,500億ドルに達しているにもかかわらず、金融機関の幹部は消極的な理由として、主に2つの理由を挙げている。シンガポールや東南アジアの資本市場は、中国や香港の基準からすると小さなものであり、大企業がほとんど知らないアドバイザーに安心感を抱くには時間がかかるのである。

シンガポールの富|シンガポールでは、コンドミニアムから自動車に至るまで、ほとんどの場合、価格が上昇してい 。写真家 エドウィン・クー/ブルームバーグ

ピッツィリス氏は、新規参入組はグローバルなアロケーションを実施しており、この地域は潜在的な落とし穴に満ちた新しい馴染みのない市場であると述べた。一般にアジアの顧客は、アドバイザーやデータプロバイダーなどのエコシステムがある米国と比較して、マネーマネージャーを信頼するまでに時間がかかるという。

ファミリーオフィス、基金、その他の投資家のために480億ドルを運用するピッツィリス氏は、「場所を変えたからといって、突然、他のすべてや投資を変更するわけではない」と述べている。

流動性の低さ

一方、香港の証券取引所は、ニューヨークや香港のような流動性や知名度がない。ブルームバーグがまとめたデータによると、香港の株式市場総額はシンガポールの10倍以上であり、1日の取引額はライバルであるシンガポールを圧倒している。しかし、中国やシリコンバレーに比べれば、東南アジアのプライベート・エクイティやベンチャー・キャピタルは、まだまだ小さな存在だ。

ピッツィリス氏は、Bain & Co.のレポートを引用して、「2021年のベトナム全土のプライベートエクイティ投資額は数十億ドルでした」と述べている。「これは、いくつかのファミリーオフィスと同じ規模です」。

中国の大物が拠点を構え、他のことに多額の資金を費やしている証拠がたくさんあることを考えると、限られた投資額は驚きだ。

シンガポール金融庁は昨年、2021年末の時点で約700のファミリーオフィスが存在すると推定した。業界の専門家によると、現在の推定は1,400件程度で、サービスプロバイダーによると、中国本土の人々が成長の最大の原動力になっている。ターマン・シャンムガラトナム・シンガポール上級大臣兼社会政策担当調整大臣によると、税制優遇措置を申請し、承認が保留されている単一のファミリーオフィスのバックログだけでも約200件に上るという。

中国の富の兆候は、シンガポールで簡単に見つけることができる。市内の歴史的な白黒のバンガローの多くは、ワインやウィスキーの愛好家向けのプライベートバーに新しく改装され、中国の億万長者の間で人気があるそうだ。仲介業者のSingolf Services Pte.Ltd.によると、高級ゴルフクラブSentosa Golf Clubの外国人向けゴルフ会員権の価格は、昨年、中国人会員の増加により84万シンガポールドル(63万円)に急騰したという。

国内の不動産市場は、世界的な不況にもかかわらず、新規参入者が高級コンドミニアムを購入し、12四半期連続で価格を上昇させた。2022年第4四半期の高級住宅地賃料は前年同期比28%増となり、ニューヨークを抜いて上昇率1位となった。2月の小売売上高は約13%急増し、自動車の免許料は約90,000ドルという新記録を更新している。

シンガポール、賃貸料の伸びでニューヨークを上回る|ニューヨークは年間ランキングで2位を占める

NUSビジネススクールで不動産学を教えるシン・ティエン・フー教授は、「街の味覚も変わりつつある」と指摘する。四川省の火鍋や、北京で好まれるスパイシーな羊肉の串焼きを提供するレストランが増え、来客に対応している。レストラン「Chef China Hua Chu」の訪問者は、中国の国旗を持った黒装束の宇宙飛行士に歓迎されている。

シンは2020年に共同執筆した論文で、消費力の高い中国の外国人バイヤーが「目立つ消費」やペントハウスマンションのような目に見える高級感のある物件を好む傾向があることを示した。彼の研究によると、彼らはまた、セントーサ島のような場所に自分たちの飛び地やソーシャルネットワークを作ることを好み、外国人が非市民のマンション購入を防ぐ規則の例外として認められることが多いのだそうだ。

「この傾向は止められません。ますます多くの外国人がシンガポールを住みやすい国だと感じるようになり、移住を希望するようになるでしょうし、政府も人材を集めようとしています。しかし、その感情を適切に管理しなければなりません」

しかし、この中国マネーの洪水は、金融サービス部門にはそれほど貢献していない。この7カ月間、野党や与党の人民行動党の政治家たちは、富の急増が所得格差に影響を与えるのか、移民の富裕層は地元でどんな投資をしているのか、中国人非居住者が不動産価格や家賃にどんな影響を与えたのか、もっと詳しく教えてほしいと政府に求めてきた。

政府はこれに注目した。ゴールドマン・サックス・グループの元銀行員であるアルビン・タン貿易産業大臣は、10月に国会で、投資と交流を促進するため、各省庁が「ディール・フライデー」セッションを立ち上げたことを明らかにした。シンガポールは、高級不動産や高級車の価格が高騰する中、富裕層を海外に流出させることなく、より多くの富を得るために、贅沢税を増税した。

経済開発委員会によると、2011年から2022年の間に、ソフトウェアエンジニア、研究者、広報などさまざまな職種で24,699人の雇用が創出されたという。また、開発局の広報担当者によると、ファミリーオフィスは、外部の金融、税務、法律の専門家を通じて間接的に雇用を生み出しているという。

シンガポールは1年前にも、免税を求めるファミリーオフィスの条件を変更し、より高い最低資産管理基準と国内投資要件を導入しています。先月には、グローバル・インベスター・プログラムの申請者の雇用と投資の基準値を引き上げたばかりだ。このプログラムは、申請そのものに成功の保証はないが、ドイツ銀行の政府口座に1万シンガポールドルを送金する必要があるほどの金持ちが市民権を得るための道である。2022年までの3年間で、約200人の申請者がこのプログラムを通じて永住権を獲得している。

宇宙飛行士が、Chef China Hua Chuのレストランを訪れる人々を迎えている。Edwin Koo/Bloomberg

しかし、資本主義は狡猾である。あるファミリーオフィスの幹部は、ファンドの購入を海外の銀行ではなく、スイスの銀行の現地ライセンス部門に予約することで、より高い現地支出要件を満たすことを目指すと語った。このようなシフトは、2021年に5.4兆シンガポールドルに達したこの業界の資産を増やすかもしれないが、雇用を増やすことはできない。

中国の富裕層から預金を集める地方銀行でさえ、取引や信用貸付から得られる高い利益を享受できないかもしれない。Oversea-Chinese Banking Corp.、United Overseas Bank Ltd.、DBS Group Holdings Ltd.はいずれも第4四半期に富裕層の資金運用による手数料の減少を計上した。DBSの最高経営責任者が、過去数四半期にシンガポールで新たに開設されたファミリーオフィスのほぼ半分を同銀行が開設したと述べた後でも、このような結果となった。

慈善活動はシンガポール人の憤りを和らげるもう一つの方法だが、地元の慈善団体の中には、中国人富裕層の移民の波から限られた支援しか受けていないと言う人もいる。

2022年後半までNational Volunteer and Philanthropy CentreのCEOを務めていたMelissa Kweeは、シンガポールの富豪の一族であった自身の経験から、シンガポールの富豪に還元することを奨励していた。彼女は、シンガポールの裕福な移民は、慈善事業や中小企業のためにもっと努力すべきだと言う。

「社会的不平等の裏返しである社会的結束は、私たちの国家的課題の1つです」と、家族で地域内のホテルや商業施設を経営するKweeは言う。「シンガポールを利用するためだけにやってくる外国人に対する疑念や憤りは、目立つ消費のために人々の口に苦い味を残すのです」。

高級感あふれるセントーサ・ゴルフクラブ。フォトグラファー Lionel Ng/Getty Images AsiaPac

Kweeは、最近移住してきた中国人に慈善活動やボランティア活動を奨励することは、彼らが新しい故郷とのつながりを感じるための鍵になると考えている。また、マネーマネージャーへの投資だけでなく、海外進出を目指す地元企業との提携も考えられるという。富裕層向けの招待制のプラットフォームであるアジア・フィランソロピー・サークルは、中国人の寄付者を取り込むためのサブグループを立ち上げ、アジア・ベンチャー・フィランソロピー・ネットワークは頻繁にイベントを開催している。

Crossinvest (Asia) Pteの最高執行責任者であるルーシー・W・ガオアザックは、ファミリーオフィスの設立、親族のシンガポールへの移住、シンガポールでの生活などの努力によって、時間の経過とともに現地での投資が増えるだろうと述べた。 しかし、彼女は、それが一部の人々が期待していたような津波にはならないと警告する。

「中国の投資家にとって、ホームマーケットになることはなく、彼らは常に慣れ親しんだものに投資する」と彼女は言う。「投資家は、地域的な偏りのために、リターンのパフォーマンスを犠牲にしたり、妥協したりすることはほとんどありません」

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)