香港とシンガポールの戦い 駐在員にとって最適な都市は?
2021年8月18日水曜日、中国・香港のセントラル(中環)地区で、ランチタイムに道路を横断する人々。 Paul Yeung/Bloomberg

香港とシンガポールの戦い 駐在員にとって最適な都市は?

グローバルなビジネス人材を引き寄せるための香港とシンガポールの戦いは激しい。香港は中国による異論への徹底的な締め付けによって変貌し、シンガポールは不平等への不安が高まり、政治が変化している。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- この世界には変わらないものがある。グローバルなビジネス人材を引き寄せるための香港とシンガポールの戦いは、まさにその1つかもしれない。

ブルームバーグが香港とシンガポールのどちらに住み、働くかを検討する駐在員向けのガイドを初めて作成してから5年、この長年のライバル関係の主要因をあらためて見てみることにする。

激動の時代であった。コロナウイルス感染症の大流行により、仕事、旅行、医療に関する期待はあらゆるところで大きく変わった。香港は中国による異論への徹底的な締め付けによって変貌し、シンガポールは不平等への不安が高まり、政治が変化している。そして、世界経済が減速する可能性もある。

1.1 どのくらい稼げるか?

香港の金融関連のトップ職の給与はシンガポールのそれと比べて長い間割高だったが、この5年間でその差は劇的に広がっている。

人材紹介会社のロバート・ウォルターズが2022年に行った調査からブルームバーグがまとめたデータによると、ディレクターやチーフオフィサー級の職種の賃金は香港の方が60%以上高い。2017年では、その差は約25%だった。

この変化の背景には、香港が厳しいコビド政策や国家安全保障法の影響を受け、人材の確保に苦慮していることがある。

ロバート・ウォルターズの中国南部・香港金融サービス地域ディレクターのジョン・マラリーは、「香港の金融サービス候補者層は縮小している」と指摘する。「香港の金融サービスの候補者層は縮小している」

しかし、香港に残った外国人は、その結果、転職時に高額の昇給を要求できるかもしれないと、マラリーは言う。

大金の小切手|香港の多くの上級職の給与はシンガポールのそれを上回っている

ロバート・ウォルターズのシニアマネジャーでシンガポールを拠点とするグレン・チュアは、シンガポールではホワイトカラーに対するビザの規制が強化されているにもかかわらず、雇用が加速していると指摘する。

また、両都市とも所得税は比較的低いままである。シンガポールの場合、最初の23万ドル以上の所得に対する最高税率は22%である。(香港の最高税率は17%である)

2. 2.いくらかかるの?

香港を選択する労働者は、そのもっと稼ぐ必要がある。ECAインターナショナルの調査結果によると、香港は2年連続で駐在員にとって世界で最も物価の高い都市となった。2017年のランキングでは2位だった。

金融の中心地でのコーヒー1杯は約5.20ドル、牛乳1リットルは約4.40ドルだ。

最高位に君臨|香港は世界一物価の高い都市としての地位を維持

シンガポールでは今年、光熱費やガソリンなどの物価が上昇したが、通貨安の影響でECAランキングでは13位にとどまっていると、ECAアジア地域ディレクターのリー・クエインは述べている。香港ドルの対米ドル固定は、現地通貨の購買力を維持することでインフレ抑制に役立っている。

ジュリアス・ベア・グループの2022年版「世界の富とライフスタイル」レポートによると、シンガポールでは宝石、スーツ、ワインなどの贅沢品にはもっとお金がかかると覚悟しておいたほうがいい。東南アジアの国にはミシュランの星付きレストランが48軒しかないが、香港には71軒ある。

3. 3.不動産の値段は?

両都市の外国人居住者は、購入するよりも賃貸する傾向がある。いずれにせよ、住宅は多くの人にとって最大の生活費であることに変わりはない。

シンガポールが再開発され、駐在員が戻ってくるにつれ、賃貸価格は、特にビジネス街の中心部では、物価の高いことで知られる香港に追いついてきている。パンデミックによる供給の遅れも影響している。不動産テクノロジー企業のPropertyGuru Group Ltd.のレポートによると、個人住宅の価格が急騰している。

シンガポール急騰|高級賃貸住宅の平均賃料は今年に入ってから40%も上昇

PropertyGuruのデータによると、シンガポール中心部の700平方フィートの家具付きアパートは、1ヶ月約3,500ドルからとなっている。香港の不動産サイトSquarefoot.com.hkによると、同じような物件は月に少なくとも4,000ドルはかかるという。

しかし、購入を考えているのであれば、その差はもっと大きくなる。PropertyGuruによると、シンガポールの一等地にある3ベッドルームの住宅は約430万ドルだそうだ。世界一高い住宅市場として知られる香港の場合、Squarefootによると、同じような物件でも1,050万ドル程度になる。

4. ビジネスと投資に最適な都市は?

ビジネスや資産形成の場としては、5年前はシンガポールが香港を圧倒している。

フィッチ・ソリューションズの11月のレポートによると、東南アジアの金融ハブであるシンガポールのビジネス環境リスクは世界で最も低く、次いでスイス、香港の順となっている。

シンガポールのベンチマークとなる株価指数は、過去5年間、香港よりも変動が少なく、2020年3月のパンデミック発生時を除いて、小幅な上昇と下落の間を揺れ動いている。ストレーツタイムズ指数は2017年以降約4%下落しているが、香港のハンセン指数は2022年に6%以上下落するなど、同期間に15%近く暴落している。

離れた世界|シンガポール株は現在の暴落で香港より回復力がある

Jones Lang LaSalle Inc.が発表した最新のデータによると、香港のオフィス賃貸料の伸びと平均月額賃料は今年これまで停滞している一方、シンガポールのビジネス中心地区では3月31日までの3四半期で賃貸料の伸びが加速している。テクノロジー、消費者、非銀行金融サービス部門のテナントが、今年に入ってから需要をリードしている。

さらに、Jones Lang LaSalleは、シンガポールのオフィス市場は、オフィス回帰の機運と国際国境の再開から引き続き恩恵を受けると予想している。

5. 自動車を所有するといくらかかるか?

ガソリンを使う人は要注意だ。シンガポールは車を所有するのに世界で最もお金がかかる国のひとつで、オープンカテゴリーの自動車所有許可証の価格は6月に過去最高の75,000ドルにまで跳ね上がりた。

高価な許可証|シンガポールでの自動車所有許可証は過去最高を記録した

この高価な許可証は、シンガポールで交通渋滞を減らし、公共交通機関の利用を促進するための取り組みのひとつに過ぎない。Audi A6 高級セダンは、シンガポールでは最低でも21万9,300ドルするそうだ。香港では、初度登録税と最初の5年間または10万キロメートル(62,137マイル)のメーカー保証を含めて、約63,600ドルとなる。

しかし、タクシー代は両都市ともほぼ同じで、他の主要金融都市と比較しても比較的安価だ。10キロの乗車賃はシンガポールで約10ドル、香港で約11ドル。

6. 教育・育児にかかる費用は?

インターナショナル・スクール・データベースによると、シンガポールのインターナショナル・スクールの年間学費の中央値は、昨年は約2万1,000ドルだった。これに対し、香港は約1万7,000ドル。

シンガポールでインターナショナルスクールの斡旋を行うED-SGのシニア教育コンサルタント、ブロンウィン・スモールによると、シンガポールと香港の教育の質は「同等」であり、一部の教育機関は両地域で学校を運営しているとのことだ。両都市とも、国際バカロレアの成績は世界平均を上回っている。

シンガポールでは、「過去2年間と比較すると、出願数が大幅に増加している」とスモール氏は付け加えた。「これは、(コロナで封鎖されていた)国境が開かれたことによるものだが、特に香港と上海からの出願が多い」とスモールさんは言う。

授業料|シンガポールのインターナショナルスクールの授業料は香港より高い

香港のインターナショナルスクールの空席状況は2019年から変動していると、Lee Educational Consultingの創設者であるジェイソン・リーは述べている。有名校は依然として非常に競争が激しいが、「泣く泣く生徒を増やしている」学校もあるという。

学校以外では、両都市の保育は家庭内「ヘルパー」(主に東南アジアの貧しい地域出身の女性で、料理や掃除などの家事もこなす)が提供することが多い。これらの移民労働者の給与は、シンガポールでは月約428ドルで、雇用主は仲介手数料などの追加コストを負担することもある。香港では、最低給与は月約590ドルであり、雇用主は食事または月150ドルの追加手当も支給しなければならない。

7. コロナ後の街はどの程度オープンか?

ウイルス対策は、どの場所でも比較的短期間に行われるものであり、いつでも変わる可能性があるが、現在、両都市の大きな対比の一つとなっているのが、このウイルス対策である。

シンガポールは国際国境を再開し、予防接種を受けた旅行者に対するコロナ検査や集会規模の制限など、パンデミック関連の規則のほとんどを廃止した。一方、香港では、ホテルでの検疫など、世界で最も厳しいウイルス対策がとられている。

乖離する路線|再開で復活したシンガポールの航空輸送量、見守る香港

その結果、シンガポールの空港は再び賑わいを取り戻し、今年はシャングリラ・ダイアログやF1グランプリといったイベントが開催された。

一方、香港の航空輸送量はまだ微々たるものである。Euromonitorによると、2017年に世界で最も訪問された都市は、現在49位に位置している。

--取材協力:Eric Lam、Reinie Booysen、Robert Fenner、Danny Lee、Ishika Mookerjee、Shawna Kwan.

Tassia Sipahutar, Krystal Chia. Hong Kong Versus Singapore: Which City Is Best for Expats in 2022?.