世界最大の核融合プロジェクト、部品に亀裂が生じ遅延
出典:国際熱核融合実験炉(ITER)

世界最大の核融合プロジェクト、部品に亀裂が生じ遅延

核融合が無限のクリーンエネルギーを生み出せるかどうかを証明する230億ドル規模のプロジェクトで、銀を塗った重要部品に亀裂が入り、新たな遅れとコスト超過が発生している。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 核融合が無限のクリーンエネルギーを生み出せるかどうかを証明する230億ドル規模のプロジェクトで、銀を塗った重要部品に亀裂が入り、新たな遅れとコスト超過が発生している。

フランス南部で建設中の国際熱核融合実験炉(ITER)は、欧州連合(EU)と中国、インド、日本、ロシア、韓国などの国から資金提供を受けている。この世界最大の実験は、星を輝かせる力を模倣することで、地球温暖化を遅らせるのに役立つクリーンなエネルギーを生産できることを示すことを目的としている。

しかし、ITERのピエトロ・バラバスキ新事務局長は今週、プロジェクトは潜在的に「広範な」問題に直面しており、「軽微ではない」時間と資金の新たな要件があるとメンバーたちに警告した。

このプロジェクトは、過去12ヶ月間、予期せぬ問題に悩まされてきた。パンデミックによって混乱した物流を整理し始めた矢先、モスクワのウクライナ侵攻によって、ロシア製の重要部品の供給が複雑になったのだ。5月には、長年プロジェクトに携わってきたベルナール・ビゴが死去した。後任のイタリア人技師バラバスキは、2025年の原子炉起動を妨げる問題の究明を最初の任務としている。

トカマク型原子炉の内部

問題になっているのは、SFA Engineering Corpが製造した熱シールドと、現代重工業が製造した真空容器セクターという2つの韓国製部品である。両社とも営業時間外にブルームバーグがコメントを求めたところ、回答はなかった。

ITERの報告によると、5トンの純銀で覆われ、太陽の10倍の熱を封じ込めるように設計された熱シールドには、冷却パイプに沿って亀裂が見られたという。また、自動車300台分の重さと電柱ほどの高さを持つ真空容器は、製造上のわずかな違いがあり、組み立てのための溶接工程を複雑にしているという。

これまでのところ、ITERの運営委員会はこの後退を冷静に受け止めている。今月開かれた臨時理事会では、バラバスキ理事長に来年度の予算とタイムラインを提示するよう命じられた。

ITERのスポークスマンであるラバン・コブレンツは金曜日のインタビューで、「ITER理事会で顕著だったのは、責任の所在を明らかにしなかったことだ」と述べた。「それは非常に解決志向の議論であった」

10キロ以上のパイプを取り外し、現場で再び組み立てる必要があり、エンジニアたちは目もくらむほど複雑な原子炉を組み立てる新しい方法を考え出さなければならない。ITERは欠陥が発見される前に70%近くが完成していると考えていたこのプロジェクトに、100万個以上の個別の部品を発注している。

核融合の新興企業が増殖する|密かに核融合の新興企業が49億ドルの資金を集めている

ITERの遅れは、新世代の核融合新興企業に追いつく時間を与えるだろう。ビル・ゲイツ、ジェフ・ベゾス、ピーター・ティールは、個人で核融合を追求する億万長者たちの一人である。全米科学アカデミーは今年、2035年までに発電可能な試験的核融合炉を建設する計画を加速させるよう米国に要請した。

ITERのコブレンツは、「企業はこの世界初のプロジェクトから非常に多くのことを学んでいる」と述べ、この遅延が熱意を失わせる可能性があるという指摘を否定した。「ここでの目標は、ただひとつの装置を作ることではなく、核融合発電が実現可能であることを示し、それを実現することなのです」

Jonathan Tirone. World’s Biggest Nuclear-Fusion Project Faces Delays as Component Cracks.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ