中国のVCの冬はまだ終わらないと警告するテック業界のトップディールメーカー
チャイナルネッサンス・ホールディングスの創設者であるバオ・ファン。2016年。フォトグラファー:デビッド・ポール・モリス/ブルームバーグ

中国のVCの冬はまだ終わらないと警告するテック業界のトップディールメーカー

中国の新興企業は2022年以降も投資を呼び込むのに苦労するだろう、と同国で最も成功したディールメーカーの1人が述べ、長年にわたる金融緩和で世界のハイテク企業が清算されることへの警告の声を強めている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) – 中国の新興企業は2022年以降も投資を呼び込むのに苦労するだろう、と同国で最も成功したディールメーカーの1人が述べ、長年にわたる金融緩和で世界のハイテク企業が清算されることへの警告の声を強めている。

チャイナルネッサンス・ホールディングスの創設者であるバオ・ファン氏は、香港のブルームバーグ・ニュースに対し、リミテッド・パートナーとして知られるプライベートエクイティやベンチャーキャピタルへの投資家は、資本投入の前にかなり選別するようになってきている、と述べた。アメリカ人投資家やリスク回避的な投資家が中国に冷淡になり始めたため、業界は投資家の地域やタイプに長期的な変化の兆しを見せているのかもしれない、と彼はインタビューで述べている。

「新しいファンド、特に初参加のファンドにとって、現在の状況では資金調達が非常に困難だ」と52歳の金融担当者は語った。「これがいつ終わるかは誰にもわからない」。

モルガンスタンレーとクレディスイスの元銀行員である彼は、そのことをよく知っているはずだ。彼は、Didi Global Inc.やMeituanといった大企業への初期投資家であり、2014年のJD.com Inc.の20億ドルの米国新規株式公開のブックランナーとして、過去20年にわたって中国のハイテクとVCエコシステムの脈を掴んできたのだ。昨年、彼の会社は、2019年にデビューしたUber以来最大のインターネットIPOであるKuaishou Technologyの香港上場のトップ引受先となった。

彼の短期的な見通しは、中国への投資を取り巻く冷ややかなムードに拍車をかけている。中国経済は、政府の規制、Covid-19の混乱、地政学的緊張で疲弊し、JPモルガン・チェースのアナリストは最近「投資不可能」と評したばかりだ。JPモルガンのアナリストは後にこの評価を修正した。

「結局のところ、投資とは金を儲けることだ」とバオは言う。「市場がよくなければ、投資への熱意にも影響が出るでしょう」。米国に上場している中国株のベンチマークであるナスダック・ゴールデン・ドラゴン・チャイナ・インデックスは今年、およそ20%下落した。一方、香港のハンセン指数は9%下落した。

中国での新規事業の資金調達は崖っぷちに立たされ、Alibaba Group Holding Ltd.やTencent Holdings Ltd.といった最も有名なハイテク株のパフォーマンスを反映している。業界データプロバイダーであるPreqinの推計によると、ベンチャーキャピタルとプライベートエクイティファンドは2022年の最初の4ヶ月間で30億ドルを集め、前年比90%以上の減少を記録した。

世界中の市場は、ハイテク株に対する高額の評価について痛みを伴う再考を迫られており、中国は、今年のVC取引の減少が世界的な減少のほぼ4倍のペースであることを、Preqinの数字は示している。

新たな低水準|中国にフォーカスしたベンチャーファンドは、Covid-19が登場したときよりもさらに厳しい年明けとなった。
新たな低水準|中国にフォーカスしたベンチャーファンドは、Covid-19が登場したときよりもさらに厳しい年明けとなった。

最前線の資金調達担当者として、バオは多くの米国や欧州の投資家が資金を引き揚げるのを目の当たりにしてくる。しかし同時に、中国にフォーカスしたプライベートエクイティ投資家の空白を埋めるために、新興市場の参入がますます増えていると彼は見ている。

「欧米のLPは主に財務的リターンを求めて中国に投資していますが、新興市場のLP、特に政府系ファンドは異なる使命を持っています」とバオは述べ、対外投資を通じてその国の国内経済を強化したいという願望を指摘する。

「私たちは橋渡し役として、中国のノウハウや専門知識、人材を新興市場に輸出し、新興市場のリミテッド・パートナー(LP)がデジタル経済を発展させる手助けをすることができる」と、今週ドバイを訪れているバオは語った。

チャイナルネサンスは、最新の提出書類によると、2021年12月時点で10本のプライベートエクイティファンド全体で489億元(約9,500億円)を運用している。深センに拠点を置き、ヘルスケア企業に高度な遺伝子配列解析ソリューションを提供するMGI Techなど、彼のポートフォリオ企業の中には、中東を世界進出のための発射台として利用できるものもあると、バオは述べている。

また、バオは、サプライチェーンや契約、取引に使用されるスマートな産業技術を提供する企業も支援している。例えば、高度な製造業は、東南アジアの多くの人々が関心を寄せる分野の一つだ。

新興市場の投資家と中国の新興企業を結びつけるバオの能力は、KKR & Co.やTiger Global Managementなどの競合を退け、近年は資金力のある中東の投資家に資金を提供する傾向が強まっているようだ。

バオの売り込みは、この地域の投資家の共感を呼んでいるようだ。チャイナルネッサンスによると、2022年初頭の時点で彼が運用するHuaxing Growth Capital Fund IVの総額8億ドルのうち、60%が中東を含むアジアの投資家からのもので、アメリカの投資家はわずか2%に過ぎない。

国内では、バオは、北京の長期的な技術的野心に沿ったセクターに好機を見ている。例えば、製造自動化やいわゆるディープテックなど、過去2年間の大半で世界を襲ったサプライチェーンのボトルネックを解決するのに役立つビジネスがある。北京はインターネット企業を抑制し、米国は200社以上の米国上場中国企業を追放すると脅しているように、中国市場は厄介な市場だ。

しかし、中国経済がいずれ勢いと強さを取り戻すと信じているならば、今こそ中国企業に投資する好機だとバオは言う。

「中国が投資対象外だと本気で思っていない限り、市場が醜ければ醜いほど、投資家にとって魅力的な機会が生まれるのです」と彼は述べている。

Coco Liu. Top Tech Dealmaker Warns China’s VC Winter Is Far From Over.

© 2022 Bloomberg L.P.