マンU売却、評価額1兆円を入札者が受け入れるか: Matthew Brooker

シェフィールド・ハラム大学でフットボール・ファイナンスを専門とするロブ・ウィルソンは、「従来の評価ツールは、資産の希少性、歴史、潜在的な軌道を反映していない」と指摘する。

マンU売却、評価額1兆円を入札者が受け入れるか: Matthew Brooker
Licensed under the Unsplash+ License

(ブルームバーグ・オピニオン) -- 珍しい絵画やアンティークの花瓶にはどんな価値があるのだろうか。最も単純な答えはこうだ。誰かが喜んで買うかどうかだ。美しさが見る人の目に映るものである以上、評価額の見積もりは不確実性の高い芸術となりうる。コレクターズアイテムは、時に予想の何倍もの値段で売られることがある。マンチェスター・ユナイテッドの売却を考える上で、ユニークな物体の希少価値は最良のレンズかもしれない。クラブの現在の財務状況に基づいて入札の意味を理解するのは幸運なことだ。

2005年からクラブを所有するグレイザー家は、60億ポンド(約9,600億)もの評価額を目指している。シェイク・ジャシム・ビン・ハマド・J・J・アル・タニが率いるカタールのコンソーシアムとイギリスの億万長者ジム・ラットクリフは、ともに水曜日午後9時のロンドンでの期限を前に最初の入札を行う準備をしていたと、ブルームバーグニュースが関係者の話を引用して伝えた。 英国メディアの報道によると、この締め切りは後に延長された。カタールのグループが提示した最初のオファーでは、クラブは約45億ポンドと評価された。エリオット・インベストメント・マネジメント、アレス・マネジメント・エルエルシー、オークツリー・キャピタル・グループが資金を提供する意向を示していると、ブルームバーグの報道は述べている。

これは、2008年の世界金融危機以来最悪の銀行混乱の中で行われている売却プロセスとしては、驚くべき関心度である。60億ポンドの評価額は、プレミアリーグのサッカークラブの買収としては、売上高の倍率で圧倒的に高く、2022年6月期のマンチェスター・ユナイテッドの売上高の10倍以上に相当することになる。米国の億万長者トッド・ボウリーとクリアレイクは、昨年5月、チェルシー・フットボール・クラブに売上高の約6倍を支払った。他のチームはもっと低い金額で買収されている。

60億ポンドであれば、マンチェスター・ユナイテッドはプレミアリーグの買収の中で最も高額な収益となる。

グレイザー家の提示した評価額にもかかわらず、入札者の関心が持続していることは、既存オーナーを支配下に置く少数投資ではなく、クラブ全体の取引が行われるとの確信を強めている。マンチェスター・ユナイテッドのニューヨーク証券取引所の株価は過去8回で27.5%上昇し、企業価値は51億ドルとなり、2月16日につけたピーク時の53億ドルにわずかに及ばない。それでも、オーナーが求めるとされる最低額の62億ドルにはまだ届かないが、昨年、ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)のデンバー・ブロンコスに支払われた46億5,000万ドルを軽く超え、プロスポーツチームの買収としては史上最大となる。

従来の評価指標では、60億ポンドという価格を正当化することはほぼ不可能に見える。マンチェスター・ユナイテッドは、過去5年間、収入がほとんど上がらず、3年連続で税引き前赤字を計上し、純負債は同期間に2倍以上の約7億6,300万ドルに相当する。プレミアリーグが創設されてからの20年間は圧倒的な強さを誇ったものの、近年はフィールドでの成功がほとんどない。クラブは明らかに投資を必要としており、オールド・トラフォード・スタジアムは、アブダビ出身のライバルであるマンチェスター・シティのような大金持ちのチームの新しい施設に匹敵するアップグレードや再開発が必要だと叫んでいる。このプロジェクトには12億ドル以上の費用がかかると言われている。

レッドタイド・ライジング|純負債が増加し、収入が横ばいになっているマンチェスター・ユナイテッドは、投資が必要だ。

そんな中、世界中にサポーターがいるスポーツ施設を所有するチャンスは、そうそうあるものではない。先月の声明によると、シェイク・ジャシムは生涯のファンである。マンチェスターで生まれたラトクリフも同様だ。化学会社イネオス・グループ・ホールディングスの創業者であるラトクリフは、先週のウォール・ストリート・ジャーナル紙のインタビューで、「あなたがやりたくないのは、バカ高いお金を払って物を買うことだ、その後に後悔するのだから」と語っている。しかし、少年時代の忠誠心に値段をつけることはできない。たとえラトクリフが昨年、チェルシーの買収に乗り出していたとしても、だ。

では、最終的にいくらで売れるのだろうか。シェフィールド・ハラム大学でフットボール・ファイナンスを専門とするロブ・ウィルソンは、「従来の評価ツールは、資産の希少性、歴史、潜在的な軌道を反映していない」と指摘する。彼は、クラブが60億ドルから80億ドルで売却されると見ている。その中には、負債の償却やスタジアムの再開発の費用も含まれている。

カタールのコンソーシアムもラトクリフも、クラブを買おうとする理由はもっと現実的なものである。人気のあるスポーツ資産にブランドを付けることで、魅力的でない部分から注意をそらすことができる。これは、俗に「スポーツウォッシング」と呼ばれるイメージ管理戦略である。グリーンピースは、マンチェスター・ユナイテッドの売却を「ダーティーダービー」と呼んでいるが、これは有力な入札者が化石燃料と関係しているためである。

しかし、このような評価には、経済的な理由もある。それは、サッカーが将来の収益を大幅に増加させる革命の頂点にある場合だ。拡張現実や仮想現実などの技術の進歩は、クラブがファンベースとより直接的に関わる可能性を提供する。マンチェスター・ユナイテッドは、11億人と称する比類ない世界的なファンを持ち、プレミアリーグで圧倒的に大きなデジタルフットプリントを有している。クラブは、フォロワー1人当たり年間約67セントに相当する収益をあげている。さらに67セント追加すれば、すでに年間10億ドルのビジネスとなる。それでも、ウィルソンによれば、米国のいくつかのスポーツ・フランチャイズが要求する顧客一人当たりの収益に比べれば、はるかに少ない。

プレミアリーグが誕生し、世界的な地位を確立したのは、衛星放送という通信技術の革命があったからであることを思い出してほしい。真のファンなら誰でも知っているように、低迷期でも信念を貫くことが必要なのだ。

Manchester United Looks Immune to the Banking Crisis: Matthew Brooker

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)