中国のスパイが米司法省のファーウェイ捜査の情報を盗もうとしたと米国が主張
2020年7月13日(月)、英国レディングにある同社オフィスの入り口の上に掲げられたファーウェイ・テクノロジーズのロゴマーク。Jason Alden/Bloomberg

中国のスパイが米司法省のファーウェイ捜査の情報を盗もうとしたと米国が主張

米国は、中国の情報機関職員2人がファーウェイ・テクノロジーの犯罪捜査を妨害しようとし、他の職員は「外国勢力」のために働いて技術調達やスパイの勧誘を試みていたとする告発状を公開した。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 米国は、中国の情報機関職員2人がファーウェイ・テクノロジーの犯罪捜査を妨害しようとし、他の職員は「外国勢力」のために働いて技術調達やスパイの勧誘を試みていたとする告発状を公開した。

この告発は、司法省が月曜日に発表した、中華人民共和国が行っている犯罪活動を妨害したとされる、最近公表された一連の事件の一部だ。

「中国政府は、米国内の個人の権利と自由を妨害し、それらの権利を保護する我々の司法制度を弱体化させようとした」と、メリック・ガーランド司法長官はワシントンで記者団に述べた。「彼らは成功しなかった」

米連邦捜査局(FBI)のクリス・レイ長官によると、起訴された13人のうち10人は中国情報機関の人間だという。

リサ・モナコ司法副長官は、「ある通信会社」に対する米国の捜査妨害の疑いに関わるこの事件は、中国政府とその企業とのつながりを露呈するものだと付け加えた。モナコ氏は、この通信事業者が米国の捜査を妨害するために「不法に優位に立とうとした」と述べ、中国企業が米国人の個人情報の取り扱いを信頼すべきではない理由を示していると述べた。

月曜日に公開された訴状の中で、米国はGuochun HeとZheng Wangが中国政府に代わって、2019年から現在に至るまで、米国を標的に会社の利益のために働いていたと主張している。この問題に詳しい人物は、それがファーウェイであることを確認した。

ビットコインで6万1,000ドル支払う

米国は、HeとWangが法執行機関の従業員を買収し、目撃者や証拠、技術大手に対する追加告訴の可能性に関する機密情報だと思われるものを提供させたと主張している。刑事訴状によると、彼は従業員にビットコインで6万1,000ドルを支払った。

別の訴訟では、4人が外国政府の違法な代理人として行動するための共謀の罪でニュージャージー州の連邦裁判所に起訴された。この共謀は、中国の諜報員が学者を装って米国の法執行機関の職員などを勧誘し、米国向けの指紋技術や機器の調達に協力するよう求めたとされる。また、裁判所提出書類によると、彼らはある元政府関係者に圧力をかけ、2008年のオリンピック聖火ルート沿いの米国での抗議活動を止めさせたとされている。

さらに司法省は、先週ニューヨーク東部地区で公開された起訴状で、中国出身の7人が、米国に住む中国人を帰国させる目的で嫌がらせをした共謀の罪で起訴されたと発表した。これらの行為は、「フォックスハント(狐狩り)作戦」と呼ばれる、他国に住む逃亡容疑者の送還を強制する中国による取り組みの一環であるとされている。

ファーウェイの捜査に関わる事件では、訴状には、HeとWangと、連邦捜査局の監督下で二重スパイとして働く米国政府職員との間の会話が記載されている。彼らは、特定されていない暗号化されたメッセージング・プログラムを使っていた。

金銭的な困難

2019年1月のメッセージで、この職員はHeに 「財政難」であることを告げた。訴状によると、彼は「私に何かできることがないか考えてみよう」と答えたという。

その後、2020年2月、米国がファーウェイに対する既存の訴訟に新たな容疑を加えたとき、彼は「そして、昨日、米国司法省が(ファーウェイを)狙うためだけの新しい訴訟を起こしたのを知っているだろう、司法省で働くあなたの同窓生とこの件について話すことができるか?」と書き込んだ。「証拠、次の対策、連絡...、この件に関して何でもいい。よろしくお願いします」

政府は、HeとWangが最初に名前を明かされていない法執行機関の職員との関係を育てたのは、その職員がFBIで働き始める前の2007年2月だったと主張している。

米連邦地裁判事は2日、中国籍のHeとWangを公務執行妨害とマネーロンダリングの容疑で逮捕する令状を承認した。彼らの現在地は不明だ。

米検察は2019年、ファーウェイがT-Mobile USA Inc.から企業秘密を盗み、イランとの取引に対する制裁措置に違反して銀行詐欺を行ったとして起訴した。米国は翌年、事件を拡大し、恐喝謀議罪を追加した。

ファーウェイの広報担当者であるマイク・ホンは、米国の同社に対する捜査に関連する新たな容疑について、すぐにはコメントしなかった。

起訴を妨害しようとした疑惑は2021年10月にエスカレートし、HeとWangは法執行機関の従業員に、ブルックリンで行われた米国チームとの起訴戦略会議の詳細を渡すよう指示したと米国は主張している。この従業員はHeに「SECRET(秘密)」と書かれた1ページの偽の文書を渡し、中国に居住する同社のトップ2人を起訴する計画の可能性について議論した。訴状によると、彼はその1ページのために4万1,000ドルを支払ったという。

先月にも、HeとWangは従業員に1万4,000ドルと600ドル相当の宝石を機密情報の対価として渡したとされている。

この事件は、US v. Guochun He and Zheng Wang, 22-mj-1137, US District Court, Eastern District of New York (Brooklyn)である。

-- 協力:Chris Dolmetsch、Erik Larson、Ava Benny-Morrison。

Bob Van Voris, Chris Strohm. Huawei Investigation Was Targeted by Chinese Spies, US Alleges.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ