習近平の9,200億ドルの「ベンチャーキャピタル産業政策」には暗黒面がある - Shuli Ren
台湾訪問を前に、Chips and Science Actの成立を祝うナンシー・ペロシ。Drew Angerer/Getty Images North America

習近平の9,200億ドルの「ベンチャーキャピタル産業政策」には暗黒面がある - Shuli Ren

中国の国家主導の産業モデルを深く掘り下げると、中国はいくつかの戦略的技術で競合他社をリードしてきた。しかし、成功の裏には、無駄遣い、約束違反、汚職、資本の誤用といった多くの物語がある。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- 中国の産業政策には太平洋を越えてファンがいるようだ。米国の2,800億ドルのCHIPS法(Chips and Science Act)は、主要産業を支援するための北京の支出にバイデン政権が直接対応したものである。しかし、インテルやマイクロン・テクノロジーが米国政府の支援の一片をめぐって争うように、公的資金に依存することの危険性が中国の半導体産業に衝撃を与えている。

ここ数日、習近平国家主席の「中国製造2025」の野望に不可欠なこの分野で、汚職捜査が幹部を巻き込んで行われている。半導体製造業への投資を目的に2014年に設立された200億ドルの国有プライベート・エクイティ・ファンドの少なくとも3人の幹部が拘束され、国の産業政策を担当する機関のトップで、約4年ぶりに懲戒捜査の対象となった現職内閣高官の肖亜慶工業情報相も拘束された。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン