中国の重要中小企業4,762社の制裁は米国自身を痛めつける
Photo by Glsun Mall on Unsplash

中国の重要中小企業4,762社の制裁は米国自身を痛めつける

中国の「小さな巨人」と呼ばれる中小企業4,762社への制裁は、米国自身を痛めつける。中国企業はグローバルバリューチェーンの隅々に組み入れられており、北京の経済戦争に対する防衛策の一つと言えるだろう。

ブルームバーグ

プーチンのウクライナへの無謀な侵攻に対し、前例のない制裁措置がロシア経済を停滞させる強力な武器となることが明らかになった。そして、中国企業をその網にかけるという脅威が、北京の同盟国への支援を抑制している。

しかし、制裁は敵対国がグローバルなサプライチェーンに組み込まれてしまうと、その効力を失ってしまう。今世紀に入り、中国は靴下からロボットまで、バリューチェーンの上位に食い込んできたのだ。北京は、革新的な中小企業を育成する取り組みを強化し、一部の企業が多国籍企業にとって不可欠な存在になることを期待している。

いわゆる「小さな巨人」構想は新しいものではなく、10年以上前にさかのぼる。しかし、北京がこのプログラムを本格的に推し進め始めたのは、米中貿易戦争が過熱した後の2018年である。政府は昨年、ペースを上げ、100億元(16億ドル)の助成金と補助金を提供し、新たな融資ルートも用意した。11月に発足した新しい北京証券取引所は、革新的な中小企業への資金供給を支援するためのものだ。

HSBCがまとめたデータによると、2021年時点で、中国は4,762社の小さな巨人を認定しており、その74%は製造業、さらに20%は科学研究・技術サービス業に属しています。今年はさらに3,000社を認定する予定だ。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

これらの小さな巨人は、アリババやテンセントなど、ソーシャルメディア、クラウドコンピューティング、eコマースなど幅広い事業を展開する大手ハイテク企業とは全く異なるものだ。これらの企業は、高度に専門化されている。例えば、北京に拠点を置くForwardX Roboticsは、最近シリーズCの資金調達ラウンドで3,100万ドルを調達し、倉庫や物流会社向けのロボットを製造している。彼らは、グローバルなサプライチェーンの奥深くに潜り込むことを目指している。

確かに、西側諸国は主張のために打撃を与えることを厭わない。米国が制裁したファーウェイは、かつてサプライヤーに年間110億ドルを費やした。しかし、混乱のリスクが大きすぎると、冷や水を浴びせることもある。

プーチンのロシアに至っては、そうだ。米財務省はオリガルヒのアリッシャー・ウスマノフを制裁し、彼のヨットやプライベートジェットを拘束したが、製造業にとって重要なインプットである彼のビジネスの多くは免除された。ウスマノフの会社は、鉄鋼生産の原材料である熱間練炭鉄を世界の商人の半分に供給している。ウォール・ストリート・ジャーナルは、ウスマノフに対する措置が金属価格の上昇につながることを当局が懸念している、と報じている。なにしろ、インフレ率はすでに7.9%に達し、1970年代のOPECの石油禁輸以来最高を記録しているのだ。

同じ意味で、財務省はアップルなどのアメリカ企業にとって不可欠なサプライヤーである中国企業を制裁したいと思うだろうか。制裁は敵にダメージを与えるためのもので、自分自身のためではない。調査会社Gavekal Dragonomicsによると、半導体や航空宇宙分野では遅れているものの、電気自動車用バッテリー、工作機械、ロボット分野ではすでに中国企業は有力な存在となっている。

米国の制裁は、中国の技術的な野心に明らかにダメージを与えている。ファーウェイの昨年の売上高が29%減少したことが、それを物語っている。しかし、経済的な脆弱性を補強することを北京の政策立案者に強いるものでもある。最近では、小さく考えることで、実は大きな目標に向かっている。

Shuli Ren. Good Luck Trying to Sanction China’s 4,762 Little Giants. © 2022 Bloomberg L.P.