テンセントの億万長者、中国の景気減速に不満を吐露
テンセント・ホールディング・リミテッドCEOのポニー・マー。

テンセントの億万長者、中国の景気減速に不満を吐露

テンセント・ホールディングスの億万長者、ポニー・マー共同創業者は、第1四半期に同社が伸び悩んだ後、珍しく不満をあらわにし、中国の厳しいゼロコロナ措置の経済的コストに関する意見書を公開した。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) --テンセント・ホールディングスの億万長者、ポニー・マー共同創業者は、第1四半期に同社が伸び悩んだ後、珍しく不満をあらわにし、中国の厳しいゼロコロナ措置の経済的コストに関する意見書を公開した。

普段はスポットライトを浴びることに消極的なマーが、週末に半公開のWeChatフィードにコラムを再投稿したのだ。経済学者や学者、そして一般のネットユーザーでさえも、北京の厳しい規制措置が経済に与える影響を軽視していると指摘した長い文章の中には、中国のネットユーザーがテンセントのようなオンラインサービスプロバイダーを当然視していると非難する部分や、ネットユーザーはレイオフやスタッフの残業よりも、それらの企業が倒産することを望んでいると述べる部分が含まれている。

ブルームバーグがマーのWeChatサークルの人々から本物であることを確認したWeChatの投稿のスクリーンショットによると、「これは本当に生き生きとした描写だ」とマーは書いている。彼はさらに、記事を引用した。「しかし、もちろん、料理宅配の注文が10分遅れたら、彼らは配達員を罵るだろう」。

マーは、歴史作家のZhang Mingyangが5月20日に掲載した「胡錫進を除けば、誰も経済を気にしていない」という長文の意見から、これを引用した。このコラムは、国粋主義的なタブロイド紙『環球時報』の元編集長で、影響力のある胡錫進の発言に言及したものである。胡錫進は以前、ウイルス封じ込めの経済コストは公衆衛生上のメリットを超えるべきではない、と指摘していた。

皮肉なことに、この元新聞編集者は、Zhangのコラムが中国のソーシャルメディア圏で広く共有された後にもコメントしており、胡錫進はセンセーショナルなクリックベイトと呼んでいた。

中国のトップリーダーたちは今月、習近平国家主席のゼロコロナ戦略に疑問を呈さないよう警告を発した。国営放送の中国中央テレビは、政治局の最高幹部である7人の常務委員が「わが国のコバードコントロール政策を歪曲、質問、否定するいかなる言論に対しても戦う」ことを誓った、と伝えた。

マーは記事全体について、自らそれ以上の判断を示さなかった。しかし、中国で最も価値のある企業のボスがこの投稿をシェアしたという事実は、中国のインターネット上で波紋を広げた。テンセントの代表者は、コメントを求めたが応じなかった。

テンセントは、3月に終了した3カ月間で、政府の大規模な規制と全国的なロックダウンによって、収益の伸びがほとんどなくなったことを報告した。中国のメディアと金融の中心地である上海の大部分を覆う検疫が、商業決済と広告費に打撃を与えているため、今四半期はさらに悪化する可能性があると幹部は警告している。

中国最大のハイテク企業は、低成長の新時代を覚悟している。中国政府の取り締まりが、電子商取引からゲーム、オンライン教育まで、あらゆるインターネット分野を巻き込んでから1年以上が経過したのだ。テンセントからアリババ・グループ・ホールディング・リミテッドに至るまで、企業は利益率の向上とコスト管理のために、人員削減や遅れている事業の合理化などの措置をとっている。

Tencent Billionaire Airs Frustration During China’s Slowdown.

© 2022 Bloomberg L.P.