景気刺激策で米国人は5兆ドルの現金を手に入れた

景気刺激策で米国人は5兆ドルの現金を手に入れた

パンデミック直前の2019年第4四半期、アメリカの家庭は普通口座に約1兆ドルを保有していた。連邦準備制度理事会からこれらの統計が得られる直近の期間である今年第2四半期までに、その額は4兆7000億ドルにまで跳ね上がった。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・ビジネスウィーク) -- パンデミック直前の2019年第4四半期、アメリカの家庭は普通口座に約1兆ドルを保有していた。連邦準備制度理事会からこれらの統計が得られる直近の期間である今年第2四半期までに、その額は4兆7000億ドルにまで跳ね上がった。

グラフ(インフレ調整後、さらに数千億ドルの非営利団体の保有分を含む、より遡った統計である)から明らかなように、過去70年間にこのようなことは起こっていない。

何がきっかけで現金が蓄積されたかは明らかである。連邦政府は2020年から2021年にかけて、景気刺激策と失業手当の補填という形で1兆5千億ドル近くを直接アメリカ人のポケットに入れ、他の援助プログラムも間接的にもっと注ぎ込んだ。また、景気刺激策の対象となる所得制限を超えた人たちは、株式市場や住宅市場から恩恵を受けることができた。特に大流行の初期には消費の選択肢が少なく、最近まで金利が非常に低かったため、当座預金から(あるいはマットレスの下から)お金を動かすことにあまり意味がなかったのである。

アメリカ人が保有する現金|アメリカの家庭と非営利団体が保有する通貨と当座預金(2022年)単位:ドル

しかし、なぜ今年になって現金が増え続けているのか、そしてそれが経済にどのような影響を及ぼすのかは、あまり明らかではない。現金はFRBの利上げから消費者を守ることができるが、その分、中央銀行がインフレ率を下げることが難しくなり、さらなる利上げを余儀なくされる可能性がある。12月に予定されている第3四半期の数字が、最終的に低下を示すかどうか、興味深いところだ。

貯蓄のピーク

米経済分析局(BEA)によると、米国の個人貯蓄率(可処分所得から支出を引いたものを可処分所得で割ったもの)は2020年に17%となり、第二次世界大戦後の年間最高を更新した。過去最高は1944年の27.9%。

大消費者(BIG SPENDERS)

米国の消費者は、2020年2月の14.8兆ドルから9月には年間17.6兆ドルのペースで消費し、インフレ調整後の増加額は過去の平均に一致した。

不平等な待遇

FRBのデータによると、所得分布の下位5分の1は2022年上半期に現金が73%減少したが、他のすべての所得グループは増加した。

不吉な傾向?

第3四半期の貯蓄率は3.3%に低下し、大不況が始まった2007年の第4四半期に3%を記録して以来の低水準となった。

Justin Fox. Americans Have $5 Trillion in Cash, Thanks to Federal Stimulus.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ