中国の工場受注が減少、世界経済の先行きに不吉な兆し

ブルームバーグ・ニュースの取材に応じた12人以上の輸出担当者によると、クリスマスの装飾品や衣類、テントなどのメーカーは、海外顧客からの注文が減少しており、昨年と同程度の需要が見込めるのではないかと予測している。

中国の工場受注が減少、世界経済の先行きに不吉な兆し
中国・上海の自動車部品工場の生産フロアで働く従業員。Qilai Shen/Bloomberg

(ブルームバーグ) -- 世界の消費者心理の健全性を測りたい投資家は、今まさに中国の工場に注目すべきだろう。

ブルームバーグ・ニュースの取材に応じた12人以上の輸出担当者によると、クリスマスの装飾品や衣類、テントなどのメーカーは、海外顧客からの注文が減少しており、昨年と同程度の需要が見込めるのではないかと予測している。中国の主要拠点にある工場からのスナップショットは、生活費の急激な上昇に対処するためにすでにベルトを締め付けている世界中の家庭が、より長く慎重であり、世界的な不況の可能性に関する警告に重みを与えていることを示唆している。

東部の寧波市にある繊維メーカーのマーケティング・マネージャー、ウェンディ・マーは、「消費者はインフレの高騰で使うお金がない」「需要の落ち込みは突然起こった」と述べた。ボタン、ファスナー、縫い糸などの受注は、アメリカやヨーロッパなどの主要市場の需要が減少したため、7月と8月に前年同期比で約30%減少した、という。

製造業者からの報告は、中国の輸出データに見られる回復力が衰える可能性を示唆している。とはいえ、この好況は、価格インフレと、中国メーカーがパンデミックによる操業停止からの遅れを取り戻し、進行中のサプライチェーンの歪みを考慮して前倒しした注文によって、いくらか助けられたといえる。

マッコーリーグループの中国経済部長ラリー・フーは、「一般的な方向性として、輸出の伸びは今後数カ月で鈍化し、年末にはマイナス圏に入る可能性がある」と述べている。「それでも、中国製商品の需要の減少は、崩壊ではなく、緩やかなものになるだろうという」

逆風は数カ月前から徐々に強まっている。Vita Leisureのクラーク・フォンは、国内メーカーからテントや家具を仕入れて海外に販売しているが、3月以降、輸出注文が減少し、ヨーロッパの顧客は昨年の30%から50%程度しか購入を希望していないと述べた。仕入先の工場の中には、レイオフや休暇を取らされたところもあり、この業界で10年以上働いているが、こんなことは見たことがないとのことだ。

海外の顧客は、新製品を注文する代わりに、既存の在庫を整理しようと考えている、とフォンは言う。「昨年は当社の製品が大人気でしたが、今は極端から極端に振れ、パンデミック前よりもさらに需要が落ちています。パニックに陥っているような感じです」

肥大化する在庫

ブルームバーグがまとめたデータによると、S&Pの消費者向け裁量品指数と消費者向け主食品指数に属する企業の在庫は昨年1年間で935億ドル増加し、25%増となった。これは、企業が2021年に出荷の長期遅延に対処するために大量に購入したことや、一部の企業がクリスマスの注文を前倒しで行ったことが原因である。

また、世界各地で旅行需要が高まり、世界の個人消費が商品よりもサービスにシフトしていることも背景にある。ウォルマートやターゲットなどの小売企業は、米国のインフレが高騰する中、他のカテゴリーでは価格を引き上げているにもかかわらず、アパレルや家庭用品などの商品の価格を引き下げている。

小売企業のバイヤーの多くは、事前に注文を確定しておく必要がある。つまり、現在の落ち込みは、消費者需要が数カ月にわたって低迷する可能性を示す兆候であると、一部の企業は考えている。

上海の繊維・衣料品メーカーHengda Printing & Dyeingのジェネラルマネージャー、ジョー・クォックは、スポーツウェアと小売のトップクライアントが6月以降30%も注文を減らしていると指摘した。クォックは、1~2年は需要が低い状態が続くと予測している。

中国のメーカーは、海外の不足分を自国市場で補うことは難しい。突然の閉鎖、絶え間ない検査、移動の制限など、中国のコビド・ゼロへの固執は、消費者心理を圧迫し、製造業に大打撃を与えている。

ツリーの飾りからプラスチック製のトナカイまで、クリスマス用品の世界最大の拠点である義烏市は、ビジネスがいかに不安定なものであるかを示している。

週末、義烏市は閉鎖措置を延長し、ほとんどの住民が家から出ることを禁止されたままです。同市は4月にも封鎖されていたが、今回の規制は、通常、生産と出荷の最も忙しい季節の真っ只中にあるメーカーにとって大きな後退となる。

オミクロン株の混乱|中国最大の輸出拠点は今年、より多くのコロナ発生に直面している

500から600の工場を所有する200の会員からなる義烏クリスマス製品工業会のチャイ・チンラン事務局長によると、輸出業者は過去の混乱から学び、不確実性を見越して納期を1カ月以上前倒ししているとのことだ。

しかし、完全な回復を支えるには十分ではない。チャイによると、パンデミックによって世界貿易が混乱し、主要顧客が注文をキャンセルしたため、2020年のクリスマス関連事業は半分以上削減された。昨年は売上が改善されたが、それでもパンデミック前に比べて20%から30%低く、今年もその水準で推移するかもしれない、と彼は言う。

メリッサ・シュウは、江蘇省鎮江市のLEDカーライト・メーカーで、昨年は残業していたのに、今年は少なくとも3分の1まで受注が落ち込んだという。

この輸出担当者は、「顧客はかなり慎重に行動している」という。「マクロ経済環境は暗い。戦争、インフレ、生活危機......誰も逃れられない」

-- Brendan Case, Davy Zhuの協力を得ています。

Bloomberg News. China Factory Orders Shrink in Ominous Sign for Global Outlook.

© 2022 Bloomberg L.P.

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)