中国株の5兆ドル規模の急落でインド株の相対的地位が急騰
ムンバイのボンベイ証券取引所(BSE)ビル。Dhiraj Singh/Bloomberg

中国株の5兆ドル規模の急落でインド株の相対的地位が急騰

中国株の容赦ない急落は、新興市場最大のライバルであるインドの魅力を高め、過去にほとんど見られなかった両者のパフォーマンスの乖離に拍車をかけている。

吉田拓史

(ブルームバーグ)-- 中国株の容赦ない急落は、新興市場最大のライバルであるインドの魅力を高め、過去にほとんど見られなかった乖離に拍車をかけている。

MSCI中国指数が終了したばかりの四半期に23%下落したのに対し、MSCIインド指数は、約10%上昇した。インド指標の33ポイントものアウトパフォームは、2000年3月以来の大きさである。

北京のゼロ・コロナの追求、規制当局の取り締まり、欧米との緊張により、2021年初頭から中国株は5兆ドルの暴落に見舞われている。そして、長い間「次の中国」と呼ばれてきたインドは、アジア最速の経済成長が予想される魅力的な選択肢となった。

市場のベテランであるマーク・メビウスは、今年に入ってから、中国よりもインドに高いウェイトを割り当てている。ジュピターアセットマネジメントによると、同社の新興市場ファンドの中には、インドを最大の保有銘柄としているものもあるそうです。シンガポールのM&G Investmentは、2022年にインドへの「より大きな配分」を行った。

インド株は前四半期、2000年以降で最も中国株をアウトパフォームした

インドの国内市場の拡大は、迫り来る世界的な不況を、他の多くの新興国市場よりもうまく切り抜けることができることを意味すると、マネーマネージャーは述べている。長期的には、中国の米国とのデカップリングは、インド企業が世界的に存在感を高める道を開くかもしれない。

ジュピターのグローバル新興市場株式の投資マネージャーであるニック・ペインは、「中国の強硬な締め付けがサプライチェーンに影響を与え続けているため、代替策を求める声が急速に高まっている」と指摘する。「インドがその役割を果たす重要な候補であり、チャイナ・プラスワンと呼ばれるアプローチです」

「初期段階」であること

両株式市場の間に大きな乖離が生じ始めたのは2021年2月、中国の流動性引き締めが2年にわたる株高の巻き戻しに貢献したためだ。一方、インド株は空前の個人投資ブームにより、過去最高値を更新し続けている。

MSCI中国指数に含まれる企業の時価総額はその後5兆1,000億ドル減少し、同指数は2016年7月以来の安値で金曜日を迎えた。MSCIインド・インデックス--今年初めに史上最高値を記録した--は約3,000億ドル増加した。

両指標の長期相関は11月以降マイナスとなり、記録上最も長く続いている。

インド株と中国株の相関は崩れている

投資家のポジションも異なっている。マサチューセッツ州ケンブリッジに本拠を置く調査会社EPFR Globalのリサーチ・ディレクター、キャメロン・ブラントによれば、グローバルEM(新興市場)ファンドのインドへの配分は過去最高水準にあり、中国への配分は過去数四半期の急落から緩やかに回復しつつあるという。

M&G Investmentsのファンドマネジャー、ヴィカス・パーシャドは、「インド専用ファンドと中国以外のアジア向けファンドの両方への投資資金配分が増加していることは、この変化がまだ初期段階にあることを示唆している」と述べている。「中国への投資に対する障壁のいくつかは、構造的なものであり、予想以上に長引くと思われる」

パンデミックラリーはインド株を過熱させ、中国やEM(新興市場)の同業他社を打ち負かした

確かに、数カ月にわたるアウトパフォームにより、インド株は利益ベースの評価でアジアで最も割高になっている。このため、一部の投資家はインド準備銀行の利上げを警戒しており、市場の見通しを悪化させる要因となっている。

一方、中国は、経済がコロナ規制から開放されれば、大きく上昇する可能性がある。香港に上場している中国の株式は、ある指標によれば、過去最も安い価格で取引されている。

インド株が中国株に比べてこれほど割高になったことはほとんどない。

それでも、インドの長期的な成長ストーリーに注目している投資家は、強い信念を持っている。ブルームバーグが調査したエコノミストは、来年3月期の経済成長率を約7%と予想しており、これは2022年の中国の2倍以上のペースになると見ている。

Mobius Capital Partnersの共同設立者であるマーク・メビウスは、インドの人口の多さと若さに加え、民間企業に対する環境の良さから、今後数年間は中国よりも速いペースで成長することになるだろうと述べている。

「インドのモーメント」

大手グローバル企業は、南アジアの国の工業力を利用してきた。長らくiPhoneの大半を中国で生産してきたAppleは、新型iPhone14の生産を予定より早くインドで開始し、順調に生産を拡大している。シティグループは、インドを世界展開のための最重要市場のひとつに位置づけている。

「今がまさにインドのチャンスだと考えています。多くの人が投資している」と、シティのアジア太平洋市場担当責任者であるジュリア・ライスキンは述べている。

市場の影響力が高まるにつれ、MSCI新興市場指数におけるインドのウェイトは、9月までの2年間でほぼ7%ポイント上昇した。一方、中国と香港の株式は10ポイント以上減少している。

キャッチアップ|MSCI新興市場指数におけるインドのウェイトが上昇、中国のウェイトが低下

中国市場の動向にかかわらず、abrdn Plc.のクリスティ・フォングは、グローバル投資家にとってインドが魅力的であることは長期的な傾向であることに変わりはないと述べている。

「株式市場として、インドには、アジアで最も有能な経営陣を擁する、最高品質の企業が集まっています。インドが得意とする分野は、金融サービス、消費財・サービス、ヘルスケアなどです」。

Abhishek Vishnoi, Shikhar Balwani. China’s $5 Trillion Rout Creates Historic Gap With Indian Stocks.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ