ウクライナにおけるロシアのサイバー戦争から得られる教訓
Licensed under the Unsplash+ License

ウクライナにおけるロシアのサイバー戦争から得られる教訓

エコノミスト(英国)
“The

戦場を自らのために再構築すること。ペルシャの王ダレイオス1世は、敵であるアレキサンダー大王が前進してくると思われる場所にカルトロップ(撒菱)を撒いて、紀元前331年にそれを行った。1944年、連合国はダミーの飛行機と上陸用舟艇でドイツ上層部を欺き、フランスへの侵攻はノルマンディーではなくパ=ド=カレーで行われると思い込ませている。ロシアは2月24日、戦車がウクライナに進入し、キエフに向かうと思いきや、その1時間足らず前に、コンピューターハッカーが、相手が信頼していたアメリカのヴィアサットが運営する衛星通信システムをダウンさせたのである。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン