クリエイターエコノミーで生計を立てられるか?
2018年4月2日(月)、米国ニューヨークのブルックリン区にあるEtymology Jewelryのスタジオで飾られているネックレス。

クリエイターエコノミーで生計を立てられるか?

クリエイターエコノミーでは、少数の勝者は儲かるかもしれない。しかし、ほとんどのクリエイターは複数の収入源をつなぎ合わせなければならない。

ブルームバーグ

クリエイターエコノミーが深刻な進化を遂げた。ソーシャルメディアや、作品を有料で販売するサイトの台頭により、誰もがクリエイターになることができるようになった。この分野の価値を本当に理解するのは難しいが、約200億ドルで、急速に成長していると推定する人もいる。

しかし、オンライン上のコミュニティを構築し、収益化するために必要な作業量を考えると、問う価値があると思う。クリエイターエコノミーで持続可能な生計を立てることは可能なのでしょうか?

先に進む前に、クリエイターとインフルエンサーを区別することが重要だ。もちろん、両者はYouTubeやTikTok、Instagramなどのプラットフォームにコンテンツを投稿しており、重なる部分がある。しかし、クリエイターは通常、より芸術的な興味に合致している。彼らは主に、視聴者のために商品、サービス、コンテンツを作っている。一方、インフルエンサーは、ブランドとの提携やフォロワーに特定の商品を紹介することで収入を得ることが多いため、コンテンツを通じて視聴者に影響を与えることを目的としている。

この10年間で、ビジュアルアーティスト、作家、ミュージシャン、コメディアン、工芸家などのクリエイターが、彼らの作品を支援したいと思う消費者と直接つながることがはるかに容易になった。(私は10年近く、インフルエンサーとオンラインクリエイターを兼任している。ブログから始まり、4冊の本の出版、講演、講座、ニュースレターへとつながっている)

Etsyの誕生は、手先の器用な人が突然、消費者に直接商品を販売できるようになった、初期の潮流の変化のように感じられる。地域やフリーマーケット、ギャラリーに縛られることもなく、自分で値段を決められる。価格も自分で決められる。もちろん、Etsyは手数料を取るが、スケーラブルな方法で起業家精神を発揮することができた。

今日、大企業の後ろ盾を必要とせず、自分のスキルを収益化するための選択肢は十分にある。ニュースレターは、Substack、Ghost、ConvertKitなどのプラットフォームを通じて、有料で配信することができる。ポッドキャスター、ミュージシャン、コメディアン、YouTuberなど、誰でもPatreonやBuy Me a Coffeeのアカウントを作成し、コミュニティから金銭的な支援を受けることができる。

しかし、これらのプラットフォームを通じて実際に生計を立てることは、多くのクリエイターにとって難問だ。

例えば、Substackは、無料会員から有料会員になるのは、通常5%から10%だと述べている。クリエイターは価格設定をコントロールすることができるが、通常のニュースレターで月5ドルから7ドルを請求するのが一般的のようだ。有料会員からの5ドルは、Substackの10%カットと決済手数料の2.9%と0.30ドルを差し引くと、4.05ドルになることを念頭に置いている。

表面上は、儲かりそうな気がする。500人を有料会員にすれば、手数料を差し引いても税引き前月収で2,025ドルになる。クリエイターがどれだけの作品を生み出しているかにもよるが、最小限の作業でかなりの金額を手にすることができるのだ。

しかし、個人的には、それは私の経験したことではない。私の無料ニュースレターの平均開封率は50%を超え、配信停止率も低いのだが、無料から有料への転換率は5%に届きない。まだ2ヶ月も経っていないのだが、今のところ、週に2回のニュースレター配信に多大な労力を費やし、その見返りはほとんどないのだ。また、有料会員への転換率10%という数字に疑問を感じるのは私だけではないだろう。Substackには、有料会員から毎月数千ドルをかき集めるスーパースターがいることも事実だ。

多くのクリエイターは、持続可能な生活を実現するためには、複数の収入源が必要であることを知っている。これは、クリエイターエコノミーの中で複数の収入源を持つことや、より安定した本業を持ち、他のプロジェクトを補助することを意味する。

Patreonが2022年に発表した「クリエイター国勢調査」では、13,000人のクリエイターから回答を得ている。回答者は、平均して収入の41%をPatreonで得ていると回答している。残りの59%は、指導/コーチング、ツアー、ブランドパートナーシップ、書籍販売、商品、広告収入、他のプラットフォームからの購読、デジタルダウンロード、手数料、そして「私の創造的追求に関連する仕事」の間で切り分けられたものである。私の個人的な収入源の円グラフは、これらのスライスのほとんどを含んでいる。

クリエイターは、クリエイティブなプロジェクトに膨大な労力を費やしても、お金持ちになれるどころか、全収入を得られるとは限らないことを理解する必要がある。質の高い製品を持つこと、一貫していること、アーリーアダプターであること、そして運に恵まれることが、頂点に上り詰めるのに十分な収入を得るために最も役に立つようだ。創作に費やした時間は、他の機会を生み出すかもしれない。しかし、今日のクリエイターエコノミーでは、そうでない場合にどうなるかを覚悟しておかなければならないのだ。

※本コラムは、必ずしも編集部またはブルームバーグとその所有者の意見を反映したものではない。

Erin Lowry. Can You Make a Living in the Creator Economy?: Erin Lowry.

© 2022 Bloomberg L.P.