インドの人口はすでに中国を上回っている―アナリストが分析
2014年4月4日(金)、インド・ムンバイの金融街に近いチャーチゲート駅で撮影された長時間露光写真で、朝のラッシュアワーに鉄道ホームを歩く通勤客たち。Photographer: Vivek Prakash/Bloomberg.

インドの人口はすでに中国を上回っている―アナリストが分析

インドはすでに中国を抜いて世界で最も人口の多い国となった可能性があり、ナレンドラ・モディ首相は雇用を増やし、世界有数の成長を持続させることが急務となっている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- インドはすでに中国を抜いて世界で最も人口の多い国となった可能性があり、ナレンドラ・モディ首相は雇用を増やし、世界有数の成長を持続させることが急務となっている。

国勢調査と人口統計を専門とする独立機関World Population Reviewの推計によると、南アジア諸国の人口は2022年末時点で14億1,700万人である。

これは、中国当局が1960年代以来の減少を発表した火曜日の14億1,200万人を500万人強上回る数字である。

インド、中国を抑えて世界一の人口国家に|人口の軌跡

人口の半分が30歳未満であるインドは、今後数年間で、世界で最も急速に成長する主要経済国になると予想されている。人口ボーナスを最大限に活用するため、モディ首相は農作業から脱却し、毎年労働力として参入する何百万人もの人々のために仕事を創出する必要がある。

国連は、このマイルストーンが今年後半に達成されると予想していた。WPRによると、1月18日現在、インドの人口はすでに14億2300万人に達している。

調査プラットフォームMacrotrendsによる別の推計では、インドの最新の数字は14億2,800万人とされている。同国はパンデミックによる混乱で人口調査を延期した後、10年に1度の国勢調査のデータを2021年に公表していない。

昨年、インド軍の兵士の任期を4年に制限した政府の動きは、雇用創出と退職金支払いのために行政が多くを負担していることを物語っている。2024年5月までに再選を目指すモディは、経済に占める製造業の割合を現在の14%から25%に改善するよう働きかけている。

野村ホールディングスのエコノミスト、Sonal Varmaは、インフラプロジェクトや労働集約的な製造業が、サービス業に加えて、そうした機会を生み出すことができると指摘する。「そして、そのための初期段階のブロックが、基本的に整いつつあるのがわかります」。

コロナ以前のインドの急速な経済成長と、コロナからの比較的強い回復にもかかわらず、約8億人の人々がいまだに政府からの無料の食糧配給に頼っている。

今のところ、アジア第3位の経済大国である日本は、食料を自給自足している。米、小麦、砂糖の生産量は第2位である。市場としては、中産階級が増加しているインドは、砂糖の最大消費国であり、食用油の輸入国でもある。また、金と鉄鋼の消費量は第2位、原油の購入量は第3位だ。また、インドには世界第3位の国内航空市場がある。

インドの人口増加は鈍化しているが、WPRは少なくとも2050年までは増え続けると予想している。

一方、中国は現在わずかに縮小しており、ブルームバーグのエコノミストEric Zhuは1月18日のノートで「長い間、経済成長を押しつぶす逆風」と評している。国家統計局が発表したデータによると、中国の人口は2022年に1年前と比較して85万人減少した。

国連は、2022年から2050年の間に予測される世界人口の増加の半分以上は、コンゴ、エジプト、エチオピア、インド、ナイジェリア、パキスタン、フィリピン、タンザニアのわずか8カ国に集中すると推定している。

(第8段落にエコノミストのコメントを追加して更新しました)

-- Pratik Parija, Swansy Afonso, Anurag Kotoky, Sudhi Ranjan Sen, Muneeza Naqvi, Debjit Chakraborty and Anup Royの協力を得ています。

Karthikeyan Sundaram. India’s Population Has Already Overtaken China’s, Analysts Estimate.

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ