ソフトバンク、バフェット、ナスパースの売却で伝説的な中国への賭けが解消される
コロナウイルス感染症による封鎖中の上海。Source: Qilai Shen/Bloomberg

ソフトバンク、バフェット、ナスパースの売却で伝説的な中国への賭けが解消される

テンセント、アリババ、BYDは、初期の支援者にとって、これまでで最も収益性の高い中国株投資だった。しかし、現在では、この何十年にもわたって熱烈に支持してきた投資家が、中国の民間セクターから著しく後退している。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- テンセント・ホールディングス、アリババ・グループ・ホールディング、BYDは、初期の支援者にとって、これまでで最も収益性の高い中国株投資だった。

習近平国家主席が政府の民間部門に対する支配を強め、経済が持続的な金融引き締めの下で低迷する中、中国の大企業の将来性に対する不安が高まっていることが浮き彫りになっている。

最新の動きとしては、76億ドル相当のテンセント株が香港の決済システムに登場し、通常、株式売却の前触れとなる。オランダの子会社プロサスを通じて投資を行っているナスパース・リミテッドは、このような大規模な取引を行える数少ない投資家の1つであり、自社株買い資金としてテンセントを売却すると述べているため、最も可能性の高い売り手と言えるだろう。

日本のソフトバンクグループが、中国で最も価値のある企業であった電子商取引のパイオニア、アリババを大量に手放したと発表してから1ヶ月後のことである。ソフトバンクは新興企業の失敗からプレッシャーを受けており、アリババの株式先渡契約を通じて170億ドル以上を調達している。ウォーレン・バフェットのバークシャー・ハサウェイは、電気自動車(EV)メーカーBYDの株を減らしている。

これらの動きを総合すると、何十年にもわたって熱烈に支持してきた投資家が、中国の民間セクターから著しく後退していることがわかる。ソフトバンクの創業者である孫正義は、2000年にジャック・マーのアリババに約2,000万ドルを投資し、ドットコム不況を乗り越え、2014年のアリババの株式公開まで持ち続けたことで有名だ。ナスパースは2001年にテンセントに投資し、バークシャーは2008年にBYDの株式を購入した。

シンガポールに拠点を置くDZTリサーチのアナリスト、ケ・ヤンは「テンセントとアリババといった中国のハイテク大手の成長モデルには大きな疑問符がつく」と述べた。「政府の取り締まりは大きな不確実性をもたらした」

孫の賭けは、長い間、史上最高のベンチャーキャピタル投資の1つとされ、彼の持ち株は2,000億ドル以上にまで価値が急上昇した。しかし、アリババとその関連会社のアント・グループは共産党の弾圧の主な標的となり、同社の株価は2020年のピーク時から70%以上急落した。孫は、規制の不透明さから、中国への新規投資を削減すると述べている。

ナスパースのテンセントへの支援も同様に、伝説的なスタートアップ投資とされていた。しかし6月、ナスパースの関連会社であるプロサスは、自社株買いの資金調達のためにテンセント株を売却する「無制限」プログラムを発表した。バークシャーはBYDの2億2,500万株のうち1.4%に当たる305万株を手放した。

北京の弾圧でアリババとテンセントの株価が急落

レイリアント・グローバル・アドバイザーズのチーフ・インベストメント・オフィサー、ジェイソン・シューは、習近平氏が前例のない3期目の国家主席に就任する可能性が高い共産党大会について、「党大会を前に、中国から大量のリスクが排除されている」と指摘した。「中国が積極的な成長モードに戻ることに賭ける人がいる一方で、多くの人が中央計画への構造転換と、雇用と共同繁栄を重視する国有企業主導の経済政策に賭けている」

アリババとテンセントの両社は、この2年間で著しく業績が悪化している。両社は直近の四半期で史上初の減収を記録した。また、政府の活動に資金を投入し、中国の新興企業への投資を削減せざるを得なくなった。

中国で最も価値のある企業であるテンセントは、直近の四半期に利益が50%以上減少した後、より慎重に支出を行っている。北京当局は取り締まりの間、新しいゲームタイトルの承認に手間取り、成長のための重要な機会を逸している。アリババは、中国のオンライン小売企業JD.comやシンガポールのSea Ltd.への投資の一部を含む資産を売却する一方で、Ubisoft Entertainmentなどのグローバルなゲーム企業への出資を拡大している。

アリババの純利益は、中核事業である中国でのコマース部門の収益が初めて縮小したため、最新四半期に50%減少した。アリババは、今年第1四半期に4,375人の従業員を削減したのに続き、6月までの3ヶ月間に9,241人の従業員を解雇したと、同社が提出した最新の報告書に記載されている。

アリババ、テンセント、シャオミのようなハイテク大手による解雇は、中国の雇用危機を悪化させ、若者の失業率を約20%に押し上げている。

現金の山|アリババとテンセントは中国最大の現金の山に座っている。

最近、ソフトバンクの孫は、中国市場に対する懸念が高まっていることを声高に語っている。アリババの価値が急落したのを見た後、彼はEコマース大手の株式を売却したのに加え、新規投資も取りやめた。「我々はポートフォリオの中国依存度を下げたので、中国の状況についてあまり心配する必要はないと考えている」と彼は5月の決算説明会で述べた。

アリババとテンセントは長い間、中国の新興企業に最も積極的に資金を提供し、経済全体のイノベーションを推進するのに貢献してきた。しかし、両社は投資先企業に対する支配力が強すぎるという北京の懸念から、撤退を余儀なくされている。そのため、両社の現金保有額は膨れ上がり、テンセントは400億ドル以上、アリババは1000億ドル以上をバランスシート上に保有している。

-- Lianting TuとTom Hancockの協力によるものです。

Zheping Huang, Charlotte Yang. Legendary China Bets Unwind as Buffett, SoftBank, Naspers Sell.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ