フィンテック減速への投資家の対処法
ロンドン市内にあるオフィス. Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

フィンテック減速への投資家の対処法

レイトステージの資金調達が激減し、ユニコーンが2020年以来の低水準に落ち込む一方で、アーリーステージの投資は増加傾向にある。投資家の中には、この1年はフィンテックの成熟期として極めて重要な時期であったと考える人もいる。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- ロンドンのフィンテック・シーンにとって過酷な1年が過ぎた後、今月初めに開催されたテック・パーティーは、まだ祝うべき理由があることを示唆した。

カクテルとエビのパン粉焼きを囲み、評価額の低迷や人員削減、資金調達の頭痛の種を乗り越えた投資家や起業家が、レスター・スクエアの屋上にあるバーから街のスカイラインを眺めたのである。

このイベントやそれに類するものは、適切な価格で、友好的に握手し、投資先を探そうという意欲を反映している。

トロントにある投資会社Portage VenturesのパートナーであるStephanie Chooは、ビデオ通話で次のように語っている。「また、投資家は通常、取引をしたがるものです」。

静かな夏が過ぎ、役員会では新年を前に予算編成について話し合われた。「明らかにまだ成長する必要があるが、慎重になる必要があるというバランスを見極めようとしている」とChooは言う。彼女のような投資家は、フィンテックがベンチャーキャピタルにとって最もホットなセクターの一つであった1年前よりも取引に時間がかかっているとはいえ、現在の新興企業群がもたらす「世代を超えた機会」を逃したくないと思っている。

CB Insightsによると、金融テクノロジー企業(しばしばフィンテックと略される)への世界的な資金調達は、昨年いくつかの記録を更新し、フィンテック新興企業はベンチャーキャピタルから5ドルのうち1ドルを獲得した。

世界のフィンテック資金調達|投資額は2022年に減少

しかし今年は、ヨーロッパの投資家であるFinch Capitalによると、投資を2018〜2019年の水準に戻す冷却と統合の兆しが見られたという。地域で誕生したフィンテック・スタートアップの数は前年比80%減となり、2018年に設定されたピークからさらに落ち込んだ。新規株式公開(IPO)は70%減少し、株式市場デビューの干ばつを一部反映しているとフィンチは述べている。

ソフトバンクグループやタイガー・グローバル・マネジメントなどのベンチャーキャピタルの巨頭は、投資先企業が猛烈な成長から収益性へと軸足を移そうとする中、評価額の低迷に痛手を負っている。それでも、フィンチによれば、2021年の「印象的な成長、おそらく過熱気味」の後の取引に対する意欲はある。フィンテック分野の投資家の未投入資本は過去最高の280億ドルだ。

ノイズの減少

Eight Roads VenturesのパートナーであるMichael Treskowは、「シフトでノイズが変わった」と語る。「昨年は、お祭りに参加するような感覚で投資をしていました。今年は、より小さな会場で、よりノイズが少なくなっています」

昨年は、低金利による資金調達の安さと、消費者行動を変えるパンデミックによって盛り上がったフィンテックの急成長時代の終焉を意味するようだ。資金を調達する新興企業にとっては、実質的なクリスマス商戦であった。しかし、これが新しい常識となると、大変なことになる。

Blossom CapitalのOphelia Brownは、「2021年は持続可能ではない、というのが我々の見解でした」と語る。テクノロジーに特化した投資家Omers VenturesのHarry Briggsは、今年は「正気への回帰」を意味し、より現実的な期待を持つ新興企業にとってより健全な資金調達環境になる可能性があると述べた。

EUのフィンテック案件が減少|年別の最初のVC融資案件数

「このような状況下において、私は、スタートアップが成長するために必要なものは何か? そして、スタートアップは希少性の中で成長すると思います」とBriggsは言う。Briggsは、フィンテックの評価額はまだまだ下がると考えている。

成長より利益

今年は、最大かつ最も強気なフィンテック起業家たちでさえ、そのトーンが変化していた。彼らはもはや株式公開について語ることはなく、一方では支出削減を余儀なくされた企業もあった。今すぐ買って後で払うプラットフォームを提供するKlarnaは、5月に従業員の10%を解雇すると発表し、7月には新たに8億ドルを調達したが、その結果、評価額は1年前の456億ドルから67億ドルに急減。決済会社のCheckout.comは最近、社内の評価額を110億ドルに引き下げた。

小規模な新興企業は、数十億ドル規模のダウンラウンドの影響をそれほど受けないかもしれないが、市場トップの劇的な動きは、成長計画に対する警戒感を強めている。

Klarnaに投資したベンチャーキャピタルNorthzoneのパートナーであるJeppe Zinkは、「創業者や経営陣にとって、特に成長段階では、現金と収益性への道筋が引き続き王道となるだろう」と述べている。

ベンチャーキャピタルLocalGlobeのRemus Brettによると、このシフトにより、収益化するための作業が「シード時に焼き付けられる」ようになったという。ブレットはまた、経済の不確実性を考慮し、再募集までの2年間ではなく、3年間のランウェイを前提とした計画を構築するよう創業者に勧めていると語った。

小さくても力持ち

とはいえ、暗い話ばかりではない。サンフランシスコに本社を置くBroadhaven Venturesのパートナー、Michael Sidgmoreは、3週間のヨーロッパ出張を終えたばかりで、案件を吟味している。彼は、ロンドンのウエストエンドにある洒落たパブでワールドカップのモロッコ対スペイン戦を観戦し、今年の新興企業と既存企業の運命の分かれ目について語り、この訪問を締めくくりました。

レイトステージの資金調達が激減し、ユニコーンが2020年以来の低水準に落ち込む一方で、アーリーステージの投資は増加傾向にあるとSidgmoreは言う。彼は、ヨーロッパのフィンテック・エコシステムに依然として期待を寄せており、「大きな問題を解決している質の高い企業がたくさんある」と述べている。

次はどうなるか?

一部の企業は、他の明るい兆しを熱心に指摘している。12月に開催されたアクセルのフィンテックサミットで、パートナーのLuca Boccioは、フィンテックは大きな打撃を受けているものの、このセクターはテクノロジーエコシステムの中でますます優位性を増していると主張した。同社によると、過去10年間に北米、ヨーロッパ、イスラエルで2,000億ドル以上がフィンテックに流れ込んでおり、今後もさらに増えるという。

投資家の中には、この1年はフィンテックの成熟期として極めて重要な時期であったと考える人もいる。フィンテックのインフラ層などニッチな領域への資金流入が増え、Index VenturesのパートナーであるJulia Andreの仕事は確実に増えている。

最近、エストニアで創業者たちと一緒に過ごしているAndreは、「今は買い手市場だ」と述べている。彼女は、厳しい時代だからこそ、企業は大切なものに目を向けなければならないと考えている。「歴史的に見ても、このような時代だからこそ、素晴らしい企業が生まれるのです」

Aisha S Gani. ‘There’s Less Noise’: How Investors Are Dealing With The Fintech Slowdown.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ