ソフトバンクGはアームをロンドン株式市場に戻すべき:クリス・ヒューズ
2022年2月8日(火)、仮想決算発表会で話すソフトバンクグループ株式会社の孫正義会長兼最高経営責任者(CEO)

ソフトバンクGはアームをロンドン株式市場に戻すべき:クリス・ヒューズ

ソフトバンクグループは英国のチップ設計会社をニューヨークで上場させるかどうか、すぐに決断しなければならない。自国の市場にとどまるべきだ。英国上場で十分なバリュエーションを確保できる。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) アームの株式市場への復帰をめぐる争いで、ロンドンはニューヨークの劣勢に立たされている。そうであってはならない。

英国最大の国産テクノロジー企業は、2016年にソフトバンク・グループに買収される前、ロンドンに上場していた。アームが米国の上場企業としてより成功すると考える説得力のある理由はない。

ソフトバンクGは、世界中の規制当局の反対により、米国のチップメーカーであるエヌビディアによる400億ドルでの買収が頓挫した後、新規株式公開(IPO)を通じてアームの株式を売却することを計画している。最近の市場の混乱にもかかわらず、ソフトバンクGの創業者で最高経営責任者の孫正義氏は今週、できるだけ早くアームを上場させたいと述べた。ブルームバーグ・ニュースは3月に、ソフトバンクが最低600億ドルの企業価値を求めていると報じた。この規模の取引には準備が必要なため、たとえ来年初めに上場するとしても、上場先をすぐに決定することが理想的だ。

孫氏は、2月にIPOがプランAをたどった場合は、米国での取引を希望していることを示唆した。しかし、まだ正式決定には至っておらず、ボリス・ジョンソン首相によるロビー活動も報じられており、最終的な決定はまだ微妙なところである。

英国にとって、利害関係はこれ以上ないほど大きい。アームは、地球上のほぼすべてのスマートフォンを動かすチップの主要部分を設計しており、もし米国で上場すれば、本社もそれに追随する可能性がある。S&P500の構成銘柄になるためには、米国企業になる必要があるのだ。ケンブリッジにあるアームの拠点は縮小され、テクノロジー・クラスターとしてのこの地域にとって心配の種となる。税収も減る。シティ・オブ・ロンドンは、成長企業を誘致するという野心に水を差すことになる。英国にとって、大きな打撃となる。

しかし、孫にとって当面の問題は、上場の場がアームの株価に影響を与え、ソフトバンクGが保有株をさらに売却する有利な機会が生まれるかどうかである。

ニューヨークを支持する論拠は単純だ。米国の資本市場は巨大である。また、英国よりもバリュエーションが高い。他の市場がIPOに閉ざされても、米国は開かれたままかもしれない。他の市場では敬遠されるような、より投機的なベンチャーキャピタル的ビジネスが歓迎される。「ドル建て米国上場株」は、M&Aに適した通貨である。

プレミアム考察|米国株はロンドン上場株より全体的に高いバリュエーションで取引されている。
プレミアム考察|米国株はロンドン上場株より全体的に高いバリュエーションで取引されている。

これらは正真正銘のメリットである。しかし、との関連性には疑問がある。同社は新興企業ではない。グローバルな産業における極めて重要なプレーヤーなのだ。アームはどこに上場しても、世界中の投資家を惹きつけるだろう。他のディールを殺すような不安定な市場でも、IPOを成し遂げることができるかもしれない。また、同社の株式は買収通貨として有効である。

さらに、S&P 500のFTSE-100に対するプレミアムは、バリュエーションの高い成長株の比率が高いことが主な要因です。セクター間の類似比較は、お世辞にも良いとは言えない。個々の銘柄に目を向けると、米国企業の方が高いバリュエーションを享受していることが多く、それは英国にとっては恥ずかしいことだが、単に企業の質が高いだけだ。英国の銀行は欧州連合(EU)離脱後の経済を取り巻く懸念に未だ悩まされており、BPとシェルは米国の同業他社よりもレバレッジが高く、ユニリーバとレキットベンキーザーグループは自業自得の問題を抱えている。

新しいものと古いもの|S&P500の上位10銘柄はFTSE100のものより評価が高い
新しいものと古いもの|S&P500の上位10銘柄はFTSE100のものより評価が高い

アームの評価額は、上場地に関係なく同じ水準に落ち着く可能性が高い。ローカルサポートが重要である限り、ロンドンのポンド建て投資家の国内需要は、彼らが自国市場で半導体セクターへの実質的なエクスポージャーを得るための他の方法を持っていないことを考えると、強いでしょう。最近の上場規則の変更により、アームはほとんど即座にFTSE100に入ることになり、パッシブファンドはIPOに買いを入れざるを得なくなった。これらの技術的な要因は確かに助けになるが、ロンドンに上場することでアームが実質的な評価の上昇を享受できるという考えは、拡大解釈である。

英国は大丈夫|ロンドンに上場していたとき、アームは米国のチップ企業に対して大きなプレミアムで取引されていた。

したがって、IPOの目的地は接近戦となる。ほとんどの銀行家は、おそらくニューヨークを好むだろう。ニューヨークは、安全な選択肢という感じがする。米国は、アームの収益の多くを占めるという事実もある(ただし、顧客に近いということは、チップ設計においては、他の分野よりも重要度が低いことは間違いない)。

しかし、ロンドンが有利だ。前回のロンドンでの上場は、ニューヨークでの米国預託証券を伴うものであり、そのおかげで今の会社がある。それが証明された。かつてアームを所有していた英国の投資家は、アームのビジネスの動きについて再教育を受ける必要はないだろう。アームのDNAは英国にあり、従業員の約半数が英国にいるため、従業員は株式ベースの報酬を主要上場企業の英国株式で受け取ることを好むかもしれない。また、ロンドンのハイテク企業という希少価値もあるはずだ。

これらのことを考えると、問題は、なぜロンドンなのかではなく、なぜロンドンにしないのか、ということになるはずだ。

--Tim Culpanの協力を得ています。

Chris Hughes. SoftBank's Arm Is Best Off Returning to London: Chris Hughes. © 2022 Bloomberg L.P.