中国政府、アリババとテンセントの黄金株を取得へ
2021年1月20日(水)、中国・杭州にあるアント・グループの本社の構内を歩く従業員。Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国政府、アリババとテンセントの黄金株を取得へ

中国政府機関がアリババ・グループ・ホールディング・リミテッドとテンセント・ホールディング・リミテッドのいわゆる「黄金株」を取得しようとしている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ)-- 中国政府機関がアリババ・グループ・ホールディング・リミテッドとテンセント・ホールディング・リミテッドのいわゆる「黄金株」を取得しようとしている。北京が世界最大のインターネット市場の主要プレーヤーに対する支配力を強化する動きを見せていることが示唆された。

この議論は、北京がこの分野への支配力を緩め、1年以上にわたってほとんどのインターネット分野を包んできた痛烈な取り締まりを乗り越えようと準備しているときに浮上しているものだ。この制度は、理論的には政府が取締役を指名したり、会社の重要な決定を左右したりすることを可能にし、当局に長期にわたって業界に影響を与える手段を与える可能性がある。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン