中国人のコロナに対する考え方が変わりつつある
飲食店に並ぶ人々。広東省深セン。Photo by Joshua Fernandez.

中国人のコロナに対する考え方が変わりつつある

エコノミスト(英国)
“The

役人がしばしば難解な表現をする中国において、ニュースを逆から読むことは長い間有効なスキルだった。最近では、ニュースを逆から読むことが生存に関わる問題であるかのように思える人もいる。例えば、首都北京の住民たちは、コロナウイルス感染症によるロックダウンとそれに伴うあらゆる苦難に備え、身構えている。4月11日、北京市当局が「食料は十分すぎるほどある」と発表したとき、人々はその逆を予想した。「わかった。早く買い物に行くぞ」とネットに書き込む皮肉屋がいた。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン