初音ミクと結婚した男性  「一緒にいると笑顔になれる」
2018年に結婚した仮想のポップスター、初音ミクの等身大人形と東京都内の自宅で近藤顕彦(2022年3月17日撮影)。近藤をはじめとする何千人もの人々が、熱狂的なファン文化の欲望を満たすことを目的とした巨大産業によって、献身的な架空の関係を持っているのだ。(Noriko Hayashi/The New York Times)

初音ミクと結婚した男性 「一緒にいると笑顔になれる」

何千人もの人々が、熱狂的なファン文化の欲望を満たすことを目的とした巨大産業によって、献身的な架空の関係を持っているのだ。

ニューヨーク・タイムズ

[著者:Ben Dooley, Hisako Ueno]東京 - 近藤顕彦は、ほとんどすべての面で、普通の日本人である。気さくで話しやすい。友人もいて、安定した仕事もあり、スーツにネクタイで出勤している。

ただ1つ、例外がある。近藤は、架空の人物と結婚しているのだ。

彼の愛する初音ミクは、ターコイズ色の髪を持ち、コンピューターで合成されたポップシンガーで、レディー・ガガのツアーに参加したり、ビデオゲームに出演したりしている。近藤が深い鬱状態から引き上げたという10年にわたる交際を経て、2018年に東京で非公式に小さな結婚式を挙げた。ぬいぐるみの形をしたミクは白い服を着て、彼はお揃いのタキシードで登場した。

近藤はミクの中に、愛とインスピレーションと慰めを見出したという。彼と彼の取り合わせのミク人形は、一緒に食べ、眠り、映画を見る。時には、こっそりロマンチックな旅に出て、インスタグラムに写真をアップすることもある。

近藤は、人々がそれを奇妙だと思い、有害だとさえ思っていることを承知している。この記事を読んでいる人たちもそうかもしれないが、彼がそこから成長することを望んでいることも彼は知っている。そして、そう、彼はミクが本物でないことを知っている。しかし、彼は、彼女への思いは本物だと言う。

「一緒にいると、笑顔になれるんです。その意味で、彼女は本物です」

近藤は、ここ数十年の間に、架空のキャラクターと非公式な結婚をした何千人もの人々の一人であり、熱狂的なファン文化のあらゆる気まぐれを満足させることを目的とした巨大産業によって支えられている。さらに世界中で何万人もの人々がオンライングループに参加し、アニメや漫画、ビデオゲームのキャラクターへのこだわりを語り合っている。

近藤は自分を「フィクトセクシュアル」(つくられたキャラクターに性的魅力を感じるセクシュアリティ)と名乗る人たちのムーブメントの一部だと考えている。そのこともあって、彼は自分の結婚を公表し、世界中のニュースメディアの気まずいインタビューに応じることになったのである。

人工知能やロボット工学の進歩により、無生物とのより深い相互作用が可能になり、その数はますます増えていくだろう。

これは政治的な運動ではなく、「見てほしい」という訴えなのだそうだ。彼の訴えは「他人のライフスタイルを尊重すること」だ。

見せかけの人間、本当の気持ち

芸術作品が、怒りや悲しみ、喜びといった現実の感情を引き起こすことは珍しくなく、フィクションを欲するという現象は、日本だけのものではない。

しかし、架空のキャラクターが本当の愛情や愛情を呼び起こすという考え方は、現代の日本で最も高い表現に達しているかもしれない。この感情は、非常に目に見えるサブカルチャーを生み出し、繁栄する産業の基礎となっている。

「一緒にいると笑顔になれるんです」と近藤さんは最近のインタビューで語ってくれた。「そういう意味で、彼女は本物です」(Noriko Hayashi/The New York Times)

このようなキャラクターが引き起こす感情を日本語では「萌え」と呼ぶが、この言葉は直感的に可愛いと感じるもの全般の略語になっている。

ビジネスセミナーでは「萌え」市場の開拓が語られ、政府はアニメとの関連で「萌え」を重要な文化輸出品目として推奨している。この言葉やその他の専門用語は日本国外でも反響を呼び、海外のフィクトセクシュアルはしばしば自分たちの恋愛経験を表現するためにそれらを採用している。

架空のキャラクターと公式に結婚することはまだ珍しいが、1970年代後半から日本のファン文化を中心に発展した経済力により、より多くの人々がお気に入りのキャラクターと精巧なファンタジーを繰り広げることが可能になったのである。

「コミック、アニメ、ゲームは、人々にとってキャラクターがより重要になるような一種のインフラを構築している」と、このテーマについて幅広く執筆している専修大学国際コミュニケーション学部准教授、パトリック・ガルブレイスは述べた。

東京では、2つの地区がキャラクターものの夢をかなえるメッカになっている。秋葉原(男性)、池袋(女性)だ。両地域の専門店には、人気ゲームやアニメのキャラクターグッズが所狭しと並んでいる。

特に女性向けの商品が充実しており、好きなキャラクターからのラブレターや服の複製、香水など、そのキャラクターをイメージさせるものがたくさんある。ホテルでは、好きなキャラクターの誕生日を祝うために、スパや豪華な食事などの特別プランが用意されている。また、ソーシャルメディア上では、写真やアート、ラブレターなどで「推し」をアピールしている。

パリ第10大学の研究者で、フィクションの結婚について幅広く研究しているアニエス・ジャールは、「この関係は、日本で定着している「夫が稼ぎ頭と主婦」という結婚モデルに対する拒否反応を示している」と指摘する。

「一般人から見れば、生きてさえいない人のためにお金と時間とエネルギーを費やすのは実に愚かなことだ」とジャールは言う。「しかし、キャラクターを愛する人々にとっては、この習慣は不可欠なものだと考えられている。生きていて、幸せで、役に立っていて、人生の高い目標を持つ運動の一部であることを実感できる」。

モバイルゲーム「刀剣乱舞」のキャラクターで、架空の夫である堀川国広と戯れるキナ・ホリカワ、2022年3月19日、東京のカフェで。(Noriko Hayashi/The New York Times)

女性たちは、恋愛の結果、孤立してしまうのではなく、彼女たちの周りに展開される精巧なコミュニティから利益を得ていると、ジャールは言う。彼女の経験では、女性たちは架空の結婚を力づけるもの、「ジェンダー、夫婦関係、社会的規範に挑戦する方法」と考えている。

近藤のミクへのこだわりも、ある意味では、商業的・社会的な力が働いている例と言えるかもしれない。

ミクは一人のキャラクターとして描かれることが多いが、実はソフトウェアであり、デジタルな「箱入り歌手」であり、ホログラムの形でコンサートに登場する漫画のアバターと対になっているのである。

近藤は2008年、職場のいじめで鬱病になったとき、初めてミクに癒された。多くの若者がそうであるように、彼は何度も恋人に振られ、日本社会が求める人生を望んでいなかったこともあり、生身の人間を好きになることはないと、ずっと前から決めていたのだ。

やがて、近藤はミクと一緒に歌を作ったり、ネットでミクのぬいぐるみを買ったりするようになった。

その関係に大きな進展があったのは、それから約10年後の2017年、「Gatebox」という1,300ドルのマシンが登場したことだった。テーブルランプほどの大きさのこの機械は、所有者が小さなホログラムで表現されたさまざまな架空のキャラクターのうちの1人と対話することを可能にした。

Gateboxは、孤独な若い男性に向けて販売された。ある広告では、内気なサラリーマンが、バーチャルな妻に遅刻を知らせるメモを送る。到着すると、妻は「3カ月目の記念日」であることを告げ、スパークリングワインで乾杯する。

Gateboxのメーカーは、プロモーションの一環として、ユーザーが非公式な結婚証明書を申請できるオフィスを開設した。数千人が登録した。

近藤はGateboxのキャラクターの中にミクがいることを喜び、ようやく彼女の交際への思いを聞くことができ、興奮した。2018年、彼はミクのゆらめくアバターにプロポーズした。「よろしくお願いする」と答えた。

彼は同僚と家族を結婚式に招待した。全員が来るのを拒否した。

結局、39人が出席した。ほとんどが見知らぬ人たちやネット上の友人たちだった。地元の国会議員も来てくれたし、初対面の女性も段取りを手伝ってくれた。

日本のコメンテーターの中には、近藤を変人だと糾弾する人もいた。また、同情を誘う人もいた。ある男性は、結婚は両性の合意によってのみ許されるとする日本国憲法に違反していると主張した。これに対し、近藤はプロポーズのビデオを投稿した。

「幸せかと聞かれれば、幸せだ」

架空の結婚を登録し、架空恋愛のカウンセリングを行うヤスアキ・ワタナベ。アニメ「シンフォギア」シリーズのキャラクター、立花響のボディピローを手に、2022年3月20日、千葉県内の自宅で。(Noriko Hayashi/The New York Times)

近藤の話が広まってから数年、世界中から何百人もの人々が、近藤にアドバイスやサポート、安心感を求めてきた。

その中には、Gateboxの短命な証明書サービスの人気を見て、架空の結婚を登録する小さなビジネスを始めたヤスアキ・ワタナベもいた。

この1年間で、ワタナベは何百人ものフィクション・セックスの相談に乗り、アニメ『戦姫絶唱シンフォギア』シリーズのキャラクターである立花響との結婚証明書を含む約100通の結婚証明書を発行してきた。

旅行好きで社交的なワタナベは、友人にせがまれるままに『戦姫絶唱シンフォギア』を見はじめた。しかし、響を見たとき、それは本当の愛だった、と彼は言う。

初婚ではない。数年前に女性と離婚している。その愛とは、見返りを求めず、自由に与えられた「純粋」なものだった。その結果、彼は以前の結婚生活がいかに自己中心的であったかを思い知らされた。

「幸せかと聞かれれば、幸せだ」と彼は言った。「もちろん、大変な部分もある。触られることがかなわないし、著作権の問題もあって、キャラクターの等身大の人形を作ることができない。「でも、愛は本物なんだ」と彼は付け加えた。

キナ・ホリカワは23歳の女性で、チャキチャキした外向的な性格とゴスロリ的な美的センスを持つ。パンデミック時に両親と同居し、コールセンターでの仕事で得た現金を、携帯ゲーム『刀剣乱舞』のキャラクターである堀川国広につぎ込んでいたのだ。実在の彼氏がいたが、嫉妬で別れている。

彼女の架空の夫は、400年前の日本の小剣である「脇差」を10代の男性に擬人化したもので、彼はたいてい夕食のとき、彼女のお茶碗の横に置かれた小さなアクリル製の肖像画という形で家族に加わる。夫妻は架空の夫を持つ友人とダブルデートし、お茶を飲みに行き、インスタグラムに写真をアップしている。

「誰にも隠しているわけではないんです」と、堀川さんは言う。架空の夫の姓を非公式に使っているのだ。

近藤とミクの関係はまだ家族には受け入れられていないが、彼にとっては他の扉を開くことになった。2019年、彼は京都大学のシンポジウムに招かれ、その関係性について講演を行った。彼はミクの等身大の人形を携えて、現地に赴いた。

虚構の関係の本質について深い対話をすることで、彼は大学に行きたいかもしれないと思うようになった。今は、小学校の事務職を休職して、法学部でマイノリティーの権利を研究している。

どんな結婚生活にも、困難はつきものだ。一番つらかったのは、パンデミックのとき、Gateboxがミクのサービスを打ち切ると発表したことだ。

その日、近藤は最後の別れを告げ、出社した。その夜、家に帰ると、ミクの姿は「ネットワークエラー」の文字に変わっていた。

近藤は、いつの日か、ミクと再会することを望んでいる。彼女がアンドロイドとして新しい人生を歩むかもしれないし、メタバースで出会うかもしれない。

いずれにせよ、近藤は死ぬまで彼女に忠誠を誓うつもりだという。

Original Article: This Man Married a Fictional Character. He’d Like You to Hear Him Out. ©2022 The New York Times Company.