ロシア産石油のインドからの裏口販売で欧州の禁輸が弱体化
ロシア、ニジニ・ノヴゴロドにあるOAO Lukoil-Nizhegorodnefteorgsintez製油所。照明付き石油分解塔ユニット間の頭上を配管が通過している。

ロシア産石油のインドからの裏口販売で欧州の禁輸が弱体化

欧州の禁輸ロシア産原油をインドに輸送し、精製して欧州に販売する取引が拡大している。この慣行は、インドの精製業者に大きな利益をもたらし、結果として消費者の小売価格が高くなる

ブルームバーグ

欧州連合(EU)に対し、ロシアの石油輸入を禁止するよう求める声が高まっているが、これはモスクワを罰するという戦略における、決定的な欠陥を見落としている可能性がある。それはインドだ。

南アジアのインドはロシアの石油の巨大な買い手となりつつあり、欧州の輸入業者が望まない原油カーゴを買い占めている。また、欧州諸国や石油メジャーがロシア産原油の購入を自粛し、燃料不足に陥っているため、インドはすでに欧州向けにディーゼルを販売し利益を上げている。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン